ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!財務・会計・経理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で財務・会計・経理関連の質問をチェック

関連キーワード

事件は新学期直前に
「学校」がサイバー犯罪者に狙われる“納得の理由”
教育機関を狙うサイバー攻撃が活発化している。オーストラリアのニューサウスウェールズの教育省も攻撃を受け、新学期の開始が危ぶまれた。教育機関が狙われる理由とは。(2021/10/22)

レジ会計のないサラダストア「CRISP STATION」 11月1日丸ビルにオープン
 カスタムサラダレストラン「CRISP SALAD WORKS」の運営を行うCRISP(東京都港区)は10月20日、レジ会計のないサラダストア「CRISP STATION」(クリスプ・ステーション)1号店を2021年11月1日より丸ビルにオープンすると発表した。(2021/10/21)

サラダを取る→食べる→スマホ決済 “レジなし”サラダ店 どこでも会計OK
サラダの自動販売機「CRISP STATION」が丸の内に。冷蔵庫からサラダを手に取り、好きな場所で食べた後、スマホ決済できる。(2021/10/21)

エーザイの「統合報告書」はなぜ読みごたえがあるのか 88の評価指標が導き出す企業理念の正しさの証明
企業理念の正しさを証明するために「財務諸表に表れない見えない価値」をどう伝えるか。人や研究開発への投資は事業の成長を願う当事者からすると不可欠なものだが、収益を可視化しにくいために投資家の理解を得にくい。データ分析を駆使してこの問題への答えを示したのがえエーザイCFOの柳 良平氏だ。(2021/10/20)

自社だけでなく:
取引先の請求書を電子化させる交渉テクニック
自社でいくらペーパーレス化を進めても、取引先が対応していなければ、それに合わせて紙での対応を余儀なくされます。取引先の請求書を電子化させる交渉方法について考えます。(2021/10/20)

企業が抱える3つの気候変動リスク:
AI活用で気候変動リスクはどこまで低減できるか
世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」が今後10年間で起こる可能性の大きい企業にとっての3大リスクとして「異常気象」「気候変動対策の失敗」「人間による環境破壊」を挙げるように、気候変動リスクへの対応は企業にとって大きな課題だ。ツールの活用でリスクはどこまで低減できるか。(2021/10/19)

誰でも明日から使えるワークフロー
Google WorkspaceとMicrosoft 365での業務フローを効率化するコツとは
テレワークにおいて、顔が見えないメンバーとの仕事を円滑に進めるには業務フローのデジタル化が有効だ。だが、これまでのワークフローシステムは新しい働き方に対応しきれない。弱点を克服する対策とは。(2021/10/19)

どう克服すべきか:
縦割りの大企業が「イノベーティブな企業風土」に変わるには コンプライアンス経営4つのポイント
大企業になればなるほど、企業内の組織の縦割りの考え方が無意識のうちに根を張り、強固になりがちだ。健全な企業風土のために、コンプライアンスの観点から満たすべき4つの条件とは。(2021/10/18)

ユニクロ事業が回復:
ファストリの8月期決算は過去最高益 来期は「値引依存からの脱却」図る
ファーストリテイリングは10月14日、2021年8月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2021/10/15)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

【漫画】スーパーに「大きい子が寝たとき用」のカートがあればいいのに! 4歳児ママが妄想する便利カートに「最高」「バチクソわかる」の声
商品化してほしい……!(2021/10/14)

大学が企業向けIT製品を教える訳【後編】
大学の「RPA」「BI」講義に学生からは高評価 その納得の理由
大学やベンダーが業務自動化ツールやデータ分析ツールなどの使い方を教える講義を開講し始めている。実際に講義を受けた学生の評価は。(2021/10/13)

矢継ぎ早にサービスを改定する「UQ mobile」の狙い auやpovoとのすみ分けは?
5G対応を機に一気にサービスを拡充したUQ mobileが、契約者獲得の勢いに弾みをつけている。一方で、KDDIへの統合以降、矢継ぎ早にサービスが改定されていったこともあり、UQ mobileの立ち位置の変化がいまいち伝わっていないようにも見える。UQ mobileはどんなユーザーをターゲットにし、auやpovoとはどのようにすみ分けを図っていくのだろうか。(2021/10/12)

タイで訪れた食堂、店員とうまく話せず「歓迎されてない」と思ったら…… 予想外のうれしい出来事描いた漫画にほっこり
毎日行きたい!(2021/10/12)

医療機関で進む「データ活用」【中編】
新薬の臨床試験に「データ」が起こす“ある変化”とは
質の高い医療を提供するために、医療機関や製薬会社の間でデータの活用が進みつつある。医療の現場で自然言語理解と自然言語生成などのデータ活用技術がどのように役立つのかを説明する。(2021/10/12)

あらゆるビジネスを「as a Service」に:
2021年のサブスクリプションエコノミーとZuoraの戦略
サブスクリプションへの取り組みはあらゆる業界で進むが、進捗の度合いはさまざまだ。Zuoraは、どのステージにあるビジネスでも支援できるよう、製品ポートフォリオを整えている。(2021/10/11)

「企業理念を売る」……IT系企業が紙の出版事業に相次ぎ参入
本を通して企業理念や価値観を伝えるだけでなく、これまで接点のなかった層に活動を知ってもらえるというメリットもあるようだ。(2021/10/11)

「企業理念を売る」……IT系企業が紙の出版事業に相次ぎ参入
IT企業による出版事業への参入が相次いでいる。クラウド会計のfreeeは10月、『ウルトラニッチ』を出版。本を通して企業理念や価値観を伝えるだけでなく、これまで接点のなかった層に活動を知ってもらえるというメリットもあるようだ。(2021/10/11)

ECサイトでの決済手段、クレカが最多 「後払い」で利用したい支払い方法もトップに
 後払い決済サービス「後払い.com」を提供するキャッチボール(東京都品川区)は、ECサイトにおけるスマホ決済の利用動向について調査を実施した。(2021/10/8)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ユニファイドコマースで結局何ができるのか? 成功企業に学ぶ“顧客体験の劇的な改善”
小売りのEC化が進む中、あらゆる情報を一元化し、顧客体験を高める「ユニファイドコマース」が注目されている。ユニファイドコマースは、どのような成功事例があるのか? 結局何ができるのか? 解説する。(2021/10/8)

エーザイCFOの「柳モデル」が証明したESG経営"見えない価値"の可視化手法とデータ分析の力
エーザイ CFOの柳良平氏は「日本企業は米英企業と比べ、財務諸表に表れない"見えない価値"への評価をほとんど得ていない。これを可視化することで企業価値は倍増する」。この企業価値を内外に示す枠組みとして提唱するの「柳モデル」はどういったものか。(2021/10/7)

【うっかり死にかけた体験談】悪化した巻爪の治療を受けたら、病院“の待合室”で意識が吹っ飛んだワケ
いろいろ痛そうなお話。(2021/10/23)

大学が企業向けIT製品を教える訳【前編】
UiPath、Power BI、Tableauを講義で勉強――大学が「RPA」「BI」を教える理由
カリフォルニア州立大学フラトン校が、会計学の講義の一つとして「RPA」ツールや「BI」ツールを扱う講義を開講した。これらのツールの使い方を実践的に教える講義は、大学や学生にどのような効果をもたらすのか。(2021/10/6)

20〜50%還元が継続、「超PayPay祭」も注目 スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
2021年10月のスマホ決済キャンペーンも、20〜50%還元のものが目立つ。10月18日〜11月28日に開催される大規模キャンペーン「超PayPay祭」では、多数の加盟店がクーポンを配信し、オンラインショップでもキャンペーンを行う。ドコモはd払いを初めて利用すると50%を還元するキャンペーンを実施している。(2021/10/5)

娘を亡くした客にバーテンダーがかけた言葉とは 漫画家がバイト時代の体験談を描いた漫画に反響
ご夫妻が元気であってほしい……!(2021/10/5)

連載・2021年、役員改革が始まった:
取締役の能力を一目瞭然にする「スキル・マトリックス」とは? 取締役会に迫る“改革の圧力”
東証の市場再編、CGコードの改訂によって、取締役会への改革の圧力が加速している。取締役のスキル・マトリックスの開示に関して、原則を実施するか、実施しない場合は理由を説明することが求められる。(2021/10/5)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
相次ぐ漏えい事件、本格的に狙われ出したSaaSベンダー 見過ごされてきた“死角”への対策は
クラウド化の波やコロナ禍の影響により、Webベースの業務アプリケーションが普及したため、悪意を持った第三者にとっては攻撃しやすい状況にある。今回は、最近漏えい事件が相次いでいる「業務アプリ」に焦点を当て、Webセキュリティを解説する。(2021/10/1)

サービタイゼーション:
サブスクとプロダクト販売の一括管理を実現、Zuoraの新ソリューション
Zuoraは2021年9月29日、サブスクリプションサービスを主体とした収益化を支援する、3つのソリューションとサービスの国内展開を開始すると発表した。(2021/10/1)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

レベニューオペレーションとは? RevOpsでバックオフィス業務の設計はどう変わるか
これからはCXが重要だと顧客情報の統合を進めたとしても、社内手続きが旧来通りの縦割り構造では、顧客体験も刷新できず「残念なまま」になりかねない。この状況を打開しようと、欧米を中心にレベニューオペレーション組織を設置する企業が増えているという。(2021/10/1)

「安全・安心」と「使い勝手」を両立:
PR:パスワードレス認証の起爆剤として大きな期待を集める「FIDO」
企業がDXを推進していく上で欠かせないセキュリティ対策。中でもユーザー認証は、正しく行われないとセキュリティ対策の根本が揺らいでしまう重要な要素であるが、さまざまな課題を抱えているパスワード認証が依然として多くのサービスで使われている。そんな中、近年注目され、採用が相次いでいるのが、FIDO(ファイド)の規格をベースにしたユーザー認証方式だ。(2021/9/27)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景は
Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。(2021/9/30)

クラウドニュースフラッシュ
トヨタ系地図サービス会社が、3大クラウドではなく「OCI」のDBMSを選んだ理由
国内企業の「OCI」の導入事例やクラウド利用状況調査の結果、「秘密計算」が可能なクラウドサービスの提供開始など、クラウドの主要なニュースを紹介する。(2021/9/30)

【お仕事楽しい】接客業経験者が客側で焦るとき、それは「レシートの端が赤い」とき……!
これは焦るわ。(2021/9/29)

紙印刷を「大幅」削減 花王が決算業務の効率化に向けSAPのクラウドプラットフォームを採用
花王は、決算業務の効率化に向けたプラットフォームとして、ブラックラインとSAPの共同ソリューション「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用し、稼働を開始した。同社の働き方改革とDXを実現する取り組みとは。(2021/9/29)

ターゲットはトラックドライバー:
超小型無人コンビニ、ガソリンスタンドに誕生 なぜ自販機じゃダメなの?
超小型無人コンビニが、千葉県のガソリンスタンドに誕生した。トラック運転手をメインターゲットとし、彼らの飲食需要に応えていくという。飲食需要に応えるだけなら、自販機でもいい気がするのが、なぜあえてコンビニの形態を採用したのだろうか?(2021/9/28)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】FOMCは無難に通過、利上げ見通しや中国恒大集団問題の不安後退など背景に米長期金利は上昇
中国恒大集団の経営不安の高まりは依然として払拭されていませんが、金融システムや中国経済への悪影響はひとまず回避できるとの見方が広がっています。(2021/9/28)

視点:
未来志向の経営を支援するDX
企業におけるDXとは「データとデジタル技術を活用して製品やサービス、ビジネスモデルを変革し、競争優位性を確立する」全社的な取り組み。コロナ禍で事業環境が大きく変化する中、その重要性は増している。(2021/9/27)

マイナンバーが“壁”になる場合も:
「100%内製は難しい」自治体はDXをどう進める? RPA導入から3年、茨城県庁が出した現実解
コロナ禍で進む非対面業務のニーズやデジタル庁の発足を機に、自治体のDXが進み始めている。企業と違って職員の異動が多く、法規制がからむ業務もある中、無理なく必要なデジタル変革を進められる体制をどう作るのか。数年間取り組みを進めた担当者に、県庁と受託企業が協力しながら作り上げたという体制や課題を聞いた。(2021/9/30)

サラダ専門店:
キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く
“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。(2021/9/24)

マネフォ、法人カード事業参入 最大5000万円の高額決済対応、後払いサービスも
マネーフォワードが法人カード事業に乗り出す。事業用プリペイドカード「マネーフォワードビジネスカード」の発行を開始し、事業支払いのキャッシュレス化を目指す。利用額の1%を独自ポイントで還元するほか、決済情報は、同社の会計システムと即時連携する仕組みだ。(2021/9/22)

次のキャッシュレスはB2B? 企業間取引にカードは使えるのか
B2Cのキャッシュレス化が進みつつある一方、企業間取引、B2Bのキャッシュレス化は進んでいない。特に、ほとんど進んでいないのが仕入れなどの企業間取引のキャッシュレス化だ。(2021/9/21)

Weekly Memo:
パブリックでもプライベートでもない「第3のクラウド」登場 脱オンプレからマルチクラウドまで見据えた内容とは
デジタル化の進展や働き方の変化でクラウドサービスが普及する一方「まだ多くのIT資産はオンプレミスにある」との独自調査を基に、IIJが新たな取り組みを始めた。脱オンプレの課題を解消しつつ「マルチクラウド」のニーズを意識したという内容から見えてくる、クラウド市場の今後とは。(2021/9/21)

「オンライン診療」 自宅の画面で医師と対面 コロナ禍で普及
スマホの画面越しに医師が呼びかける。こんな「オンライン診療」が広がっている。アプリで予約、診療、会計まで完結するとともに、処方箋・服薬指導も補完され、薬が自宅に届く合理的なシステムだ。患者側には時短で手軽に診療が受けられるメリットがあり、医療側にも新規患者の獲得という期待感もあるという。(2021/9/21)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
変化の激しい現在、多様性を認めることが競争力を高める重要なカギ――SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 辻裕里氏
2025年に向け、「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」というビジョンを推進するSUBARU。自動車・航空宇宙の両事業で着実なる持続的成長への足場を固めている。(2021/9/21)

「オンライン診療」 自宅の画面で医師と対面 コロナ禍で普及
コロナ禍で「感染が怖い」という受診控えの受け皿として、一気に認知された。患者側には時短で手軽に診療が受けられるメリットがあり、医療側にも新規患者の獲得という期待感もあるという。(2021/9/20)

「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
初日とはいえ、なかなか厳しそう。(2021/9/18)

「車の中でも沢山泣いた」 ダルビッシュ聖子、兄・山本“KID”徳郁さん命日に“乾杯” 兄への思い明かす
徳郁さんは、2018年に胃がんで亡くなりました。(2021/9/18)

請求処理自動化サービス「invox」、導入企業数累計1000社を突破 提供開始から約1年半
 Deepwork(東京都新宿区)は9月15日、提供する請求処理自動化サービス「invox」の導入企業数が、累計1000社を超えたと発表した。(2021/9/17)

海外医療技術トレンド(75):
米国の医療DXを支えるブロックチェーンと分散台帳はオバマ政権時代からの積み重ね
本連載の第23回や第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。(2021/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。