ニュース
» 2012年11月21日 11時20分 UPDATE

Windows Server 2012対応の新サーバ群を発売 日立製作所

日立はWindows Server 2012に対応した「BladeSymphony」および「HA8000シリーズ」を発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は11月21日、Microsoft Windows Server 2012に対応した「BladeSymphony」および「HA8000シリーズ」のサーバ新製品を22日に発売すると発表した。ファームウェアアップデートツールの適用製品の拡充や、仮想化・クラウド環境向けに性能の向上も図っている。

tkhitch001.jpg BS500シャーシ

 Windows Server 2012対応の新製品は、BladeSymphonyシリーズのBS200、BS500およびHA8000シリーズ。StandardエディションもしくはDatacenterエディションのプリインストールモデルとバンドルモデルの2形態で提供する。これと併せてサポートサービス「日立サポート360」やHA8000シリーズで提供する「かんたん仮想化ソリューション」もWindows Sever 2012に対応する。

 またBS200とBS500、HA8000シリーズのRS220-h、RS210-hでは新たに「インテル Xeon プロセッサー」のE5-2637、E5-2609搭載モデルを製品ラインアップに追加。32GバイトのLRDIMMメモリもサポートし、最大メモリ容量をBS520HサーバブレードやRS220-h、RS210-hでは768Gバイトに拡大した。HA8000シリーズのRS110、TS10、SS10でも選択可能なプロセッサにインテル Xeon プロセッサー E3-1200 v2ファミリーを追加して処理性能を従来の最大約1.2倍に、ストレージ容量を従来の1.5倍に強化している。

 このほか、HA8000シリーズで提供しているファームウェアやドライバのアップデートツール「Hitachi Server Navigator」をBS2000やBS500でも利用できるようにした。

 新製品は11月28日から12月19日にかけて順次出荷を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -