ニュース
» 2013年05月28日 16時07分 UPDATE

企業向け無線LAN機器市場とイーサネットスイッチ市場が大幅なプラス成長に――IDC調査

IDC Japanが発表した国内ネットワーク機器市場の2012年の実績と予測によると、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器のいずれの製品分野も2011年の実績を上回り堅調な伸びを示していることが分かった。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月28日、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を含む国内ネットワーク機器市場の2012年の実績と予測を発表した。2012年の同市場は、企業のネットワークへの投資回復と、モバイルトラフィックの増大を背景とする移動体通信事業者の活発な設備投資が市場をけん引し、2011年の実績を上回ったことが分かった。

 好調だった2012年の国内ネットワーク機器市場では、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器のいずれの製品分野も2011年の実績を上回っている。特に、企業向け無線LAN機器市場とイーサネットスイッチ市場は、前年比成長率がそれぞれ41.4%増、13.0%増と大幅なプラス成長を達成した。2012年の市場規模は、イーサネットスイッチ市場が1786億6700万円、ルータが前年比0.6%増の1187億3700万円、企業向け無線LAN機器市場が208億7100万円となった。

 企業向けネットワーク機器市場では、企業の投資回復傾向や更新需要サイクルの高まりによって、企業向けルータ、企業向けイーサネットスイッチ市場のいずれにおいても前年比成長率で10%以上のプラス成長になった。また、通信事業者向け市場では、移動体通信事業者向け売上が引き続き堅調で、市場の主たるけん引役となっている。ただし、移動体通信事業者向け市場において、イーサネットスイッチの需要は年間を通じて堅調だったが、移動体通信事業者向けのルータ売上は、2012年後半にやや減速感がみられたという。

 2012年の国内ネットワーク機器市場では移動体通信事業者の需要を捉えたベンダーや、企業向け市場で大型案件を獲得したベンダーが好調だった。ルータ市場においては、シスコシステムズ、アルカテル・ルーセント、富士通、NECの好調さが際立っている。また、イーサネットスイッチ市場ではシスコシステムズ、富士通、日立電線の上位3社が大きく売上を拡大した。

 今後のネットワーク機器市場は、通信事業者の投資や企業の更新需要動向によって増減するものの、市場規模は安定的であると予測。2012〜2017年の年間平均成長率は、ルータ市場が1.2%増、イーサネットスイッチ市場が1.2%減、企業向け無線LAN機器市場が1.0%増になるとIDCは予測している。

idc0528.gif 国内ネットワーク機器市場 製品別エンドユーザー売上額予測、2008年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -