ニュース
» 2011年06月21日 17時00分 UPDATE

IDCが2010年の仮想化マシンソフト市場実績を発表 SMBでも導入進む

2010年の国内仮想化ソフトウェア市場の実績と2015年までの市場規模予測を、調査会社のIDC Japanが発表した。

[伏見学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは6月21日、2010年の国内仮想化ソフトウェア市場の実績と2015年までの市場規模予測を発表した。

 調査によると、2010年のバーチャルマシンソフトウェア(サーバ仮想化やデスクトップ仮想化を実現するソフトウェア)の市場規模は前年比57.7%増の219億900万円、2010年〜2015年の年平均成長率は22.7%、2015年には610億円の市場規模に達すると予測している。

 同ソフトウェアはこれまで大手企業での採用が主体だったが、2010年は地方企業や中堅中小企業(SMB)にも拡大したほか、既存ユーザーにおける仮想環境のライセンスの買い増しなど、投資が活発化したことが大きな要因になっている。

 2010年の国内アプリケーション/ユーザーセッションバーチャライゼーションソフトウェア(アプリケーション仮想化やプレゼンテーション仮想化などのソフトウェア)に関する市場規模は、対前年比5.6%増の154億8100万円、2010年〜2015年の年平均成長率は5.1%と予測している。

 同市場の90%以上を占めるプレゼンテーション仮想化は、金融や公共、教育機関などを中心に需要があるものの、バーチャルマシンソフトウェアを使用したデスクトップ仮想化を選択するユーザーが増えていることから、成長が鈍化している。一方で、アプリケーション仮想化はWindows XP環境からWindows 7環境へのアプリケーション移行のつなぎ役として需要が高く、60%以上の成長となっている。

国内仮想化ソフトウェア市場 売上額予測(2010年〜2015年) 国内仮想化ソフトウェア市場 売上額予測(2010年〜2015年)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -