ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療技術ニュース:
液体のりの主成分を用いて、造血幹細胞を増幅させることに成功
東京大学は、高価なウシ血清成分やアルブミンの代わりに、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール」を用いることで、細胞老化を抑制した造血幹細胞を長期培養系で安価に増幅することに成功した。(2019/6/18)

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】
医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選
医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/13)

「ラジエーションハウス」9話 医師・辻村(鈴木伸之)の“過去とプライド”を解き明かす 杏(本田翼)の頭痛問題は最終話に持ち越しか?
鈴木伸之と窪田正孝の恋愛バトルにハラハラ。(2019/6/10)

兄からの性的虐待、がん、退職強要、ブラック企業……不幸を抱え込む相談者に「甘えていい」の言葉が刺さる 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「生保、頼っていいんだよ」のアドバイスがすごい。(2019/6/10)

急展開「ラジエーションハウス」残り3話はオリジナル展開へ 「医師か技師か問題」「四角関係」はどうなる?
ドラマが原作に追いついてしまった、オリジナル展開に期待。(2019/6/3)

液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待
これまで高価なウシ血清成分などで行ってきた培養が、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール」でできるように。(2019/5/30)

「液体のりで造血幹細胞を大量培養」報道で勘違い? 無関係な「ヤマト」の株価が乱高下
ドンマイ(?)。(2019/5/30)

AIを活用し患者ごとのがんワクチンを開発 欧米で臨床試験へ――NEC、疫治療法特化の創薬事業に参入
NECは、AIを活用した創薬事業に参入。仏Transgeneと共同で、がん免疫療法の個別化医療として期待される「ネオアンチゲンワクチン」の開発に取り組む。頭頸部がんと卵巣がんを対象に、治験薬を共同開発し、2019年内に欧米で臨床試験を開始する。(2019/5/29)

NECが創薬事業に本格参入 AIで患者ごとの「がん治療ワクチン」開発
NECが創薬事業に本格参入した。AIを活用して患者ごとにがんワクチンを開発して治療を行うという。(2019/5/27)

浜野謙太好演の「ラジエーションハウス」7話 技師・窪田正孝の活躍のせいで、医師・本田翼は自信喪失「技師ができることが私にはできないのか……」
「見た目に惑わされるな」というテーマを体現した浜野謙太。(2019/5/27)

猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』
考えたくないけど考えておきたい。(2019/5/26)

「完治までは長い道のりですが」 がん闘病中のNosukeが退院報告 15時間の大手術から回復
応援したい。(2019/5/23)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

医療技術ニュース:
水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を持つことを発見
慶應義塾大学は、水虫の原因である白癬菌を治療する薬「アモロルフィン」「フェンチコナゾール」が、胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を発見した。胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出した。(2019/5/21)

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい
医師と技師の対立を超え、チームに変化していく予感を見せたハイタッチ。(2019/5/20)

医療技術ニュース:
次世代抗膵がん剤を創成するための特殊ペプチドを開発
新潟大学は、膵がんへの薬物送達システムの輸送体となる特殊ペプチドを開発した。同ペプチドを応用した薬物送達システムを確立し、既存の実用抗がん剤と組み合わせることで、患者の体に優しく、かつ制がん効果を得られる抗膵がん剤が創成できる。(2019/5/20)

保険適用が決まった白血病新薬「キムリア」、価格「3349万円」の理由は
公的制度によって患者の負担はかなり抑えられます。(2019/5/15)

がん闘病中のNosuke、約15時間の大手術を終える 「今は起き上がったり歩いたりも」と回復の兆しも
よかった……。(2019/5/14)

「最後まで頑張りたい、負けたくない」 白血病と闘う池江璃花子、新設した公式Webサイトで約2カ月ぶりのメッセージを発信
3月13日を最後に、SNSの更新が止まっていました。(2019/5/8)

広瀬アリスの新人らしい苦悩に共感「ラジエーションハウス」4話 続く5話は“マンネリ”を脱せるか?
今回は“医療ドラマ”というより、広瀬アリスが主役の“お仕事ドラマ”。(2019/5/6)

観月ありさがまさかの“52歳”役で登場「インハンド」 驚異の「若返り術」を真に受けそうになった3話を振り返り
観月ありさ自身の実年齢は42歳、それにしたって若くみえるのに!(2019/5/3)

「日々の治療を精一杯頑張っています」 「あみん」岡村孝子、“急性白血病”公表後の近況明かす
ファンからは多くの応援メッセージが。(2019/5/3)

「ラジエーションハウス」3話 マンモグラフィだけでは見つからない乳がんがある――検査の大切さを訴えた神回
「現実がよくわかった」「検査の予約を入れた」の声。(2019/4/29)

ディープラーニングで少量の血液からがん発見 DeNAとPFNが専用ラボ開設
ディー・エヌ・エー(DeNA)とPreferred Networks(PFN)が共同設立したPFDeNAが、血液からがんの有無を判定するシステムの開発に向けて専用ラボを開設した。(2019/4/25)

堀ちえみ、食道がん手術を終えて退院へ 「日常が戻ってきました」と10日ぶりの我が家に安心感
ほっと一安心。(2019/4/24)

「何かの間違いであって欲しい」「言葉が見つからない」 「あみん」岡村孝子が急性白血病を発表、ファンに動揺走る
ゆっくり治療に専念してほしい。(2019/4/22)

本田翼×窪田正孝「ラジエーションハウス」2話、遠藤憲一の底力。視聴者しみじみ「エンケンの部下になりたい人生だった」
遠藤憲一最高回、かわいいエンケンじゃなくていい、ゴツくていい。(2019/4/22)

口臭が気になることを匿名で代わりに伝えてくれる Webサービス「くちくさえもん」登場
伝え方も「やんわり」「軽蔑する様に」と選択可能。(2019/4/19)

2019年春ドラマ注目作レビュー【随時更新】
ドラマ注目作をレビュー!(5月6日更新)(2019/4/16)

機械学習で術前の血液検査データから卵巣がんの特性を予測――理研の共同研究チームがAIを開発
理化学研究所の共同研究チームが開発した「卵巣がんの術前予測アルゴリズム」を用いると、術前の血液検査データから高い精度で卵巣腫瘍の良性、悪性の区別や、予後と強く関連する早期卵巣がんのクラスタを予測できる。(2019/4/16)

堀ちえみ、食道がんが見つかるも早期発見でステージ1 家族からは「早く見つかって良かったね!」と励ましの声
4月16日に手術とのこと。(2019/4/15)

「オネェの音楽で心をハッピーに」 misono&Nosuke夫婦、倖田來未のUSJライブに駆け付け元気な姿を見せる
みるみる元気になっているNosukeさん。(2019/4/9)

月9「ラジエーションハウス」への期待と不安。100点満点の窪田正孝起用、ツンデレ未知数の本田翼
「JR SKI SKI」CMの歴代最高カップリングが月9にやってくる!(2019/4/8)

がん闘病中のNosuke、「DA PUMP」ISSAからのメッセージに感激 「U.S.A.」ドラムカバーに本人反応
本人に届いたー!(2019/4/4)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】
「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由
デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。(2019/4/10)

SuiteWorld 2019 Report:
“北極星”を見失うな──Oracle傘下のクラウドERP、NetSuite創業者が語る「ブレない経営に不可欠なもの」
ラスベガスでクラウドERPの雄、NetSuiteの「SuiteWorld 2019」カンファレンスが開幕した。創業者でもあるエバン・ゴールドバーグ執行副社長は、企業がブレずに成長を目指すには、「可視化」「コントロール」、そして「アジリティ」の能力が不可欠だと話す。(2019/4/3)

同じ医師を養成する矛盾:
苦しい「私大医学部の経営」 国立優遇に疑問、医師養成は平等に
天皇陛下の心臓手術の執刀医は、順天堂大学病院の天野篤博士であられた。3浪して日大医学部に入って医師になられた人である。私も交流があり、よく博士と話をするが、仙人という印象をいつも受ける。私大出身者としては異例の執刀医といわれたが、最も高い技術力があり、豊富な経験が評価されたに違いない。この事実は、私大医学部出身者も有能で実力があると教えてくれた。(2019/4/1)

「『スチュワーデス物語』から、35年以上経つというのに」 堀ちえみ、JALからの見舞い品に感激
堀さんは同ドラマ出演でブレイクを果たしました。(2019/3/22)

乳がん再発のだいたひかる、ファンからエール続々 「私もひかるさんと同じ」「お互い頑張りましょう!」
2016年に乳がんで右胸の全摘出手術を受けていただいたさん。(2019/3/21)

終業から次の始業まで10時間以上の休息義務づけ ソフトバンクが「勤務間インターバル制度」導入
ソフトバンクは、終業から次の始業まで10時間以上の休息時間を取ることを社員に義務づける「勤務間インターバル制度」など、健康増進のための制度を4月1日から導入する。(2019/3/19)

意外に知らない「発明大国ハンガリー」のデジタル事情
「発明大国ハンガリー」の意外と知らないデジタル事情について、駐日ハンガリー大使に聞いた。(2019/3/16)

「この日が来る事が想像出来ませんでした」 闘病中のNosuke、抗がん剤治療を終えて退院報告
おつかれさまでした!(2019/3/10)

「癌は全て取りきれた」 堀ちえみ、手術後の検査結果に安堵 リハビリ支える“夫婦愛”に反響も
本当によかった……!(2019/3/9)

医療機器ニュース:
呼吸しても空気が漏れない肺手術用接着剤を開発
物質・材料研究機構と筑波大学は、呼吸で肺が拡張しても空気を漏らさない、新たな肺手術用接着剤を開発した。タラ由来のゼラチンを化学装飾して開発した同接着材は、従来品の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を持つ。(2019/3/8)

「私以外みんな車椅子でした」 梅宮アンナ、家族の闘病を支えた1年を振り返る ネットの批判には怒りも
アンナさん「必ずどんな時も写真に残して」。(2019/3/7)

「数千倍しんどい」「でも負けたくない」 白血病の競泳・池江璃花子選手、闘病中のつぶやきにエール相次ぐ
「三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます」とも。(2019/3/6)

製造ITニュース:
オリンパスがAI活用を加速、プラットフォームにAzureを採用
日本マイクロソフトは2019年3月1日、オリンパスの次世代製品やサービスを支えるAI(人工知能)プラットフォームに同社クラウド「Azure」が採用されたと発表した。(2019/3/4)

「泣くしか無いでしょこれ」 ポケモン映画最新作、ミュウツーの声優が市村正親に決定でファンの涙腺崩壊
石塚運昇さんもいるよ!(2019/3/1)

意外と知らない:
健康診断と人間ドック、どう違うの?
健康診断は、国が会社に対して実施を義務付けています。しかし定期健診には健康診断と人間ドックの2つがあります。何がどう違うのでしょうか。(2019/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。