ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

元ソフトバンク・攝津正、慢性骨髄性白血病を告白 「提供者が増えることを願って」と“ドナー普及”のため公表決意
攝津さん「まさか自分が白血病に…と驚きました」(2021/1/24)

蚊の嗅覚で微量のにおい検出成功 東大 がんの予兆感知に期待
東京大学と神奈川県立産業技術総合研究所の研究チームが、蚊の触覚にあり、おいを感知する「嗅覚受容体」を組み込んで作ったセンサーで、がんの進行度を示す微量のにおいを人の呼気から検出することに成功したと発表した。(2021/1/15)

0.5ppbレベルの匂いを検出:
蚊の嗅覚受容体を用いた匂いセンサーを高精度化
東京大学および、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは2021年1月、呼気に混合した0.5ppbレベルの微量の匂い物質を検出できる匂いセンサーを開発したと発表した。(2021/1/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか
2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。(2021/1/14)

大腸がんをAIで検出 25万枚の症例画像を学習 国立がん研究センターとNECが開発
大腸の画像をAIで解析し、早期の大腸がんを検出するソフトウェアを国立がん研究センターとNECが開発。AIは早期の大腸がんの画像を25万枚学習している。2020年11月に医療機器承認を取得した。(2021/1/12)

新型コロナ ワクチンは救世主となるか【後編】:
中国発の“闇流通”も横行、欧米は日本の投資額の100倍 新型コロナワクチンの開発を巡る課題を識者に聞く
中国からの「闇流通」も明らかになった新型コロナワクチン。接種に向けてクリアしなければならない課題や、日本は欧米と比べて、なぜ開発のスピードが遅かったのかといった開発プロセスの問題点について、ワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授に聞いた。(2021/1/9)

新型コロナ ワクチンは救世主となるか【前編】:
新型コロナのワクチンは「ワープスピード作戦」によって成功 どの製薬会社もプロセスをしっかり踏んだ
新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるための切り札として、米国企業で製造されたワクチンの接種が2月下旬にも日本で始まる見通しだ。接種をめぐっては一部で副反応を心配する声もあります。今後の見通しについてワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授にインタビューしました。(2021/1/8)

医療技術ニュース:
ビタミン代謝物を簡単に定量できる超分子バイオセンサーを開発
金沢大学と京都大学は、生体試料中のビタミン代謝物を迅速かつ簡便に定量できる超分子バイオセンサー「P6A」を開発した。検体とP6Aを混合して蛍光測定するだけで、熟練スキルと多大な時間が必要だった従来法と同等の結果を得られる。(2021/1/5)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
プログラミング学習はなぜつらい? Google「乳がんAI検診」が賛否両論の訳は?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

「大好きな水泳もできて、誰よりも充実してた」 池江璃花子、8枚の“思い出写真”で前進を続けた2020年を振り返る
本当におつかれさまでした!(2020/12/30)

唾液とAI解析でがん超早期発見 開発の「サリバテック」砂村眞琴代表に聞く
日本人の死因のトップにランクされているがんを、唾液で超早期発見する検査方法に注目が集まっている。採取した唾液をAIが解析するという医学とITが融合した最新の検査方法で、痛みもなく簡単に検査できるのが強みの一つだ。(2020/12/24)

「麻央の心が宿っている」 市川海老蔵、9歳長女がサンタクロースを気遣う“優しい手紙”にじわり感動
サンタの健康を思いやれる想像力よ。(2020/12/22)

笠井信輔アナ、悪性リンパ腫での入院から1年 励ましの言葉を思い出し「あらためて、感謝で胸がいっぱいです」
もうそんなにたつとは。(2020/12/21)

母が大腸がんの紅蘭、ポリープ2個を新たに摘出 “2年連続”の発見に「検査できるなら是非して!」
とても人ごとでは済まされない。(2020/12/16)

医療機器ニュース:
タブレット型ロボットを用いたがん薬物療法の治療支援の評価研究を開始
日立製作所とがん研究会有明病院は、がん薬物療法中の患者の体調や副作用状況などの事前確認に、タブレット型ロボットを活用した場合の効果に関する評価研究を共同で実施する。(2020/12/8)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【後編】
医療AIからバイアスを排除 「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)の臨床価値とは
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)を用いた共同研究は、従来医療AIモデル開発において障壁となっていた問題を解決する可能性がある。NVIDIAが協力した「EXAM」開発プロジェクトの事例から探る。(2020/12/8)

池江璃花子、退院から“ちょうど一年記念日” 「ここまで来れた自分と、支えてくれる周りの方たちに感謝」
退院してからの1年を振り返った池江選手。(2020/12/6)

元あいのり桃、第1子妊娠を発表 夫との幸せあふれるマタフォトも公開「元気な赤ちゃんを産めるようにがんばります」
おめでとうございます!(2020/12/4)

産後うつにならなかったのは夫がいたから――夫のステキな言動を描いた漫画に「ここに神様がいる」と賞賛
こんな風に理解してもらえたら穏やかに過ごせそう。(2020/12/1)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIを活用する新型コロナウイルス対策
新型コロナウイルス感染症の広がりを防ぐためにAIを用いることが多くなってきているが、AIならではの危険性も指摘されている。(2020/11/27)

「NVIDIA Clara」プラットフォーム:
COVID-19対策貢献も、NVIDIAがヘルスケアAIを加速
NVIDIAの日本法人エヌビディアは2020年11月24日、「ヘルスケアAIの社会実装を加速させるNVIDIA Clara」プレスブリーフィングをオンラインで開催。同社のAIを活用したヘルスケアプラットフォーム「NVIDIA Clara」の概要や共同研究の概要などについて説明した。(2020/11/26)

『釣りキチ三平』漫画家・矢口高雄さんが膵臓がんで死去 次女「最後まで格好良い自慢の父でした」
81歳でした。(2020/11/25)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定
審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。(2020/11/23)

AIで抗がん剤の副作用を分析 日立とがん研有明病院が実験
日立製作所とがん研究会有明病院が、外来で薬物療法を受ける大腸がんの患者を対象に、AIを活用し、抗がん剤の副作用を分析する実験を始める。(2020/11/19)

排便報告で敵と戦うスマホゲーム「うんコレ」 日本うんこ学会が開発
便の状態を報告してキャラクターを入手し、敵と戦うスマホゲームアプリ「うんコレ」が登場。大腸がんなどの予防を啓発する非営利団体の日本うんこ学会が開発した。(2020/11/16)

研ナオコ、親友・りりィさんの命日を迎える 「歌声が大好きでした」と10代当時の思い出ショット公開
りりィさんの名曲を歌い継いでいる研さん。(2020/11/11)

モノづくりスタートアップ開発物語(5):
「手術で失った声を取り戻す」、東大院生たちが全力で挑む医療系デバイス開発
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第5回は喉摘者向けにハンズフリーの発声支援デバイスを開発する、東大院生らのグループSyrinxを紹介。数々の開発課題に悩む彼らだが、研究を通じて人間の声に関するある知見を得たことが突破口となる。(2020/11/5)

カニエ・ウェスト、妻の亡き父をホログラムでよみがえらせる キム・カーダシアン感涙もネットでは賛否両論
日本でもAI美空ひばりが話題に。(2020/10/30)

CAEニュース:
「MSC Nastran Excellence Award」第1位をボルボが獲得
エムエスシーソフトウェアは、同社の有限要素解析構造シミュレーションツール「MSC Nastran」を革新的な使用法で製品設計に適用した事例を表彰する、「MSC Nastran Excellence Award」の受賞企業を発表した。第1位はボルボが獲得した。(2020/10/30)

医療機器ニュース:
深層学習技術を用いたX線画像診断補助ツールを肺がん検診に導入
Preferred Networks、京都府、京都府医師会、NOBORIは、京都府で実施される肺がん検診で、深層学習技術を用いた胸部X線画像の診断補助ツールを試験導入し、医師の診断負荷および見落としリスクの低減効果について評価する。(2020/10/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。(2020/10/29)

医療機器ニュース:
AIによる診断支援アプリを搭載した内視鏡CADプラットフォームを発売
オリンパスは、大腸内視鏡用のAI診断支援アプリケーションを搭載した内視鏡CADプラットフォーム「ENDO-AID」を発売すると発表した。ポリープやがんなどの病変になり得る箇所を自動で検出し、内視鏡検査の品質向上に寄与する。(2020/10/26)

「なんて美しい瞬間」 競泳・池江璃花子、オリンピックプールでの華麗な“飛び込みショット”に反響
池江選手「ここでオリンピックが開催され、最高の盛り上がりができることを願います」(2020/10/25)

iPSがん治療、国内初の移植実施 千葉大など免疫細胞利用
千葉大と理化学研究所の研究チームが、iPS細胞から作製したNKT細胞という免疫細胞をがん患者に移植する世界初の移植手術を実施した。手術は成功したという。iPS細胞を使った再生医療の研究でがん患者に移植手術を行ったのは国内で初めて。(2020/10/23)

つんく♂、「赤い公園」津野米咲さん急死に「長い時間語りあったのを思い出す」 親交深かったハロプロメンバーが哀悼の意
「ソラシド〜ねえねえ〜」「泡沫サタデーナイト!」など名曲ばかり。(2020/10/20)

CEATEC 2020 ONLINE:
CEATECはオンライン開催でも規模変わらず、6年ぶり出展の東芝が経済産業大臣賞
CEATEC実施協議会がオンライン展示会「CEATEC 2020 ONLINE」を開催する。会期は2020年10月20〜23日の4日間。3つの展示エリアに356社/団体が出展し、会期中4日間の来場者数は20万人超を見込む。(2020/10/20)

妻が乳がん検査で精密検査に……医療漫画家が“自分ごと”に直面した漫画「当然知ってるつもりだったこと」にはっとさせられる
わかっていたつもりでも、いざ自分ごとになると……。「第2回医療マンガ大賞」公式サイト内で全編公開しています。(2020/10/19)

iPS使いコロナ治療法開発へ 京大発ベンチャーと藤田医科大
京都大発のベンチャー企業と藤田医科大が、iPS細胞を使った新型コロナウイルスの新しい治療法開発を始める。感染者の血液から新型コロナを認識できるキラーT細胞を取り出し、iPS細胞を使って培養して患者に投与する。(2020/10/19)

大和田美帆、乳がんの検診を報告 きっかけは「こんな痛い思いさせたくない」との母・岡江久美子さんの言葉
10月は「乳がん啓発運動月間」です。(2020/10/8)

市川海老蔵、小林麻央さん逝去後の恋愛事情を告白 “次のステップ”への切り替えに「意外と思った以上に時間がかかる」
「まだ俺、(麻央さんの逝去から)3年とちょっとじゃん?」とも。(2020/10/7)

医療技術ニュース:
がん細胞が酸性環境下でも生存できるメカニズムを解明
大阪大学は、がん組織内の酸性環境にがん細胞が自ら最適化する現象「acid addiction」を発見した。がん細胞は、リソソームを利用した仕組みにより、酸性環境下でも細胞内のプロトンを一定レベルに保って増殖できることが分かった。(2020/10/5)

「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
プリンセスだった。(2020/9/28)

規制は厳しく、市場は未成熟
「AI手術支援システム」に手術を任せられる日は来るか?
手術支援に人工知能(AI)技術を導入する場面は、現時点ではごく一部に限られている。だが「AI手術支援システム」は、治療の質を向上してリスクを低減する大きな可能性を秘めている。(2020/9/1)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で製薬業界に訪れた転換点 ヘルステック企業が実現を目指す「バーチャル治験」とは?
新型コロナウイルスの影響によって、医療や医薬品業界のビジネスモデルが大きく変わろうとしている。病院などに足を運ばなくても受けられる「バーチャル治験」の実現に向けて期待が高まった。(2020/8/31)

「わざわざ遠回りしてまで……うっ!!」 必ず飼い主を踏みつけて寝床に向かう猫ちゃんのこだわり漫画が面白い
「うっ」となりつつもかわいいやつ。(2020/8/30)

池江璃花子、復帰戦で1位を記録 ファンから「競技に戻ってくるだけでもすごいのに」と祝福の声
1年7カ月ぶりのレース出場となりました。(2020/8/29)

ダルビッシュ聖子、兄・山本“KID”徳郁さんとの思い出を4年前の写真で振り返る 「みんなで楽しい時間を沢山過ごした思い出」
義弟・ダルビッシュ有さんとの仲の良さも伝わってくる。(2020/8/26)

市川海老蔵、妻・麻央さんの母子3ショットに写真整理の手が止まる 「切ないけど、愛が溢れてて、素敵です」と反響も
長女・麗禾ちゃんがママの写真を集めていたこともありました。(2020/8/25)

市川海老蔵、7歳息子の“抱っこアピール”に思わず困惑 甘えん坊の意味深ポーズに「わ、わかりづら」
親子じゃないと分からないやつですね。(2020/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。