ニュース
» 2013年03月28日 14時50分 UPDATE

NTT Comがパブリッククラウド「Cloudn」を機能拡張 膨大アクセスに対応

NTTコミュニケーションズが提供するパブリッククラウドサービスに、アクセス状況に応じて仮想サーバを自動的に増減する機能などが追加された。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月28日、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」を機能拡張し、同日より提供開始すると発表した。

 最新サービスでは、アクセス状況に応じて仮想サーバを自動的に増減する「Auto Scaling」機能、大容量トラフィックを自動的に負荷分散させる「Load Balancing Advanced」機能、仮想サーバやデータベースを複数のデータセンターに分散して構築・運用できる機能などのメニューを拡充。これにより、例えば、大規模で膨大なアクセスへの対応や高い信頼性が要求されるソーシャルゲーム、ECサイトなどのシステム基盤として利用できるようになるという。

 また、PaaSサービス「Bizホスティング Cloudn PaaS」を本格的に提供開始し、カスタマポータルから直接購入、利用できる形にした。

Bizホスティング Cloudnを利用したシステム構成イメージ Bizホスティング Cloudnを利用したシステム構成イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -