ニュース
» 2013年01月30日 17時01分 UPDATE

日本生命、Oracle E-Business Suiteで会計システムを構築

日本生命保険は、2015年度から新たな会計システムを稼働する予定だ。

[ITmedia]

 日本生命保険は、会計システムを刷新して新たな経営情報基盤を構築する。システムを提供した日本オラクルが1月30日に発表した。

 日本生命が採用したのはERP製品「Oracle E-Business Suite」。補助簿・複数帳簿構成や管理項目設定の柔軟性、標準技術を活用していて他システムとの連携が容易な点などを評価した。

 2015年度から稼働予定の新たな会計システムは、主計部門のみならず、各部、支社なども含めた日常的な会計総務業務や決算業務を対象とする。業務効率化とともに、会計情報を活用した内部統制およびガバナンスの強化、経営管理の高度化などを実現していくという。

関連キーワード

会計 | Oracle E-Business Suite | 保険


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -