ニュース
» 2013年09月03日 17時06分 UPDATE

導入事例:ニューオータニ、北京のホテルに基幹業務ソフトを活用したシステムを構築

中国・北京のホテルニューオータニ長富宮は、NECのソフトウェアを利用して宿泊管理、顧客管理、宴会管理、インターネット予約、ポイント管理の基幹業務システムを構築した。

[ITmedia]

 中国・北京の長富宮飯店(ホテルニューオータニ長富宮)が宿泊管理、顧客管理、宴会管理、インターネット予約、ポイント管理の基幹業務システムをNECのソフトウェアを活用して構築した。NECが9月3日に発表した。

 長富宮飯店では宿泊管理・顧客管理・売上管理を行うNECのホテル業向け基幹業務ソフト「NEHOPS」を採用。売上や顧客データの分析に要する時間を従来の手作業に比べて1日あたり3時間短縮した。NECが納入した既存のIP電話システムと連携し、宿泊者への電話料金の課金制御、不在時のボイスメールシステムの起動、内線の際のフロントでの宿泊者名の表示などが可能になった。ホテル業務の円滑な遂行を実現したという。宴会や婚礼の商談管理・会場管理・精算などを一括で行う宴会システムには、NECのクラウドサービスを利用している。

 さらに、長富宮飯店ではインターネットから宿泊予約や商品購入が可能なポータルサイトも構築した。基幹業務システムでは中国・DerbySoftのデータ変換サービスを利用して、世界のさまざまなインターネット予約サイトと連携し、予約情報を一元管理できるようにした。会員管理にはNCR-Handingのソフトを利用し、顧客の「ポイント・クーポン・デポジットカード」の情報を一元管理している。

 NECは、1970年代からホテル向けの業務システムを提供している。2008年から中国市場でNEHOPSの販売し現在50以上のホテルに導入されているという。NECはこの実績を生かし、中華圏で「NEHOPS」の拡販を積極的に進めたい考え。APAC地域への展開やホテル向けソリューションのグローバル展開も図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -