ニュース
» 2013年11月25日 17時14分 UPDATE

オンプレとクラウドの統合運用管理へ、富士通が新版ソフトを発売

オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウド環境を組み合わせて構築されるハイブリッド環境をワンストップで管理するための統合運用管理基盤を発表した。

[ITmedia]

 富士通は11月25日、システム運用管理ソフトウェアの最新版「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager V15」を発売した。

 Systemwalker Centric Managerは、システム全体の資産情報と監視情報を統合管理できるソフトウェアとして、オンプレミス環境、プライベートクラウド環境、複数のパブリッククラウド環境を組み合わせてシステムを構築するハイブリッド環境に対応し、導入からシステム監視、対処までをワンストップで運用管理できる。同社独自の視認性や情報把握に優れた管理機能を備え、大量の監視メッセージが発生しても、重要度の高いメッセージだけを抽出して確認したり、カスタマイズもできる。

fujitsu01.jpg 管理画面イメージ

 また、AR(拡張現実)技術を用いる「FUJITSU Software Interstage AR Processing Server」と連携し、機器の運用状態の確認や、監視メッセージに応じた作業手順をスマートデバイスに表示させ、現場での運用作業を効率化するできる。さらに、垂直統合型の仮想化・プライベートクラウド基盤「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」とも連携し、クラウド全体の統合運用管理環境も提供する。

fujitsu02.jpg ARの活用イメージ

 製品群の税別販売価格は、「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager Standard Edition プロセッサライセンス V15」が50万円から、「Enterprise Edition」が100万円から、「Global Enterprise Edition」が700万円から、「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager クライアントライセンス V15」が2万円からとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ