ニュース
» 2012年09月05日 07時18分 UPDATE

Microsoft、「Windows Server 2012」の評価ダウンロードを開始

Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2012」がRTMになり、180日有効な製品版のダウンロードがスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月4日(現地時間)、サーバOS「Windows Server 2012」がRTM(製造工程向けリリース)になったと発表した。TechNet Evaluation Centerで登録すると、180日間評価を行うための製品版をダウンロードできる。

 Windows Server 2012は、Windows Server 2008 R2と高い互換性を備えつつ、300以上の新機能を搭載するという。サーバ&ツール部門社長、サトヤ・ナデラ氏は、同サーバOSをMicrosoftの“クラウドOS”ビジョンの鍵となるコンポーネントであると語った。同OSはサーバOSを再定義し、ストレージ、ネットワーキング、仮想化、自動化、ユーザー接続の機能を強化したという。

 製品の概要や新機能については、日本語の情報がServer and Cloud Platformにまとめられている。

 server

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ