ニュース
» 2012年05月23日 14時05分 UPDATE

ベルシステム24、社内コンテンツの一元管理で業務改善

契約書管理などの効率化を目的に、ベルシステム24は文書管理システムを導入した。

[ITmedia]

 コールセンター事業を展開するベルシステム24は、業務の標準化を目的に文書管理システムを導入した。システムを提供した日本オラクルが5月23日に発表した。

 ベルシステム24が採用したのは、ドキュメントや画像、動画など企業内の各種コンテンツを一元管理する「Oracle WebCenter Content」。2012年3月から稼働している。

 同社では、これまで各支店で個別に行っていた類似業務を集約し、効率的な運用を図るために、大量に生成される顧客との契約書、およびその原本管理業務のペーパーレス化を推進していた。新システムを活用することで、管理文書のアクセス権限を役職や担当業務ごとに設定できるほか、契約書の有効期限や更新情報の自動管理、契約書取得の簡便化などを実現した。

 同社では今後、紙伝票を使った発注、検収、請求などの業務にも新システムを適用するほか、社内ポータルサイトを通じた情報共有のツールとしての利用を検討していく。

関連キーワード

運用管理 | コンタクトセンター


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -