ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「警告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「警告」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Cybersecurity Dive:
FBI長官が警告 「脅威アクターによって米国は混乱とパニックを引き起こす」
サイバーセキュリティの関係者は、中国とつながりのあるハッカーたちが潜在的な軍事行動から注意をそらすために、壊滅的な攻撃の準備をしていると警告した。(2024/2/25)

マルウェア使用せず正規ソフトウェアの脆弱性を悪用する傾向:
ランサムウェア攻撃は2024年も猛威を振るうとの予測 Symantec
Broadcomは2024年のランサムウェアの脅威予測動向レポートを発表した。ランサムウェアが展開される前に攻撃を阻止するには、攻撃者の戦術、技術、手順を理解することが重要だと警告する。(2024/2/16)

“死にますよ”と医師警告の33歳タレント、白血病で絶望のふちに「自分の人生終了した」 “親友”モデルの激励受け「また有吉反省会でたいす」
医師の警告後真っ先に泣きながら病気を伝えたといいます。(2024/2/9)

GoogleのTAG、商用スパイウェア企業の急成長を警告
Googleのセキュリティ監視チームTAGは、商用スパイウェア企業の実態に光を当てる報告書「Buying Spying」を公開した。スパイウェアの悪用が「世界中の言論の自由、報道の自由、選挙の完全性を脅かしている」としている。(2024/2/7)

iOS版「詐欺ウォール」で警告画面を変更、検知カテゴリーに「危険性の高いアダルトサイト」新設
BBソフトサービスは、iOS版「詐欺ウォール」をアップデート。警告画面上で検知カテゴリーの詳細を把握できるようになり、警告画面のカテゴリーではを新設するなど細分化を実施した。(2024/1/23)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

Cybersecurity Dive:
Citrix NetScalerの脆弱性を悪用した攻撃で、ボーイングの部品情報が漏えい
ランサムウェアグループLockBit 3.0の関係者は、CitrixBleedと呼ばれる脆弱性を悪用している。連邦当局は約300の組織に対し、攻撃を受ける脆弱性があると警告している。(2023/12/24)

「偽セキュリティ警告体験サイト」IPAが公開 サポート詐欺に注意喚起
IPAが、サポート詐欺の手口が体験できるWebサイトを公開した。サポート詐欺に関する相談件数が増えており、注意喚起のために作成したという。(2023/12/19)

AIにどこまで委ねるか?【後編】
勝つのは「正義」ではなく「AI」という恐ろしい現実がすぐそこに……
AI技術を軍事利用することで、被害軽減などの成果につながるとの見方がある。一方で、このようにAI技術を正義として捉えることの危険性を警告する専門家もいる。(2023/12/15)

Appleが増大する個人情報への脅威を警告 セキュリティに関する最新報告書を公開
Appleから、セキュリティに関する報告書「The Continued Threat to Personal Data:Key Factors Behind the 2023 Increase」が公開された。その内容を林信行氏が読み解いた。(2023/12/8)

「ダメだ早く降りろ!!!」「爆発しちゃう」 分かる人には分かる、ウサギさんの危機的状況に国内外から警告メッセージ
あかーん!(2023/12/8)

NXP Trimension NCJ29D6:
幼児の置き去り検知など、車載向けシングルチップUWBファミリー
NXPセミコンダクターズは、車載向けシングルチップUWBファミリー「Trimension NCJ29D6」を発表した。セキュアなカーアクセスや侵入警告、幼児の置き去り検出などに対応する。(2023/12/7)

Tech TIPS:
Azure Key Vaultで証明書の有効期限が切れる前に警告メールを送る
電子証明書の有効期限が切れてしまうと、Webサイト閲覧や認証の際に深刻なエラーが生じてしまう。Azure Key Vaultの場合、証明書の有効期限が切れる前にその警告メールを送ることができる。AzureポータルとAzure CLIでの設定方法を紹介する。(2023/12/6)

米国国防総省も懸念:
「製造データが狙われている」、セキュリティ専門家が警鐘
セキュリティの専門家が、多くの米国メーカーの電子機器の設計に関するデータが、適切に管理されずに世界中に拡散されている可能性が高いと警告している。(2023/12/1)

PayPay、不正送金を防ぐための警告メッセージを掲示 「詐欺にご注意ください」
PayPayは11月14日、送金詐欺被害を防止するための警告メッセージを掲示すると発表した。同日、PayPayアプリに導入した。警告により、不正な送金詐欺をユーザーに認識してもらい、不正送金被害を未然に防ぐ狙い。(2023/11/14)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【後編】
無線LAN運用をベンダー任せにする「マネージドWi-Fi」の何が駄目なのか
エンドユーザーにとってWi-Fiが欠かせなくなった昨今、Wi-Fiの新たな課題が浮上している。その現状を踏まえ、業界団体のWBAは通信事業者に警告を送る。(2023/10/6)

キングジム、ディスプレイへの“近づきすぎ”をブザーで警告してくれる近視対策ライト「めまもりん」
キングジムは、タブレットなどの画面に顔が近づくとライトとブザーで警告してくれる近視対策ライト「めまもりん」を発表した。(2023/10/3)

X(旧Twitter)のデザイナー、“シャドウバン通知”サンプルをポスト
XのUIデザインを担当するデザイナーが、以前イーロン・マスク氏が予告したシャドウバンラベルの警告通知画面のサンプルをポストした。ラベル撤去を申し立てるボタンが付いている。(2023/9/27)

Social Media Today:
X(旧Twitter)がステマ助長? 米FTCににらまれたら、どうするマスク氏
Xに掲載される広告に幾つかの不具合が生じている。この事態はFTCから警告を受ける可能性がある。(2023/9/27)

Tech TIPS:
【Azure】大量のメトリックアラートを一発で作る方法(リソーステンプレート編)
Azureの仮想マシンなどには、CPU使用率やメモリ空き容量といった「メトリック(測定値)」をほぼリアルタイムで確認できる機能がある。このメトリックの値が上限/下限を超えたときに「メトリックアラート」として警告するように設定することで、不具合や障害に素早く気付き、速やかに対処しやすくなる。しかしGUIで作るには手間がかかりすぎることも。リソーステンプレートからのデプロイによって効率よく大量生成できる方法を紹介する。(2023/9/13)

Google、北朝鮮政府支援組織による研究者へのゼロデイ攻撃について警告
Googleの脅威監視チームTAGは、北朝鮮政府支援の攻撃者がセキュリティ研究者を標的とするゼロデイ攻撃を行っていると報告した。X(旧Twitter)などで研究者に近づき、信頼関係を確立するとSignalなどのE2EEに移行してファイルを送りつけるという。(2023/9/10)

「日本発のソフトウェアを世界へ」 ジョーシスが世界40カ国で事業開始
「ハイブリッドワークが常態化する中、ITガバナンスは崩壊の危機にある」――。こう警告するジョーシスがエンタープライズ事業の強化と世界40カ国での事業展開に乗り出した。ITデバイスとSaaSの統合管理ツールという「激戦」市場の中で同社は自社サービスの勝機をどこに見いだしているのか。(2023/9/7)

何に気を付けるべきなのか:
GitHubのセキュリティ研究者が「mTLS認証」にまつわる誤った実装を警告
セキュリティ研究者のマイケル・ステパンキン氏は、適切に実装されていない「mTLS認証」は認証情報が盗み出される可能性があると警告する記事をGitHubブログで公開した。(2023/9/6)

セキュリティニュースアラート:
「福島第一原発の処理水海洋放出」への抗議を名目にサイバー攻撃が発生中
福島第一原発の処理水放出に反対するハッカー集団が日本のインフラや政府機関にサイバー攻撃を仕掛けている。ラックは今後、このサイバー攻撃が長期化、多様化する可能性があると警告している。(2023/9/4)

YouTube、違反クリエイター向けに警告解除のための教育プログラム
YouTubeは、ポリシーに違反してガイドライン警告を受けたクリエイターが、“教育トレーニングコース”を受講することで警告を解除できる選択肢を追加した。(2023/8/30)

Cybersecurity Dive:
Citrix製品のゼロデイ脆弱性 リリース後も53%がパッチを適用せず
研究者たちは、何千台ものCitrix NetScalerのデバイスが攻撃に対して脆弱なままであると警告している。(2023/8/26)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの顧客に起きたハッキング被害 「影響は広範にわたる」と調査報告書
Microsoftの顧客の電子メールアカウントでハッキング被害が起きた件について、セキュリティ企業のWizが公開した調査報告書はOutlook.com以外のデータにもアクセスできる恐れがあると警告した。(2023/8/26)

“アプリストア解放”法案に識者2人が警告 縦割り行政による偏った立法が子供たちを危険にさらす理由
デジタル市場競争会議から出された「モバイル・エコシステムに関する競争評価」の最終報告を受けて、林信行氏が識者に話を伺った。(2023/8/10)

「.zip」ドメインを悪用したフィッシングのサンプルを公開、Avastが注意喚起
Avast Softwareは「.zip」ドメインがサイバー攻撃に悪用されるリスクがあると警告した。慎重なクリックやウイルス対策ソフトウェアの更新、新しい脅威情報の入手がアドバイスされている。(2023/8/2)

Java SEライセンス変更の影響【後編】
Oracleによる「Java SE」ライセンス変更は妥当なのか? Gartnerは疑問視
Oracleが「Java SE」のライセンス体系を刷新した。これに対してGartnerは「利用料が大幅に増額する可能性がある」と警告する。Oracleの戦略をGartnerはどう分析するのか。(2023/7/25)

Cybersecurity Dive:
Fortinet製品の脆弱性を悪用する脅威アクター「Volt Typhoon」の実態
Fortinetは、FortiOSおよびFortiProxyの「SSL-VPN」機能におけるヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性を悪用することで、サイバー攻撃者がデバイスを制御できる可能性があると警告した。(2023/7/15)

YouTubeが広告ブロッカー利用者に警告を表示するテスト 広告ブロックやめるかプレミアム登録促す
(2023/7/3)

Googleもカナダのオンラインニュース法可決を受け、サービスからニュースを削除すると警告
Googleは、カナダが「Online News Act」をこのまま発効させれば、カナダ国内での同社サービスでのニュースの表示を遮断すると発表。この法案は、メディアへのリンク表示でGoogleとMetaに料金支払いを義務付けるもの。Metaもカナダでのニュース提供を終了すると発表した。(2023/6/30)

「ESXiArgs」再燃 ESXi防御策は【前編】
VMware「ESXi」狙いの世界的ランサムウェア攻撃が“謎の復活” 専門家が警告
2023年2月に被害を広げたランサムウェア「ESXiArgs」攻撃のリスクは、決してなくなったわけではない。それどころか、ここに来て再び攻撃活動が活発化していると専門家は警鐘を鳴らす。何が起きているのか。(2023/6/21)

「犯罪やからな」YouTuber・なこなこカップル、“流出画像”に注意喚起 わいせつ画像送り付け被害も報告
“身元特定→損害賠償”を警告。(2023/6/16)

マルウェアを使わない"living-off-the-land"な攻撃:
Microsoftが警告 ハッキング集団「Volt Typhoon」の手口と対処法
Microsoftは米国の重要インフラ組織を狙ってサイバー攻撃を行うハッキング集団「Volt Typhoon」の攻撃手法などを紹介し、警告を発した。(2023/6/10)

洪水発生7日前から警告:
Google、AI活用の洪水予測プラットフォームを拡大 洪水発生の7日前に警告できる仕組みは?
Googleは、2022年11月に提供を開始したAI活用の洪水予測プラットフォーム「Flood Hub」を世界80カ国に拡大すると発表した。洪水のリスクにさらされる4億6000万人の人々に、洪水発生の7日前から早期予測を提供する。(2023/6/6)

「ポリ袋に油入れて電子レンジで加熱」 BuzzFeed Japanが“誤った情報”掲載で2日連続の謝罪 メーカーは「これはヤバい」と警告
アイラップの公式Twitterアカウントが注意を呼びかけていました。(2023/6/2)

映画「スラムダンク」、違法動画に警告 “看過できない状況”で「悪質な動画には厳しく対処」
映画「THE FIRST SLAM DUNK」製作委員会は6月1日、同映画の違法動画に関して声明を発表した。(2023/6/1)

「.zip」ドメインの悪用サンプルをセキュリティ研究者が公開 WinRARを模倣
Googleが新しく登録を開始した「.zip」ドメインが詐欺の対象になり得るとセキュリティ研究者が警告している。ある研究者はこのドメインを悪用する例としてWinRARを模したWebページを作成して情報とともに公開した。(2023/5/30)

AI/AR搭載ドラレコアプリ「AiRCAM」、横断歩道に近づくと警告する新機能
ナビタイムジャパンは、AI/AR搭載ドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」で新機能を提供開始。ドライブレコーダーで撮影している映像をAIで解析し、横断歩道を検知して事前に走行速度を注意喚起する。(2023/5/26)

Apple製品の積極的な悪用に警告 CISAがアップデートを推奨
CISAはApple製品に存在する3つの脆弱性がアクティブに悪用されているとして警告を発した。(2023/5/24)

「宝探し動画投稿者」に埼玉県が警告 文化財として周知された土地を無許可で掘削か
埋蔵文化財は文化財保護法などに保護されており、掘る場合は法律上の手続きが必要となります。(2023/5/18)

偽セキュリティ警告にだまされ市民の情報漏えいか 東京都青梅市の事業委託先で
東京都青梅市の事業委託先が不正アクセスを受け、1695人分の情報が漏えいした可能性がある。従業員が偽のセキュリティ警告にだまされ、サポートセンターの指示に従ってPCを操作したところ、不正アクセスを受けたという。(2023/5/17)

「ハッカーがより幅広いターゲットを狙うようになる」:
「商用ハッキングツールを利用したサイバー攻撃が今後増加する」英サイバーセキュリティセンターが警告
英国サイバーセキュリティセンターは、ハッキングによるサイバー攻撃についてまとめた報告書を発表した。今後5年間でサイバー攻撃の被害者が増加し、脅威の状況がより予測不可能になると警告している。(2023/5/16)

Cybersecurity Dive:
前兆を通知しても……ランサムウェア対策の残念な実態
ランサムウェア被害を防ぐには攻撃の前兆をいち早く警告するしかない。情報を秘匿しがちな問題に業を煮やしたCISAは本気で情報提供を呼びかけているが、セキュリティ技術者は残念な実態に懸念を表明した。(2023/5/14)

欧州委員会がAppleに警告 「USB Type-C端子でも独自機能付けるなら販売認めない」 独メディア報道
欧州委員会が、充電器の規格統一に関して米Appleに警告した。同社が純正アクセサリー以外の充電器やケーブルへの機能制限を検討しているとの報道を受け、「統一規格の要件を満たさないデバイスは販売を認めない」との見方を示した。(2023/5/9)

法務省Webサイトが一時ダウン Anonymousが犯行声明 「日本政府の亡命者の強制送還に抗議」
法務省の公式Webサイトが一時的にダウンした。同日には国際ハッカー集団のAnonymousが「日本政府は亡命者を強制送還している。私たちはこの非人道的な行為に反対し、日本政府に警告する」との犯行声明を出している。(2023/5/9)

プッシュボミングで企業ネットワークに侵入:
Microsoftが警告、認証情報の悪用によるサイバー攻撃の教訓とは
Microsoft Incident Responseは、顧客企業の環境でプッシュボミング(プッシュ疲労攻撃)が行われていたことを発見し、対応、復旧活動を行った事例に関するレポートを発表した。(2023/5/9)

登録者30万人超のYouTuber・もぐもぐさくら、大量飲酒&爆食い動画で“最後の警告”&危機的状況に “執拗な監視”の下にあると報告
一部警告には納得していないというさくらさん。(2023/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。