ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

中小企業の夏のボーナス、「増額予定」が減り、「減額予定」が2倍に エン・ジャパン調査
減額の理由トップは「業績不振」。(2019/6/19)

20・30代の「理想の上司」は天海祐希さん 「理想の部下」はあの人気俳優
人材会社エン・ジャパンが「理想の上司」と「理想の部下」に関する調査結果を発表。20・30代が考える理想の上司1位は女優の天海祐希さんだった。(2019/6/12)

若手が選ぶ「理想の上司」は天海祐希さん 「困った上司」1位は「人によって態度を変える」、「困った部下」は?
会社員が避けられない「上司と部下」という関係。(2019/6/10)

従業員の負担は減らないとの声も:
残業時間の上限規制、「良くないと思う」企業が3割 特に多い業種は……
エン・ジャパンが企業の「時間外労働の上限規制」実態調査を発表した。上限規制を「良くないと思う」と応えた企業は、全体の約3割。最も多い業種では6割を超えた。(2019/6/7)

子育て世代が住みやすい街に:
従来の縦割組織から市役所はどこまで変われるか 全国最年少市長と“公募”女性副市長の改革
(2019/5/31)

実在の経営者:
転職コンサルに聞く、いま求められるリーダー像
ミドル世代の転職者に対して、企業はどのようなリーダー像を求めているのだろうか。転職コンサルタントに聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。(2019/5/29)

ブラック企業から自分を守れ!:
「おまえの家族皆殺し」――“極限のパワハラ・セクハラ”にどう立ち向かうか
日本で初めてパワハラやセクハラ規制の強化策を盛り込んだ法律が、通常国会で成立する見通しとなった。法律などを使っていかにして自分の身を守るのか? ベテランジャーナリストが解説する。(2019/5/28)

キャリアニュース:
テレワーク経験者は3%、その7割以上がテレワークに「満足」
エン転職が「テレワーク」についてのアンケート調査結果を発表した。テレワーク経験者は3%にとどまったが、この働き方に72%が満足していた。テレワークを選んだ理由は「通勤ストレスがないから」が最も多かった。(2019/5/23)

給与ダウン:
「働く理由を見失ったことがある」51%、きっかけは?
これまでに、働く理由を見失ったことはありますか? 転職サイトを利用している35歳以上の男女に聞いたところ「ある」と答えたのは51%に対し、「ない」は49%であることが、エン・ジャパンの調査で分かった。(2019/5/22)

要望は多いが……:
働き方改革で注目集まるテレワーク しかし、経験者は1割足らず
(2019/5/22)

業務過多を指摘する声も:
有休取得の義務化、企業の課題は「人手不足」 しかし実際の対応は……
人材会社エン・ジャパンは有給休暇の取得義務化の実態調査を発表した。7割以上の企業が「良いと思う」と回答したが、人手不足や業務過多といった問題もあるようだ。企業はどんな対応をするつもりなのか。(2019/5/9)

働く女性499人に聞く:
「神経をすり減らす」「指示に一貫性がない」 女性が悩む職場の人間関係、1位は「上司」
人材会社のエン・ジャパンが働く女性を対象に「職場の人間関係」に関する意識調査を実施。女性が職場で最も関係に悩んだ相手は「上司」だった。(2019/4/12)

不安な点:
転職を考えたきっかけは? 「給与が低い」がトップ
転職を考えはじめたきっかけは何ですか? 転職サービスを利用している男女に聞いたところ、「給与が低い」(43%)と答えた人が最も多いことが、エン・ジャパンの調査で分かった。(2019/4/10)

中には逆効果の取り組みも:
「中途入社者の定着率が低い」企業は37% 効果的な対策は?
エン・ジャパンの調査によれば、中途入社者が定着せず採用活動に悩む企業が多いという。効果的な対策はあるのか。(2019/4/2)

キャリアニュース:
仕事に関する学習――70%が「取り組んだことがある」
「エン転職」が「社会人の学習習慣」についてのアンケート調査結果を発表した。仕事に関する学習に「取り組んだことがある」と70%が回答し、学習をしたことで「自分に自信が持てた」「仕事の幅が広がった」と考えていることが分かった。(2019/3/22)

実現したいこと:
35歳以上に聞く、転職を考えた理由は? 昨年と違い
転職を考えた理由、きっかけは何ですか? 35歳以上の男女に聞いたところ、昨年の調査結果と比べて違いが……。エン・ジャパン調べ。(2019/3/17)

やっぱりお金が大事:
転職理由の「本音と建前」ランキング、それぞれ1位だったのは……?
エン・ジャパンの調査で、約半数の転職者が会社を辞める際に本当の転職理由を伝えていないことが判明。企業に伝える建前は「専門性を発揮したい」、本音は「上司と合わない」などが多かった。それぞれ1位だったのは……?(2019/3/1)

自分を変えない限り負の連鎖は続く:
「職場の人間関係がイヤ」で転職した人は、新しい環境にも不満を持ちやすい 調査で判明
「職場の同僚が気に食わない」といった対人関係の不満を理由に転職をした人は、次の会社にも不満を抱きやすい――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。回答者からは「他責で自己改善を図れない人は、結局また不満を持つことになる」などの指摘が出た。(2019/2/27)

どう対処する?:
6%の企業に“社内失業中”の社員が存在 「やる気がない」「人格に難あり」などの声
出勤しているのに仕事がない“社内失業状態”の社員を抱えている企業は6%であることが、人材会社エン・ジャパンの調査で判明。雇用先からは、「仕事をしている風のまま定年を目指しているように感じる」「人格的に問題がある」などの厳しい声が挙がった。(2019/2/26)

精神的な攻撃:
「パワハラを受けたことがある」82%、被害内容は?
あなたはパワハラを受けたことがありますか? 転職サイトを利用している35歳以上の男女に聞いたところ、82%が「ある」と回答していることが、エン・ジャパンの調査で分かった。(2019/2/20)

キャリアニュース:
人材不足の部門が「ある」、企業の9割が回答
人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」が「人材不足の状況」についてのアンケート調査結果を発表した。回答企業の約9割が、人材不足の部門が「ある」としており、特に「営業職」で不足していると回答した企業が多かった。(2019/2/19)

当日ドタキャンする人は8%:
転職活動の面接辞退理由、「面倒」「対応悪かった」など挙がる トップ3は?
エン・ジャパンが転職活動の面接を巡る調査結果を発表。辞退経験がある人からは「応募先の対応が悪かった」「面接に行くのが面倒になった」などの理由が挙がった。辞退せず面接に臨んだ人からは「何か質問はありますか?」という“逆質問”に困ったという声があった。(2019/2/15)

制度よりも環境が重要:
約9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」 その理由は……?
女性の87%が「結婚・出産後も働きたい」と考えていることがエン・ジャパンの調査で判明。「家庭に入る」は7%にとどまった。女性が「働き続けたい」と考える理由は……?(2019/2/13)

なぜ人手が足りなくなる?:
企業の9割が「人手不足」実感 「高待遇での採用活動」など実施も効果薄
人手不足の部門を抱えている企業が89%存在することが、エン・ジャパンの調査で判明。人手不足の理由は「退職による欠員」、カバーする方法は「採用」「残業・休日出勤」などの意見が出た。(2019/1/29)

働きに見合った報酬を:
ワークライフバランス満足度、契約・派遣社員が正社員を上回る 最下位は「フリーランス」
エン・ジャパンが、雇用形態別にワークライフバランスへの満足度を調査した。その結果、契約社員・派遣社員が正社員を上回っていた。最下位はフリーランスで、生活と仕事のバランスを保つのが難しいことがうかがえた。(2019/1/24)

「生きがいになる」「年金が減る」などの声:
70歳までの「定年延長」に賛成? 反対? 働き盛りのビジネスパーソンはどう考えているのか
35歳以上のビジネスパーソンの83%が定年延長に「賛成」している――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。「仕事のやりがいが生きがいにつながる」などの声があったが、年金の減額を不安視する意見もあった。(2019/1/18)

積極的に取り組んでいる企業は14%:
7割が「ダイバーシティ」の意味を知らない エン・ジャパン調査
転職支援のエン・ジャパンが行った調査によると、7割がダイバーシティの意味を知らなかった。意味を説明すると95%が重要だと回答したが、積極的に取り組んでいる企業は14%。その内容も、女性の採用・活躍支援が多かった。(2019/1/9)

キャリアニュース:
35歳以上の転職経験者の8割が転職活動の期間は半年以内と回答
転職サイト「ミドルの転職」が「転職活動期間」についての調査結果を発表。転職活動期間として最も多かった回答は「半年程度」だった。また、活動が長引いた際の対策として、回答者の70%が「これまでの転職活動の分析」を挙げた。(2018/12/26)

「前の会社はこうだった」はNG:
「40代は転職できない説」は本当? 企業が求めるのはどんな人? 人材のプロに聞いた
「40代は転職できない」との説が一般的だが、それは本当なのか。転職できる40代はどんな人材なのか。人材会社エン・ジャパンで「ミドルの転職」の事業部長を務める天野博文氏に聞いた。(2018/12/22)

キャリアニュース:
冬季賞与調査――中小企業の約4割が、前年より景気回復を「感じない」
「人事のミカタ」が「2018年度冬季賞与」についてのアンケート調査結果を発表。増額予定の回答が多かった業種の1位は「商社」だった。前年と比較して、景気の上昇や回復を実感しているかについては、約4割の企業が「感じない」と回答した。(2018/12/19)

査定基準などに悩む企業も:
中小企業の「冬季賞与」、18年は増える? 減る? 450社に聞いた結果は……
中小企業の冬季賞与額は、前年からどの程度増減するのか。人材会社エン・ジャパンが調査結果を発表。「増額予定」と答えた企業は31%で、「減額予定」(10%)を大きく上回った。(2018/12/12)

「プライベートがなくなりそう」などの不安も:
将来は管理職になりたい? なりたくない? ビジネスパーソン1万人に聞いた結果は……
現代のビジネスパーソンは、管理職に就くことに興味はあるのか。エン・ジャパンがビジネスパーソン1万人に調査した結果を発表した。興味がある人は50%で、そうでない人は「プライベートがなくなりそう」などの不安を抱えていた。(2018/12/10)

人間関係に不満持つ人も多数:
26%の女性が給与の低さに不満 「総合職と同じ仕事内容だが、一般職は薄給」などの声
エン・ジャパンの調査で、働く女性の97%が仕事上の悩みを抱えていることが発覚。その内容は「給料が低い」が26%でトップ。「上司・同僚との人間関係」(11%)などの回答も多かった。(2018/12/5)

公的機関に速やかに相談しよう:
上司からの恫喝、報酬カット、退職届の受け取り拒否も こんなにある「悪質な引き留め」
退職時に引き留めされた経験は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を実施。その結果は……(2018/11/29)

推進企業は大企業・マスコミなどに多い傾向:
6割の企業が「ダイバーシティ推進」をやっていない 理由は「評判気になる」「悪影響が心配」
エン・ジャパンの調査で、約6割の企業が「ダイバーシティ推進」を実施していないことが判明。「顧客からの評判気になる」「既存社員への悪影響が心配」などの声が挙がった。推進している企業は、従業員数が1000人以上の大企業やマスコミ関係に多かった。(2018/11/26)

8割は「年下上司・女性上司」経験あり:
ミドル世代、上司が年下や女性でやりにくかった理由の1位は「上司の実力不足」
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンはこのほど、「年下上司・女性上司」について実施した調査結果を発表。ミドル世代で「上司が年下や女性だった経験がある」人は8割いた。(2018/11/20)

企業側も対応に苦慮か:
派遣社員の8割が「同一労働同一賃金」の意味知らず 「自分に影響する」との実感乏しく
派遣社員の8割が「同一労働同一賃金」の意味を把握していないことがエン・ジャパンの調査で分かった。正社員との待遇差を解消する目的があるが、派遣社員は「自分に影響する」と実感できないケースが多いという。企業側も対応を煮詰められない状態になっているようだ。(2018/11/15)

解決方法は?:
転職活動での悩みは? 「アピールポイントが分からない」「退職交渉が難航」などの声も
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは11月8日、転職活動についての調査結果を発表。多くの人が自分のアピールポイントや適性などが分からずに悩んでいることが分かった。回答者からは寄せられた具体的なエピソードでは……(2018/11/9)

半数以上は「転職後に年収上がった」:
年収アップ経験者の3割は「100〜149万円」上がったと回答 「ミドル」の転職事情 
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが35歳以上の転職経験者を対象に転職後の年収について調査を実施。52%が転職後に「年収が上がった」ことが分かったという。(2018/10/31)

「成功体験リセット」などがポイント:
転職コンサルタントが指摘 転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は……?
転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を行ったところ、活躍できないミドルの特徴として最多だったのが……(2018/10/29)

LINE×エン・ジャパン:
求人情報がLINEで届く「LINEキャリア」始動 狙うユーザーは“窓際族”?
LINEとエン・ジャパンの合弁会社LENSAが始動。LINEを使った転職求人情報の配信サービス「LINEキャリア」を始めた。トークを活用した面接対策の配信や、面接日のリマインド配信などにも対応する。(2018/10/22)

キャリアニュース:
働き方改革法案で「経営に支障が出る」と経営者、人事担当者の約5割が回答
人事担当者向け総合情報サイト「人事のミカタ」が「働き方改革法案」についての調査結果を発表。企業の経営者、人事担当者の約5割が、働き方改革法案で「経営に支障が出る」と考えていることが明らかになった。(2018/10/19)

軽視すると早期離職に:
給与、仕事内容、簡単さ…… 応募者3000人に聞く「バイト先選び」のポイントは?
アルバイト先を選ぶ際に、応募者はどんな点を重視しているのか――エン・ジャパン調べ。(2018/10/16)

女性の悩みを解決:
「転職先が見つからない」「新しい会社になじめない」――こんな不安を解消するには?
「転職先が見つからないのでは」との不安を抱える女性が多いことがエン・ジャパンの調査で判明。転職できた場合でも、なじめるかなどを心配する人が多かった。こんな不安を解消するための方法は?(2018/10/15)

関係を良くしようとする人も:
「職場の人間関係」が原因で転職した人は53% イヤだった点は……?
転職経験がある社会人の53%が、転職のきっかけに「人間関係」を挙げた。接するのが難しかった相手は「先輩」「同僚」などが多かった。一方、人間関係を良くするための工夫をしている人も存在した。(2018/10/9)

連載第2回「ロボ材活用最前線――AIが変える働き方と経営」:
人から「職を奪わない」ためのAI
人工知能が業務に導入されると失業が増えるのではないか。そんな不安を覚えている人はどのくらいいるのだろう。(2018/10/3)

労務費上昇も不安要素:
企業トップの5割、働き方改革法が「経営の支障になる」と予想 生産性ダウンの懸念も
企業の経営層は、翌春施行予定の「働き方改革法案」をどう捉えているのか。人材会社エン・ジャパンが調査結果を発表した。約半数の経営者が「経営に支障が出る」と考えていることが分かった。(2018/9/25)

81歳超えても働きたい人も:
30〜50代の8割が「定年後も働き続けたい」 今のうちから必要な準備は……?
定年後も働き続けたい30〜50代の“ミドル世代”は83%。人材会社エン・ジャパンの調査で分かった。必要な準備は「コネクション・人脈づくり」が最多だった。(2018/9/21)

キャリアニュース:
管理職になることに興味がある女性は25%――志望理由は給与アップ
エン・ジャパンが「女性の活躍」をテーマにしたアンケート調査結果を発表した。管理職になることに興味が「ある」と25%が回答し、その理由として「給与を上げたいから」「仕事の幅を広げたいから」などが挙がった。(2018/9/20)

あなたの職場でもきっとできる:
生産性向上の第一人者が厳選した“出社したくなるオフィス”5社
NTTデータ、Google、味の素、タマノイ酢、オトバンク……。「テレワーク時代」が到来する中、従来のオフィスの在り方を見直し「社員が来たくなるオフィス」作りに工夫を凝らしている企業もある。(2018/9/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。