ニュース
» 2013年11月11日 18時00分 UPDATE

三菱重工業とNEC、船舶向けエネルギー需要予測システムを共同開発

2社の技術・ノウハウを組み合わせて、船舶運航の省エネルギー化を実現する「船舶向けエネルギー需要予測システム」を共同開発する。

[ITmedia]

 三菱重工業とNECは11月11日、NECのビッグデータ分析技術を活用し、船舶運航の省エネルギー化を実現する「船舶向けエネルギー需要予測システム」を共同開発すると発表した。同システムは、三菱重工業が2014年度末までに販売を開始する予定だ。

 共同開発する「船舶向けエネルギー需要予測システム」は両社の技術・ノウハウを組み合わせ、船舶において収集した過去のエネルギー消費量・天候・気温・時刻などの各種データを基に、将来のエネルギー需要量を予測する。同システムの予測技術には、ビッグデータに混在する多数の規則性を自動で発見する、NECの「異種混合学習技術」を活用する。

 同システムを利用し、高精度なエネルギー需要予測に基づいたエンジンや発電機の稼働率や稼働台数の制御などを行うことで、船舶運航の省エネルギー化を実現し、運航コスト削減や環境負荷低減に貢献するという。

 三菱重工業は、今回の「船舶向けエネルギー需要予測システム」や、自社開発した「三菱空気潤滑システム」など先進の環境技術を提案し、新造船や既存船舶のバージョンアップ工事(レトロフィット)の受注拡大に取り組んでいく。

 またNECは、異種混合学習技術を用いたエネルギー需要予測システムのビルエネルギー管理システム(BEMS)などへの適用を進めるとともに、ビッグデータ関連の分析技術やソリューションを継続強化することで、顧客の新たな価値創造に貢献するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ