ニュース
» 2013年06月12日 16時08分 UPDATE

日本IBM、BIソフト最新版でビッグデータ活用を強化

日本IBMはBIソフトウェア製品の最新版「IBM Cognos Business Intelligence V10.2.1」を発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは6月12日、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェア製品の最新版「IBM Cognos Business Intelligence V10.2.1」を発表した。

 新製品は、分析対象データの量や種類の爆発的な増加、多様化する分析結果に関する表示への対応強化、処理のさらなる迅速化のためのパフォーマンス強化など、新たな機能の追加や拡張を実施した。

 ビッグデータの活用においては、IBMのHadoop基盤を構築するソフトウェア製品「IBM InfoSphere BigInsights」、ならびにCloudera、Houstonworks、Amazon Elastic MapReduceなど、主要なHadoop基盤との連携が可能となった。表示および表現の強化では、ユーザーの多様化する要望を実現する機能「RAVE(Rapidly Adaptive Visualization Engine)」を実装し、より視覚的に表現することが可能になっている。

 さらにパフォーマンスの面では、インメモリDB上のデータをBI分析のために呼び出し構成する機能「Dynamic Cube」を拡張し、メモリ使用効率の最適化などによる処理の高速化を実現している。特にIBMのハイブリッドデータベース基盤ソフトウェア「IBM DB2」の最新版(V10.5)が搭載する高速データ分析処理機能「BLUアクセラレーター」との連携により、従来のDB2(V10.1)との連携に比べ、分析のためのデータの読み込み速度は18倍、クリックしてから結果を表示するまでの応答時間は14倍、それぞれ高速化している。

 また、オフラインでも利用できるレポート機能「Activeレポート」の構造や圧縮技術を改良した。これにより、従来の10倍のデータを用いたレポートの作成が可能になり、モバイル端末から読み込むレポートの表示速度の向上を実現しているという。

 新製品のライセンス使用料金は1526万3535円(税込、100名のWeb/モバイルレポート参照ユーザー)。同日よりIBMおよびIBMパートナー経由で提供を開始する。

関連キーワード

IBM | BI | ビッグデータ | データベース | DB2 | Apache Hadoop


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ