ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CloseBox:
突然、Face IDに認識されなくなってしまった そういえば……
iPhoneに自分の顔を認識されなくなってしまった。そういえば思い当たることがあった。(2022/1/18)

「地球へようこそ」 だいたひかる、第1子となる“男の子”が誕生 血圧上昇で緊急の帝王切開も「寒気がある位で元気です」
出生体重は3198g。(2022/1/14)

世界中に潜在的な市場:
BABYMETALプロデュ―スの舞台裏をKOBAMETALに聞く メタルとダンスをいかにして融合させヒットに導いたのか?
日本のエンタメビジネスの常識を変えたBABYMETAL。プロデュースしたKOBAMETALさんにプロデュ―スの裏側について聞いた。(2022/1/18)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

エヴァ芸人・稲垣早希、子宮内膜症で“ミレーナ”装着を決意 「痛いのかなぁ…」「緊張します」と不安吐露
第1子出産時に子宮内膜症が判明した稲垣さん。(2022/1/12)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

多発性骨髄腫の佐野史郎「思いの外早く退院できた」 娘たちからの手作りケーキでお祝い
トーク番組「徹子の部屋」で公表。(2021/12/27)

芸能界随一のおしどり夫婦! 渡辺裕之&原日出子、ラブラブな“腕組み”ショットに反響「眩しいカップル」
理想の夫婦だ。(2021/12/23)

カンニング竹山、相方・中島忠幸さんの逝去15年で生前ショット公開 コンビ知らない世代増え「これも時代だなぁ」
時の流れは速いもの。(2021/12/21)

年の差婚の友寄蓮、第1子女児を出産 26歳年上の夫・西岡真一郎と笑顔の初家族ショットも 「命の奇跡を感じています」
7月に発表した“年の差婚”が話題になった2人。(2021/12/12)

佐野史郎、連ドラ降板理由は多発性骨髄腫 現在は再入院中で「しばらくは治療、療養に専念することとなります」
ドラマ「リコカツ」は第3話を最後に降板。(2021/12/10)

「アステラスメディカルネット」刷新プロジェクトに学ぶ:
DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに応える必要はある。どこから変革に着手し、どう進めるべきか。「アステラス メディカルネット」刷新プロジェクトの事例に学ぶ。(2021/12/9)

医療機器ニュース:
AIサポート機能を備えた内視鏡画像、レポート管理ソフトを発表
オリンパスは、AIサポート機能を備えた、クリニック向けの内視鏡画像、レポート管理ソフトウェア「Vivoly+」を発表した。診断に必要な画像を網羅しているか、適正であるかをAIが判断し、効率的な読影をサポートする。(2021/12/7)

元あいのり・桃、妊活中の読者へ「謝らせてください」 “産後3カ月”妊娠の詳細を赤裸々に語る
検査薬の反応薄く「最初は不安に思ってた」と桃さん。(2021/12/7)

「本当に奇跡が起きた」元あいのり・桃、産後3カ月で第2子妊娠 「早い」の意見に先回りで答えも
おめでとうございます!(2021/12/6)

女性の健康の悩み解決 フェムテックに脚光
「フェムテック」と呼ばれる製品やサービスが注目されている。女性の社会進出が進んだことで、月経や妊娠・出産などにまつわる悩みを個人的な問題として片づけず、組織として向き合う企業が出てきたことが大きい。(2021/12/1)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

広田レオナ、左股関節の痛みで歩行に支障も「癌とは無関係と思われます」 ビーズクッションに寝転び作業する姿
最近の生活を明かしています。(2021/11/29)

電子カルテから薬物効果の情報抽出、日本初 宮崎大、NTTデータ、ファイザー
宮崎大学、NTTデータ、ファイザーの3者が、日本で初めて、がん患者の電子カルテから薬物治療効果などを評価するために有益な情報を得られたと発表した。(2021/11/24)

Innovative Tech:
糖尿病患者向けの体内に埋め込むロボット 体外から無線で操作し、自動で薬を注入
イタリアのサンターナ大学院大学などの研究チームは、糖尿病患者向けに、体内に埋め込んだロボットが薬を注入するシステムを開発。無線操作でロボット内の輸液ポンプからインスリンを注入や、充電を行う。(2021/11/22)

「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
怖すぎ……。(2021/11/21)

医療技術ニュース:
光照射とがん免疫の相乗効果によるがん治療法の開発
名古屋大学は、さまざまな固形がんに幅広く発現している免疫チェックポイント分子PD-L1を標的として、がん免疫との相乗効果を示す近赤外光線免疫療法の応用開発に成功した。(2021/11/18)

大黒摩季、最愛の母・美也子さん急逝に衝撃 支えだった母の旅立ちに「生き甲斐やご褒美が無くなってしまう」
謹んでお悔やみを申し上げます。(2021/11/16)

広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
デビュー前後の体形変化を回顧。(2021/11/15)

製造業IoT:
シーメンスヘルスケアが医療基盤「teamplay」で国内3社と協業、AIアプリを拡充
シーメンスヘルスケアが国内で医療機器向けのAIアプリケーションを手掛けるAIメディカルサービス、エルピクセル、Splinkと提携すると発表。今後、これら3社のAIアプリケーションが、シーメンスヘルスケアの医療プラットフォーム「teamplay digital health platform」で利用できるようになる。(2021/11/15)

「人のふんどしで心配してご苦労様」 だいたひかる、高齢出産への偏見に反論 “子供が可哀想”の声へ「自分の物差しは正しいと決めつけないで」
妊娠中は、ホルモンバランスの乱れで気持ちが落ち込んだりすることも。(2021/11/12)

「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
肺がんの手術を受けるよりも前から痛みが生じていたとのこと。(2021/11/10)

【漫画】愛犬を空へ送った飼い主が体験した不思議な出来事とは…… やさしくてあたたかいエピソードに涙がこぼれる
きっと近くにいてくれるよね。(2021/11/10)

医療機器ニュース:
画像再構成処理を必要としない、高精度な医療用イメージング技術を開発
浜松ホトニクスは、画像再構成処理を必要とせずに一対の検出器でデータを取得する、高精度の医療用イメージング技術を開発した。従来の放射線検査装置と同等以上の精度を持ちながら、シンプルかつ小型の放射線検査装置の開発が期待される。(2021/11/9)

医療機器ニュース:
陽子線治療用の超電導サイクロトロンを開発、照射時間3分の1以下
住友重機械工業は、がん治療に用いる陽子線治療用の超電導サイクロトロンの開発に成功した。陽子線治療用としては世界最高レベルとなる、1000nAの高強度陽子線を発生できる。(2021/11/8)

松田翔太、父・優作の三十三回忌を終え「今は真っ直ぐ自分の父親に向き合える気が」 生前の父のスチール写真も公開
優作さんは永遠だ。(2021/11/7)

「何も出来ないと思っていらっしゃる!?」 ガン闘病中のだいたひかる、育児巡る“アンチ”の声を一蹴 パニック障害の夫と迷わず「やるよ」
夫は5月にパニック障害発症を告白しています。(2021/11/3)

医療機器ニュース:
体内で放射線がん治療をするための材料を高効率で製造する技術を確立
日立製作所、東北大学、京都大学は、放射線がん治療法の1つであるアルファ線内用療法に必要なアクチニウム225を、高効率、高品質で製造する技術を開発した。体内に広く分散したがんにも有効なアルファ線内用療法の早期実用化、普及に貢献する。(2021/11/2)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

米人気ドラマ「フレンズ」の名脇役俳優が59歳で死去 7月にがん闘病公表したばかり
カフェ「セントラル・パーク」のオーナー役。(2021/10/25)

逝去した山本文緒さん受賞の中央公論文芸賞贈呈式が開催 副賞のジュエリーは生前病床で受け取っていたと明かされる
関係者が明かしています。(2021/10/25)

広田レオナ、2回目のワクチン接種を報告 「危険を承知で打つ」アレルギー体質で大きな不安も
接種後2時間で38℃超えの高熱。(2021/10/23)

保険テックのjustInCase、元金融庁長官遠藤氏、弁護士増島氏、マネフォ瀧氏をアドバイザリーボードに
保険分野のスタートアップjustInCaseは、アドバイザリーボードとして、元金融庁長官の遠藤俊英氏、弁護士の増島雅和氏、マネーフォワード執行役員CoPAの瀧俊雄氏を迎えた。(2021/10/20)

妊娠7カ月のだいたひかる「ドラム缶みたい」と近況を報告 出産予定日まで104日となりファンも「楽しみ」
あと3カ月。(2021/10/18)

直木賞作家・山本文緒さんが膵臓がんのため58歳で逝去 村山由佳、井上荒野、芦沢央ら作家からも悲しみの声
ご冥福をお祈りいたします。(2021/10/18)

産業動向:
「光触媒除菌脱臭機」による感染弱者への感染症予防効果を確認、日大とカルテック
日本大学 医学部とカルテックは2021年4月に、日本大学医学部付属板橋病院で、共同研究を行い、カルテック製「光触媒除菌脱臭機」が感染症対策に効果があることを確認した。共同研究では、実使用環境下で、感染弱者である免疫力が低い高齢者や基礎疾患を持つ患者に対し新型コロナウイルス感染症だけでなく、一般の細菌やウイルス、真菌の感染症予防で光触媒除菌脱臭機が役立つことが判明した。(2021/10/18)

大沢樹生、愛犬・ベイビーが12歳10カ月で天国へ 「悲しみと辛さの変換が今は全く分からない」
悲しみの胸中を明かしています。(2021/10/17)

だいたひかる、がん治療中断から1年経過 “命がけ”の不妊治療再開に「怖かったけれど夢をとって良かった」
だいたさん「ガンになっても、夢は追いかけられる」(2021/10/15)

「なんて優しいお姉ちゃん」 市川海老蔵、10歳麗禾が地震で取った大胆行動に感動 家族思いの長女に「まだ小学生なのに」
本当にすごすぎだよ……。(2021/10/8)

「寛解のお墨付きは貰えてないですが」 元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がん“消失”に「万歳」
次回検査は11月を予定。(2021/10/6)

Facebook内部告発者、「ユーザーの安全より利益優先する体質には規制が必要」と公聴会で語る
Facebookの内部告発者、フランシス・ホーゲン氏が上院小委員会の公聴会で証言した。「Facebookは常に自身の利益をユーザーの安全より優先してきた」と発言。Facebookからユーザーを守るための幾つかの提言を行った。(2021/10/6)

「マジで怖かった」 アレルギー体質の広田レオナ、“新型コロナ”ワクチン接種で安堵 2回目は「自己責任」
何事もありませんように。(2021/10/5)

笠井信輔、肺にがん転移の小倉智昭の「華麗なる復活の姿が想像できます」 “人並外れた体力がある”と激励
アナウンサーの後輩としてエールを送っています。(2021/10/4)

医療機関で進む「データ活用」【前編】
「データドリブンな病院」はデータをこう活用している
質の高い医療の実現には、良質のデータが不可欠だ。より良いケアを患者に提供する上で、データはどのように役立つのか。医療グループのCommunity Health Networkの取り組みを基に検証する。(2021/10/4)

キャシー中島、5年前と同部位に皮膚がん再発 ショック受けるも「ちょっとぐらいの傷で暗くなってられない!」
強い。(2021/10/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。