ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「警告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「警告」に関する情報が集まったページです。

GPSを付けた被告が空港に近付くと警告するシステム、法務省が導入検討へ
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡を受け、法務省は保釈中の被告にGPS発信器を装着させ、空港などに接近した場合に警告するシステムの導入を検討している。(2020/1/17)

CES 2020:
前回と同じ服装だと、外出前に鏡が警告 「レパートリーが少ない」と思われる事態を防止
パナソニック子会社の家電メーカーShiftallが、人前へ出る時に前回と同じ服装かを判別する鏡を開発した。「CES 2020」でプロトタイプを展示する。(2020/1/8)

米政府のWebサイトが改ざん被害 トランプ大統領の加工画像などが掲載される
米国土安全保障省は、イランのサイバー攻撃によって重要インフラの混乱などが予想されると警告し、対策を促している。(2020/1/7)

Instagram、写真や動画のキャプションをAIで判定 問題あれば投稿前に警告
ネットいじめ対策の一環として実装。(2019/12/18)

InstagramでもFacebook同様の虚偽警告ラベル表示を開始
Facebookが10月から実施している虚偽コンテンツの警告ラベルを、傘下のInstagramでも開始すると発表した。虚偽かどうかの判断は、Facebookと協力している第三者のファクトチェッカーが行う。(2019/12/17)

Instagramに新いじめ対策 コメントに続きキャプションにもAIが警告
プラットフォームでのいじめ対策に注力するInstagramで、投稿に添えるキャプションに問題があるとAIが判断すると警告カードを表示するようになる。7月に問題コメントに警告する機能を追加したところ、効果があった。(2019/12/17)

なりすましSMS対策に「認証バッジ」 Google、Android向け新機能を発表
9カ国を対象に、メッセージを送信しているのが正規の企業かどうかを受信した相手が確認できる機能や、迷惑メッセージに警告を出す機能を提供開始する。(2019/12/13)

AppleやFacebookが法執行機関向けバックドアを作らないなら暗号化を法律で規制する――米上院議員
AppleとFacebookのセキュリティ責任者を召喚した公聴会で米上院議員が、エンドツーエンドで暗号化したサービスに法執行機関向けバックドアを設けないのであれば、法律で規制すると警告した。(2019/12/11)

パスワード流出を警告、フィッシングサイトを自動ブロック――「Chrome 79」公開
拡張機能「Password Checkup」をデフォルトで提供。従来の「セーフブラウジング」機能では防ぎきれなかった被害にも対応するため、フィッシングサイトのブロック機能を強化した。(2019/12/11)

「ながら運転」検出AIカメラ、オーストラリア州政府が導入
オーストラリアのニューサウスウェールズ州政府が、AIカメラによる「ながら運転」検出を12月1日から開始した。州内の道路に設置したカメラでながら運転ドライバーを検出する。それを人間の担当者が確認した後警告し、猶予期間後の再犯で罰金と減点を科す。(2019/12/2)

警告件数は1万2000回以上――Googleが国家が関与する攻撃に対して注意喚起
国家が関与する集団が世界各国で、アカウント乗っ取りやAndroidマルウェアの利用、YouTubeなどを使った偽情報拡散といった攻撃を展開している現状を紹介した。(2019/11/28)

Twitter、休眠アカウント削除へ 対象アカウントに12月11日までにログインするよう警告
Twitterが、休眠アカウント保有者に「12月11日までにログインしないとアカウントを削除する」という警告メールを配信している。ログインしなかったユーザーのアカウントは数カ月かけて削除していく計画だ。(2019/11/27)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

Twitterがディープフェイク対策に、ユーザーに新方針に関するアンケート実施
ディープフェイク対策として新しく検討している方針「『合成または操作された媒体」に警告を表示する」について、Twitterがユーザーの意見を募っている。アンケートは日本語版もあり、回答期限はグリニッジ標準時の11月27日まで。(2019/11/12)

Twitter、ディープフェイク投稿対策でアンケートを実施中
Twitterが、手が加えられたり捏造されたりした写真や動画、いわゆるディープフェイクを含む投稿にどう対処すべきかをユーザーに問うアンケートを開始した。警告ラベルを貼るべきか、削除すべきかなどの項目がある。(2019/11/12)

スマスピやiPhoneのマイクをレーザー光線で操作する攻撃、電通大教授らが警告
スマートスピーカーやスマートフォンなどのデバイスのMEMSマイクにレーザー光線を当てることで、AIアシスタントを操作する攻撃「Light Commands」を研究者らが発表。最大110メートル離れた位置からスマスピにレーザーを当てることで、遠隔操作に成功した。MEMSマイクはスマスピだけでなく、iPhoneなどのスマートフォンにも搭載されている。(2019/11/5)

名刺管理のSansan、“反社チェック機能”開発へ リスクある企業を検出・警告
クラウド型名刺管理サービスを運営するSansanが、反社会的勢力のチェック機能を開発すると発表。名刺を読み取った際に、名刺情報にリスクのある企業名が含まれていると、アラートを発して取引を未然に防ぐ。2020年3月の実装を予定する。(2019/10/30)

シャープ、警察にアドバイス受けた防犯機能付き電話機開発 「着信前に警告」「ワンボタンで通話拒否」
11月14日発売。(2019/10/25)

Safariの詐欺サイト警告機能、Googleに加えてTencentに情報送信で物議
Appleによると、同社は2019年2月から中国本土のユーザー向けの詐欺サイト警告機能でTencent Safe Browsingを利用しているという。(2019/10/15)

米映画館チェーン、子どもを映画「ジョーカー」から遠ざけるよう保護者に警告
銃乱射事件の不安から、マスクやおもちゃの銃も禁止に。(2019/10/4)

Google Chrome、「混合コンテンツ」一掃へ 段階的にブロック
安全なHTTPS接続で表示されているサイトの中で、動画などのサブリソースコンテンツがHTTP接続で読み込まれる「混合コンテンツ」に警告を表示、段階的にブロックする。(2019/10/4)

Google Chrome、今後の新バージョンでTLS 1.0または1.1を使い続けるサイトに警告表示
2020年1月にリリースされる「Chrome 79」からは、TLS 1.0または1.1を使っているWebサイトについてはアドレスバーに「Not Secure」(安全でない)という文字を表示する。(2019/10/2)

「SNS企業、計り知れない力」トランプ大統領、国連で異例の警告
 【ニューヨーク=塩原永久】トランプ米大統領は24日の国連総会での一般討論演説で、米交流サイト(SNS)大手フェイスブックなどを念頭に「少数のSNS企業が、人々が何を知り、何を発言できるかについて計り知れない力を握っている」と述べ、情報のプラットホーム(基盤)となった巨大IT企業への警戒感を示した。演説を受け、同日の米株式市場でフェイスブックなどの株価が大きく下落した。(2019/9/26)

iOS 13.1、iPhoneの非正規ディスプレイ交換でも警告表示
ディスプレイ破損などで非正規のものに交換した場合、最新OSで警告が出る場合がある。(2019/9/25)

iOS 13.1にすると、非正規バッテリーに警告表示 査定にも響く?
iPhone XS/XR世代以降、非正規バッテリーに交換していると、iOS 3.1でアラートが出るようになった。(2019/9/25)

プレミアムコンテンツ:
人命を奪いかねない「医療現場のセキュリティリスク」 優先すべき対策は
医療現場でモバイルデバイスの活用が広がれば、攻撃者が狙う対象も増える。専門家は「データ侵害は医療の質の低下につながる。医療機器が攻撃を受けたら誰かの命が失われかねない」と警告する。(2019/9/20)

特殊詐欺・アポ電対策に 警告メッセージを流して電話を自動録音する小型の通話録音機「まも録」が発売
アポ電(犯行予兆電話)に有効とされる「この電話は録音しています」のメッセージを流します。(2019/8/31)

監視カメラと連動、危険物をリアルタイムで警告 駐車場向け新システム
大日本印刷は、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムで捉え、追跡表示する。(2019/8/21)

動体の動きが途中で止まっても継続して追跡:
監視カメラの映像を解析して危険物をリアルタイム警告 大日本印刷が開発
大日本印刷は、監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムに捉えて追跡表示する、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。(2019/8/21)

「Password Checkup」ユーザーの1.5%は流出パスワードを利用──Google調べ
Googleが2月に公開した「Password Checkup」は、流出済みパスワードでログインしようとすると警告するChrome拡張機能。最初の1カ月でスキャンしたパスワードの1.5%が流出済みだった。警告されたユーザーの26%がより安全なパスワードに変更した。(2019/8/16)

猫がソルトランプをなめて重体 獣医師が危険性を警告
ペットを飼っている人全員に教えてあげて。(2019/8/13)

海賊版サイト対策、アクセス警告方式は「困難」 端末側のフィルタリングなど推奨 有識者検討会が報告書
総務省が「インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会」の報告書を公開。「アクセス警告方式」について、全てのユーザーから事前に同意を得ることが難しいと指摘。一方、ユーザーの端末側での対策は「即時性が高い」との見解を示した。(2019/8/8)

総務省、海賊版サイトへのアクセス抑止に関する報告書を公表 「アクセス警告方式」は困難
端末側のセキュリティソフトやフィルタリングサービスでの対策を進める方針。(2019/8/8)

イランのハッカー集団が関与か
「Outlook」の脆弱性を悪用する攻撃 米サイバー軍が警告
米サイバー軍が、「Microsoft Outlook」の脆弱性を悪用した攻撃が頻発していると警告した。専門家からは、イランのハッカー集団がこの攻撃に関与しているとの指摘が出ている。(2019/8/6)

攻撃者がAIに悪いことを教えてしまう:
サイバー攻撃にアジャイル開発、スウォーム技術、AI/機械学習が使われる――新たな脅威をFortinetが説明
FortinetのChief of Security Insightsを務めるデレク・マンキー氏が来日し、最新のリサーチ結果に基づく脅威動向を説明。今後現れる恐れのある新たな脅威について警告した。(2019/7/31)

Instagram、アカウント削除前に警告し、異議申し立てしやすくする新機能
Instagramがコミュニティガイドライン違反で削除するアカウントに事前警告するようになった。「また違反投稿をしたらあなたのアカウントは削除されます」という警告とともに、過去に違反して削除された投稿が一覧表示される。(2019/7/19)

Instagramがいじめ防止策を発表 「いじめコメントにAIが警告」「コメントのミュート(制限)機能」
相手に知らせずコメントを非表示にできます。(2019/7/9)

Instagramが2つのいじめ対策 コメント時の警告と相手に知られない非表示
Instagramが2つのいじめ対策を追加する。ネガティブなコメントを付けようとすると投稿前に再考を促す機能と、被害者側が相手に分からないようコメントを非表示にし、DMの既読も知らせないようにする「Restrict(日本では「制限」)」機能だ。(2019/7/9)

Windows 10の最新アップデートで階調表現が正常に表示されない可能性 EIZOが報告
EIZOは、Windows 10の最新アップデート「May 2019 Update(1903)」を導入することで、ディスプレイの階調表現が正しく表示されない場合があると警告している。(2019/7/2)

Googleマップ、タクシーの遠回りを知らせる機能をインドでテスト中
Googleマップのナビを起動してタクシーに乗ると、タクシーが遠回りすると警告する機能をテスト中だと、インド在住のメディア記者が報じた。(2019/6/11)

この頃、セキュリティ界隈で:
因縁のNSAが警告を出した脆弱性「BlueKeep」、WannaCryの再来は阻止できるか
Microsoft、NSAがBlueKeepに警告を発している。その異例な対応の根幹にあるものとは?(2019/6/10)

グーグル、災害情報を表示する「SOSアラート」を強化 Google マップへの警告表示機能も提供予定
災害時に役立つ検索エンジン。(2019/6/7)

WannaCryの悪夢再来はあるのか――「BlueKeep」に危機感強める業界 コンセプト実証映像公開で米国家安全保障局も警告
「WannaCry」の悪夢再来も予想される「BlueKeep」の脆弱性。危険すぎるMetasploitのモジュールの開発が伝えられ、米国家安全保障局(NSA)も対応を急ぐよう強く勧告した。(2019/6/6)

「アクセス警告方式」は実効性に疑問 海賊版サイト対策の有識者検討会
総務省が漫画などの海賊版サイトへの対策を議論する有識者検討会の第2回を開催。検討事項の1つである「アクセス警告方式」について議論した。(2019/6/3)

WannaCryの悪夢が再び? 脆弱性「BlueKeep」は約100万台に存在
「『WannaCry』や『notPetya』のように破壊的な事態、恐らくはもっと悪い事態につながる公算が大きい」とセキュリティ企業は警告する。(2019/5/29)

ビットコインには本質的な価値がある?  JPモルガンがバブル警告
ビットコインに否定的だったJPモルガンが、「ビットコインは本質的な価値を超えて急上昇している」とコメント。計算能力や電気代などの数値を使い、ビットコインの製造原価を計算することで本質的価値を導き出したという。(2019/5/24)

「やっと対策してくれた…」 声優・東山奈央、Twitterでの迷惑行為に警告でファン安堵 1人で数千件のリプライを送るユーザーも
ファンからは安堵の声。(2019/5/18)

Facebook、ライブ動画のポリシー違反は「1ストライク」禁止
Facebookが、「ライブ動画」でコミュニティ規定に違反した場合は警告なしの1ストライクで一定期間出入り禁止にすると発表した。クライストチャーチ銃乱射のライブ動画悪用を受けての対策だ。(2019/5/16)

多要素認証(MFA)が無意味だった可能性も
MicrosoftのWebメール「Outlook.com」で不正アクセス 何が起きたのか?
Microsoftは、同社のWebメールサービス「Outlook.com」のユーザーのうち、データが侵害された可能性のあるユーザーに警告した。同社への取材や「攻撃者からの声」だという報道を基に、攻撃の実態や被害を探る。(2019/5/12)

「ペイント」、Windows 10の次期アップデート(ビルド1903)でも命拾い
Microsoftが「間もなくMicrosoft Storeに移動する」と警告している描画アプリ「ペイント」が、Windows 10の次期大型アップデートでもプリインストールされるとMicrosoftの中の人がツイートした。(2019/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。