ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

がんになった人の保険金を加入者が分担 P2P保険の「わりかん保険」が開始
インシュアテック事業を営むjustInCaseが、1月28日からP2P保険の「わりかん保険」の提供を開始した。これは、保険加入者の中からガンになった人が出たら、保険金を渡し、その費用を加入者全員で割って支払うという仕組みの保険だ。(2020/1/28)

笠井信輔アナが頭を丸めたことを報告 「やはりさみしい気持ちになりました」「お見せするのはちょっと恥ずかしい」
頑張ってください……!(2020/1/27)

液体のりの成分でがん治療の効果を大幅向上 東工大が研究成果を発表
「製造が容易である上に治療効果も非常に優れている」としています。(2020/1/23)

液体のりの成分で、がん治療の効果向上 東工大が発見
液体のりの主成分を加えた薬剤を用い、がんの放射線治療の効果を高めることに成功したと、東工大が発表。主成分のポリビニルアルコールを薬剤へ取り入れることで、がん細胞に長時間とどまりやすくした。(2020/1/23)

「結婚指輪を、はずしました」「仕方のないこと」 悪性リンパ腫で闘病中の笠井信輔アナ、29年目の決断を報告
現在、抗がん剤治療のため入院中の笠井アナ。(2020/1/15)

「これ以上皆さんにお見せできない髪型に」 笠井信輔アナ、抗がん剤治療による脱毛に焦り
笑顔を絶やさない笠井アナ。(2020/1/12)

上原正三さん死去 ウルトラセブンの脚本など手がける
特撮作品やアニメ作品などの脚本を多く手がけた脚本家の上原正三さんが2日、肝臓がんのため死去した。82歳だった。(2020/1/10)

「ついに来たか」 笠井信輔アナ、抗がん剤による脱毛も“おとぼけショット”で明るい姿を見せる
2019年12月から入院しています。(2020/1/8)

工場ニュース:
グローバル供給に対応、需要が増加するリポソーム製剤工場を富山に新設
富士フイルム富山化学が富山第二工場内に建設していた、リポソーム製剤工場「701工場」が完成した。薬の有効成分を効率的に患部に届けて薬効を高める高品質なリポソーム製剤を生産し、グローバルに供給する。(2020/1/7)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文
Googleのヘルスケア部門Google Healthは、9万人以上の匿名マンモグラムデータで学習させたAIモデルに画像データだけで乳がんのスクリーニングをさせたところ、人間の放射線科医よりも偽陽性・偽陰性率が低かったという研究結果を発表した。(2020/1/4)

元あいのり桃、交際3カ月の年下男性と“スピード婚約”を発表 「買って頂きました…!!!」と指輪ショットも公開
おめでとうございます!(2020/1/3)

がん闘病の堀ちえみ、「徹子の部屋」で活動再開へ 「再生された私だからこそ……」とテレビ復帰に思いを明かす
ファンからは祝福メッセージが殺到しています。(2020/1/3)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

「山のような仕事が失われましたが……」 笠井信輔アナ、“悪性リンパ腫”公表によるフォロワー激増に思い明かす
笠井さん「その代わりに、新たな人たちとの絆が生まれる」。(2019/12/22)

圧倒的不審者の工房:
水と油を混ぜて包丁を作る → イチから抽出した油と加湿器の水垢で切れ味鋭い包丁が誕生
めでたしめでたし(混乱)。(2019/12/21)

エコー画像から乳がん判別 東北大、ディープラーニング活用の新システム 医師の勘と経験に頼らず診断
東北大が、乳房のエコー画像から乳がんを判別する新システムを開発したと発表。複数の画像を分析して腫瘤(しゅりゅう)を発見し、良性・悪性を識別する。乳がん診断の精度を高め、医師の負担軽減と患者の適切な治療につなげる狙い。(2019/12/20)

がんの特徴をAIが自力で学習 医師より高精度に再発予測
AIが人間に教わることなくがんの特徴を学習し、がんの再発を予測する技術を理化学研究所などが開発した。予測精度は人間の医師より高かった。(2019/12/20)

「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得」 競泳・池江璃花子が退院報告、新たな目標明かす
吉報!!(2019/12/17)

2019年最も活躍したアスリートは「羽生結弦」 笹川スポーツ財団が調査結果公表
2019年のスポーツ界をプレイバック!(2019/12/13)

芸能人の逮捕・起訴相次ぐ〜違法薬物は「他者危害」
自己責任では終わらない。(2019/12/13)

かわぐちかいじが語るマンガの力【前編】:
大ヒット作『空母いぶき』作者のかわぐちかいじが大病を経て得た「仕事観」
かわぐちかいじさんは1968年に21歳で漫画家デビューして以来、70年代からヒットを連発し、休むことなく作品を世に出し続けてきた日本を代表する漫画家の1人だ。12月10日発売号で最終回を迎えた『空母いぶき』作者のかわぐちかいじさんに、同作品に込めた思いやヒットの舞台裏を聞いた。前編では、『空母いぶき』というヒット作を生み出すに当たって、キャラクターや状況設定をいかにして生み出していったのかに迫る。(2019/12/10)

AIがおすすめの保険を提案 ドコモと東京海上、「AIほけん」開始
NTTドコモが、生年月日や居住地などの質問への回答を基におすすめの保険を提案するサービス「AIほけん」を開始。東京海上日動火災保険と共同で開発した。保険選びに迷う利用者のサポートが目的。(2019/12/9)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

味も香りも変わらないのになぜ? JTの加熱式たばこ「Ploom」パッケージリニューアルの理由
JTの「Ploom(プルーム)」シリーズの名称とパッケージデザインがリニューアルする。健康に関する注意文言も新たに登場する。注意文言の表示面積も拡大される。(2019/12/6)

医療機器ニュース:
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発
東芝は、血液中のマイクロRNAを使った、簡便で高精度ながん検出技術を開発した。1滴の血液から、13種類のがんの患者と健常者を、99%の精度で2時間以内に網羅的に識別できる。(2019/12/6)

イスラエルVayyar Imaging:
“命を救う”ミリ波3D画像センサー、日本市場に本格投入
3D(3次元)イメージング用のレーダーセンサーを手掛けるイスラエルのVayyar Imaging(バイアー・イメージング)は2019年11月28日、シリーズD投資において120億円を調達し、日本市場での製品展開を強化すると発表した。(2019/11/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

血液1滴から13種類のがんを検出 精度は99% 東芝が技術開発
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を東芝が開発。実用化に向け、2020年から実証試験を進める計画だ。(2019/11/25)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
元カノが子宮頸がんになった過去……ホリエモンがハヤカワ五味と語る「予防医療と検診の必要性」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。前編は防げる病である子宮頸がんや大腸がんの現状について思うところを語ってもらった。(2019/11/27)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

「歌えるって幸せ」「大きな希望と目標が芽生えた」 急性白血病の「あみん」岡村孝子、約10カ月ぶりの歌唱で元気な姿
ファンからは多くのエールが届いています。(2019/11/16)

朝日新聞社の見解は:
広告表現の責任は誰に? 朝日新聞に掲載された「がん治療」の書籍広告に「科学的根拠ない」と批判広がる
朝日新聞にがんの治療法を紹介する書籍の広告が掲載された。広告内容に専門家から「科学的根拠ない」という批判が広がった。広告表現の責任は?(2019/11/15)

「まさか菜々緒が押し入れにいたなんて」 みんな驚いた「4分間のマリーゴールド」5話、どんな感情になったらいいの?
福士蒼汰はもっとしっかりしろ!(2019/11/15)

連載「病と仕事」:
「がん離職」を防ぐために100万円支給――「社員の病気=経営課題」に会社はどう向き合ったか
2017年にがんにより死亡した人は37万3334人に上る。働き盛りの年齢でがんを発症する可能性もゼロではない。精神面、経済面、仕事面のケアが求められる従業員の病に対して、職場はどういったサポートができるのだろうか。がんに罹患した社員に対する基金を創設したガデリウスグループの経営統括本部本部長に創設の経緯などを取材した。(2019/11/11)

増えるフリーランス人口:
フリーランスにも「所得補償」や「健康診断」を IT人材エージェント各社がサービスを充実
雇用制度の変容により、増加しているフリーランス人口。ランサーズの調査では、2015年から2018年にかけてフリーランス人口が22.6%増の1119万人まで増えている。一方で、フリーランスが困っているのが「収入」と「社会保障」だ。従来は案件の提供をメインに行っていたエージェントでも、こうした背景を受けて福利厚生を充実させつつある。(2019/11/11)

FAニュース:
ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックがレンズ生産技術を応用
パナソニックとマイクロ科学技研は、環境センシングや血液検査、製薬用装置などに用いられているガラス製のマイクロ化学チップをガラスモールド工法で量産する技術を共同開発した。従来のフォトリソグラフィーとエッチングによる工法と比べて、大量生産が可能になるとともに、約10分の1の低コスト化、約10倍の高精度化も実現できるという。(2019/11/8)

医療機器ニュース:
内視鏡外科手術の均質化、安全性、効率性に貢献するシステムの開発開始
オリンパスは、内視鏡外科手術に関する熟練医師の暗黙知をAI解析によってデータ化し、安全で均質な手術に必要な情報を適切に提供する「情報支援内視鏡外科手術システム」を開発する。(2019/11/8)

血液クレンジングに京都盛り上げツイート、ステマ騒動に学ぶSNSの自己防衛
10月はステマ疑惑が話題になった。「京都市盛り上げ隊」としてツイートしていたお笑いコンビ「ミキ」、血液クレンジングを繰り返し紹介していた芸能人たち、彼らはどこまで意図していたのか。(2019/11/7)

子どもが褒められたら「親が勝手に謙遜しない」「素直に受け取る」 育児で心掛けていることを描いた漫画に共感集まる
こうすれば、きっと自己肯定感が育つ。(2019/11/6)

「人生を変える訪問になりました」 博物館のアトラクションカメラで乳がんを偶然発見
博物館の責任者も予想しなかった出来事です。(2019/10/30)

漫画家の吾妻ひでおさんが死去、享年69歳 「失踪日記」「ななこSOS」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2019/10/21)

乳がん啓発「ピンクリボンキャンペーン」でネイルアートをプロデュース ダレノガレ明美、おのののか、LiLiCoら12人が参加
手掛けたネイルはオークションに出品、収益は寄付。(2019/10/19)

LEXUSのブランドデザイン戦略:
世界一高いビルをアートに変えた若手デザイナー 吉本氏に聞く「LEXUS DESIGN AWARD」の価値
躍進する高級車ブランド「LEXUS」は、才能のある若手クリエイターたちを発掘する取り組みを行っている。ブランド価値はどのように生み出されるのか、その秘密に迫る。(2019/10/17)

ドコモ、AIでおすすめの保険・サービスを提案する「AIほけん」提供
NTTドコモは、2019年12月からAIを活用して利用者へおすすめの保険・サービスの組み合わせを提案する「AIほけん」を提供開始予定。プロフィールや各種サービスの利用状況に基づき、おすすめ商品の組み合わせと月額料金を提示する。(2019/10/11)

ドコモと東京海上、「AIが提案する保険」12月開始 がん保険など8種に対応 スマホ決済の不正利用も補償
NTTドコモと東京海上日動が、AIを活用して保険商品を提案するサービス「AIほけん」を12月にリリースする。顧客が2〜5種の質問に答えると、ドコモが持つ家族構成や居住エリアなどのデータと合わせて分析。キャッシュレス決済サービスが不正利用された場合などに最大100万円を補償する新サービスも対象商品に含まれる。(2019/10/11)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

国立がん研究センターなど病院に広がる「Azure」「Teams」 日本マイクロソフト、医療業界へのクラウド普及に自信
日本マイクロソフトが、ヘルスケア領域におけるクラウドサービスの導入事例を公表。がん手術の動画を「Azure」に集約している国立がん研究センターの例などを紹介した。同社は18〜20年の3年間で、ヘルスケア業界全体のクラウド利用率を4割から7割に引き上げるなどの目標を掲げており、進捗(しんちょく)は順調という。(2019/10/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。