ニュース
» 2011年09月07日 08時10分 UPDATE

Google、「Google Voice」のデータエクスポートを可能に

Google Voiceの電話番号、履歴、メッセージデータを「Google Takeout」経由でダウンロードできるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月6日(現地時間)、VoIP利用の音声通話サービス「Google Voice」のユーザーデータをエクスポートできるようにしたと発表した。同社のデータエクスポートサービス「Google Takeout」のページでデータをアーカイブし、ダウンロードできる。

 voice

 ダウンロードできるのは、履歴、メッセージデータ、電話番号リストなど。音声メッセージはmp3、テキストメッセージはhtml、電話番号リストはvcardフォーマットに変換される。

 同社は2010年9月に、“データはユーザーのもの”というポリシーの下に「Data Liberation」の取り組みを立ち上げた。Google Takeoutからは、連絡先とGoogle+のサークル、プロフィール、ストリーム、Picasaウェブアルバム、Buzz、Google +1のデータをダウンロードできる。また、Google Docsには、2Gバイト以下に圧縮したファイルをまとめてダウンロードできる機能がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -