ニュース
» 2013年08月13日 16時51分 UPDATE

インターネットやモバイルの通信速度を瞬時に推定する技術、NECが開発

NECは、インターネットやモバイルネットワークの通信速度を瞬時に推定する通信速度推定技術を開発した。

[ITmedia]

 NECは8月13日、インターネットやモバイルネットワーク(3G、LTE)の通信速度を瞬時に推定する通信速度推定技術を開発したと発表した。同技術により、通信速度に応じた質の高いサービスの提供が可能になるとしている。

 開発された通信速度推定技術は、わずかなデータ量の転送で通信速度を1秒以内に推定し、最新の通信速度に合わせたデータ制御が可能になる。同技術を用いることで、例えば、通信事業者では端末の通信速度の変動を低負荷でモニタリングでき、IP電話サービスなどの品質向上につながるという。また、映像配信やWebサービスを提供するコンテンツ配信事業者では、映像配信の画質を通信速度の変動に追随させ、途切れのない安定した動画の提供や、通信速度に合わせて配信するデータのサイズを最適化することで、応答性能が高いWebサービスの提供できるとしている。

 さらに、通信事業者やコンテンツプロバイダーが同技術をアプリケーションとして提供することで、スマートフォンなどのモバイル端末では、画面に通信速度の変動をリアルタイムに表示する「見える化」が実現できる。またモバイル端末の利用者が、モバイルネットワークと無線LANのうち通信速度が速い回線をサービス利用前に選択することなども可能になるという。

 開発した新技術は、パケットサイズが異なる複数のパケットを、サイズの順に等間隔で送信し、受信側で各パケットの受信間隔が広がり始める位置を調べ、その位置とパケットサイズを基に通信速度を推定する点が特徴だ。モバイルネットワークを用いた評価実験で、わずか1秒以内に80%以上の精度で推定でき、一般的なデータ転送による測定方法と比較して、推定時間を40分の1に短縮できる。最新の通信速度をサービス提供の直前に推定でき、コンテンツ配信制御のパラメータ設定などが可能だという。推定に用いるパケットサイズの合計は数十キロバイトであり、一般的なデータ転送による測定方法に比べネットワークにかかる通信負荷を180分の1に軽減し、ネットワークにほとんど負荷をかけないため、通信速度を繰り返し推定することが可能できる。

 NECでは今後、ネットワークのモニタリングシステムやサーバ等に同技術の適用を進めることで、動画配信やIP電話サービスの品質向上に貢献するとしている。

nec0813.jpg 技術の提供イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -