ニュース
» 2012年10月02日 08時16分 公開

Oracle、通信業界向けコンピュータ「Oracle Network Applications Platform」を発表

ExdataやExalogicなどエンジニアド・システム製品では初の業種特化型製品をリリースする。

[ITmedia]
Oracle Network Applications Platform

 Oracleは10月1日(米国時間)、エンジニアド・システムの新製品「Oracle Network Applications Platform」を発表した。エンジニアド・システムでは初の業界特化モデルで、同製品は通信業界向けにリリースする。

 Oracle Network Applications Platformは、通信事業者およびネットワーク機器メーカーのシステムやアプリケーションの基盤となるもので、構成、統合、テストの実施、また最大99.99999%のサービス可用性と統合プラットフォーム管理を実現するという。

 通信業界ではモバイルデバイスの爆発的な普及や高度なサービスの提供などで厳しい競争にさらされており、同社は通信業界企業が新製品を活用することで新サービスの開発に専念できると説明。削減効果はプラットフォーム統合とテストに必要なコストで最大33%、運用コストで同64%、新サービスの開発期間で同40%、アプリケーション・ライフサイクルのコストで同50%になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -