ニュース
» 2011年10月12日 15時00分 UPDATE

ビジネス分析ソフト市場は年平均4%強で成長――IDC調べ

ベンダーシェアではOracle、SAP、IBMが上位を占めた。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは10月12日、国内ビジネスアナリティクス(BA)ソフトウェア市場予測を発表した。2010年の市場規模は前年比6.4%増の1306億200万円で、2015年まで年平均4.1%で成長し1598億2300万円に達すると予測している。

 同社がBAで定義する機能分野では、パフォーマンスマネージメント&アナリティクスアプリケーションは、2009年に前年比7.3%減と大きく落ち込んだものの、2010年は5.0%増と復調した。また、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール、データウェアハウスマネジメントプラットフォームは2010年に6〜7%の高成長を遂げたとみている。

 BAソフトウェアを構成するソフトウェア群では、市場規模が小さいものの、コンテンツ分析ツールが27.6%の成長を記録。今後はビッグデータ分析での需要が急増すると予想している。

 ベンダーシェアでは、Oracleが26.2%でトップシェアだった。2位はSAPの11.9%、3位はIBMの10.7%。データウェアハウスマネージメントプラットフォームでもOracleが46.8%でトップシェアを持っている。パフォーマンスマネージメント&アナリティクスアプリケーションとBIツールではSAPがトップシェアとなった。

idc1012.jpg 国内BAソフトウェア市場 ベンダー別売上シェア、2010年。出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | BI | Business Analytics | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -