ニュース
» 2012年11月19日 14時54分 UPDATE

導入事例:エン・ジャパン、Microsoft SQL Server SSD Applianceを採用

求人情報サービスの迅速かつ効率的な提供を目的に、SQL Serverのアプライアンスを導入している。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは11月19日、求人情報サービスのエン・ジャパンが「Microsoft SQL Server SSD Appliance」を採用したと発表した。

 エン・ジャパンでは求人情報や転職支援のサービスの迅速で効率的に提供を目的にWebサービス環境の整備を進めてきたという。この一環として日本HPの「HP ProLiant DL980 G7」サーバ、「HP VMA3205」フラッシュストレージにSQL Server 2012を組み合わせたアプライアンスを導入した。

 エン・ジャパンは、同製品の採用で旧システムに比べて導入費用が約6分の1になり、性能は約10倍に向上することを見込んでいるという。

関連キーワード

Microsoft | エンジャパン | SQL Server 2012


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -