ニュース
» 2013年09月04日 17時02分 UPDATE

導入事例:クラウドサービスで災害対策環境を短期間で構築 アサヒグループ

アサヒグループは、CTCのパブリッククラウドサービスなどを利用した災害対策環境を構築した。

[ITmedia]

 アサヒグループホールディングスは、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のパブリッククラウドサービス「TechnoCUVIC」と物理サーバストレージを組み合わせた災害対策環境を構築した。CTCが9月4日に発表した。

 アサヒグループでは、東日本大震災を契機に、IT部門とアサヒグループ各社にITサービスを提供する子会社であるアサヒビジネスソリューションズを中心に、事業継続に関するシステム検討を実施した。アサヒグループは、利用者が本番システムと変わらないユーザーインタフェースで、かつ、可能な限りコストを圧縮して構築期間の短縮を図れることを災害対策環境の構築の方針に打ち出した。

 CTCは、TechnoCUVICを活用し、高速ストレージサービスとデータセンタ間を接続するネットワーク通信網サービスを含めたCTCのDRアウトソーシングサービスによって、アサヒグループの災害対策環境を短期間で構築した。アサヒグループの災害対策環境には、阪神淡路大震災の際にノンストップでサービスを提供したCTCの神戸コンピュータセンターが選定されている。

アサヒグループ災害対策環境 システム構成 アサヒグループ災害対策環境 システム構成

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ