ニュース
» 2013年02月22日 12時51分 UPDATE

クロスチャネルのO2Oマーケティングサービスを提供、日本情報通信

日本情報通信は、IBM製の「スマーター・コマース」向けソフトウェア製品をクラウドサービスで提供する。

[ITmedia]

 日本情報通信は2月22日、オンラインとオフラインの購買活動を相互連携させる「オンライン・ツー・オフライン(O2O)マーケティング」向けのクラウドサービス「Interactive Marketing On Demand」を開始した。

 新サービスは、IBMの「スマーター・コマース」向けソフトウェア製品を月額料金で利用できるもの。キャンペーン管理の「IBM Campaign」、eコマースの「WebSphere Commerce」、受発注管理の「Sterling Order Management」、データ連携の「Sterling B2B Integrator」「Sterling Connect Direct」などをそろえる。

 これらを利用することで、ユーザー企業では複数の顧客接点におけるマーケティングから販売、調達までのプロセスの自動化と統合化が図れるという。

ibm001.jpg サービス概念図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -