ニュース
» 2012年11月20日 18時51分 UPDATE

NEC、無停止型サーバの新モデルを発売 処理性能を従来比1.5倍に

NECは、無停止型サーバ「Express5800/ftサーバ」において、処理性能を従来比1.5倍に向上させた新モデル4機種を発売した。

[ITmedia]
photo Express5800/R320c-M4

 NECは11月20日、無停止型サーバ「Express5800/ftサーバ」の新モデル4機種を発売した。プロセッサの刷新によって処理性能を向上させたほか、障害対策も強化したという。30日に出荷を開始する。

 発売したのは、Windows Server 2008 R2モデルの「Express5800/R320c-M4」「Express5800/R320c-E4」と、10年間の長期保守に対応するモデルの「Express5800/R320c-M4」「Express5800/R320c-E4」。それぞれインテルXeon E5-2600ファミリーの採用で、従来機(Express5800/R320b-M4)と比べて処理性能を1.5倍に向上させたという。

 仮想化ソフト「Windows Server 2008 R2 Hyper-V」に対応し、NEC独自の二重化制御チップ「GeminiEngine」を搭載。今回新たにメモリコピー高速化機能「NTB(Non-Transparent Bridge)」を備え、ハードウェアに障害が起きた際に復元するためのメモリコピー時間を従来機と比べて79%短縮したという。

 メモリを最大256Gバイト、ディスク容量を7.2テラバイトまで拡張できる。また、10GBase-Tネットワークポートを搭載するなど、高い拡張性を備えたという。価格はWindows Server 2008 R2モデルのR320c-M4が231万円、R320c-E4が153万円。長期保守対応モデルのR320c-M4が288万8000円、R320c-E4が191万3000円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ