ニュース
» 2011年11月21日 15時08分 UPDATE

富士通エフサスがプライベートクラウド環境に全面移行

富士通エフサスは、4月に構築したプライベートクラウド基盤にセキュリティ対策や災害対策などの追加対応を行い、全部門での運用を開始した。

[ITmedia]

 富士通エフサスは11月21日、全部門でプライベートクラウド基盤の運用を開始したと発表した。4月に構築したプライベートクラウド基盤にセキュリティ対策や災害対策を追加し、ITのコスト削減やガバナンス強化、事業継続性の向上などを図ったとしている。

 クラウド化では全国拠点に散在していた259台の部門サーバを、VMware vSphereを用いて国内2拠点のデータセンターに設置したブレードサーバ50台からなるクラウド基盤に統合した。また部門ごとのシステム運用管理業務を情報システム部門に統合するため、新たに開発した「運用テンプレート」を用いてプロセスを標準化し、自動化ツールによって運用管理の効率化を図ったという。これにより、以下のような効果を得たとしている。

  • ITのTCOを約30%削減
  • サーバ台数を約80%削減
  • 運用担当者を大幅削減(160人から3人)
  • ITインフラの消費電力を約70%削減、設置スペースを約60%削減
  • 情報システム部門主導によるシステムの無駄の排除、セキュリティ強化
  • リソース提供の申請・審査・配備の期間を40営業日から最長5営業日に短縮
  • プロダクトやライセンスなどの重複を排除
  • 統合認証と管理者を含めた証跡管理の導入による情報漏えい対策の強化
  • 2拠点に設置したクラウド基盤の間でディザスタリカバリを実施。災害対策ツールの導入により、緊急時の重要業務の移行、復旧を自動化

 今後、同社はクラウド化によるシステム運用をグループ会社にも展開するほか、クラウド構築で培ったノウハウを企業顧客向けサービスに展開していくという。

fsas.jpg 富士通エフサスが構築したプライベートクラウドの概要

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -