ニュース
» 2012年10月12日 15時19分 公開

日本IBMのIaaS型クラウド、幕張のデータセンターが利用可能に

クラウドサービス「IBM SmarterCloud Enterprise+」で利用できるデータセンターが全世界で新たに3拠点追加された。

[ITmedia]

 日本IBMは10月12日、IaaS環境を提供するクラウドサービス「IBM SmarterCloud Enterprise+(SCE+)」について、新たに世界で3カ所のデータセンターが利用可能になったと発表した。

 SCE+は、Windows、Linux、AIXというOSを提供するプラットフォームの選択肢、サービス内容と品質から選択できる4つのサービスレベル(SLA)、VM単位でOSレイヤーまでをカバーする運用サービスなどを提供。従来のエーニンゲン(ドイツ)、ラーレイ(米国)に加えて、幕張、ボールダー(米国)、オルトランジア(ブラジル)のデータセンターが利用できるようになったことで、例えば、新規事業を日本のデータセンターで迅速に立ち上げ、ビジネスの成長にあわせてグローバル拠点に順次展開したいといったユーザーの要望に対し、迅速に応えられるようになった。

 また、データを物理的に海外に持ち出したくないという日本企業にとっては、幕張のデータセンターを活用することで、そうしたセキュリティ上のリスクを回避できるとしている。

関連キーワード

データセンター | IBM | IaaS


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -