ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Systemwalker」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Systemwalker」に関する情報が集まったページです。

スライムしか出ないダンジョンを周回していませんか:
「案件ガチャ」はなぜ起きる
IT業界解説シリーズ、第5弾は三次請け以降で働くエンジニアが知っておきたい「案件ガチャ」の発生メカニズムと攻略法を徹底解説します。(2019/9/2)

技術面から見た「みずほクラウド」の革新性:
PR:ミッションクリティカルシステムをクラウドに移行できた3つの技術的背景
金融大手みずほフィナンシャルグループが、プライベートクラウド基盤を本格稼働。リスク計測システムを含むミッションクリティカルシステムでもクラウド運用を実現した背景にある技術を探った。(2016/7/21)

データベースセキュリティの勘所:
PR:「狙われているのはデータ」──企業の機密情報、個人情報を効果的に守るには?
各種データの有効活用が企業の競争力を大きく左右する今日、これを狙ったサイバー攻撃が激化の一途をたどっている。富士通グループとオラクルは、データを中心に据えたセキュリティソリューションの提供により、Oracle Databaseを利用する企業の情報資産を守り続けている。[セキュリティ対策][Database Security](2015/11/24)

PR:マイナンバー制度開始直前、個人情報漏えい防止のために対策すべきこと
2016年1月にスタートするマイナンバー制度。国民一人ひとりに付与される12桁の番号を含む個人情報は「特定個人情報」に位置づけられており、取り扱いを誤ると社会的信頼を失う危険が潜んでいる。企業は情報漏えいのリスクに対し、どのような準備をすべきなのか――。(2015/8/17)

実践! IT資産管理の秘訣(7):
IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方〜推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供〜
一定規模以上の企業では必要不可欠となるIT資産管理ツール。複数のベンダーがツールを提供している中で、自社の目的に合うツールはどのように選べばいいのか? ツール選び、ベンダー選びの失敗しないチェックポイントを徹底解説する。(2015/9/16)

日本政策金融公庫、約2年半で3つの基幹システムを共通基盤に移行
一般企業でも3年以上かかるケースがあるITインフラの共通化を約30カ月で実現した。マルチベンダーの汎用機をオープン系に移行している。(2015/4/28)

複雑化・多様化する顧客のニーズに合わせ、適材適所にインテグレーション:
PR:ハイブリッドのメリットを最大限に引き出し、クラウドの“最適解”を提供する
「FUJITSU Cloud Initiative」で顧客に最適なクラウドを提供する富士通。マイクロソフトの「Cloud OS Network(COSN)プログラム」にも他社に先駆けて参加し、より密接な協業体制を築いている。富士通の門間仁氏に、COSNプログラム参加の背景や今後のクラウド戦略などを聞いた。(2015/2/23)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

富士通、プライベートクラウドでのOpenStack適用を支援
オープンソースのサポートサービスを中核に、ミドルウェアを含む基盤製品群での対応を図る。(2014/5/21)

PCサーバー「PRIMERGY」にインメモリ処理向けモデル
富士通のPCサーバー製品群「PRIMERGY」が新ラインアップを発表。ハードウェアやファシリティ情報を一括管理するツールの提供や、インメモリ処理の実行を念頭に、メモリ容量を拡大したハイエンド製品も盛り込まれた。(2014/5/14)

富士通、マルウェア検知後の対応プロセスを自動化するソフトを発売
富士通社内での運用実践では初動対応までに要する時間を約97%短縮できたとしている。(2014/5/7)

製造IT導入事例:
富士通テン、基幹システムの稼働監視を一元管理――富士通とオラクルの製品連携で
複数ベンダーの製品で構成される基幹システムの稼働監視を「FUJITSU Software Systemwalker」上で一元管理できる環境を構築。発生した障害を自動的に検知し、アラートの重要度やエラーメッセージの内容などを管理画面上で確認できるようにした。(2014/3/18)

富士通テン、基幹システムの運用管理を一元化
オラクルの「Oracle Enterprise Manager」と富士通の「Systemwalker」を導入し、両製品の連携によって基幹システム全体の一元管理を実現したという。(2014/3/18)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

オンプレとクラウドの統合運用管理へ、富士通が新版ソフトを発売
オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウド環境を組み合わせて構築されるハイブリッド環境をワンストップで管理するための統合運用管理基盤を発表した。(2013/11/25)

運用管理ツール情報:
富士通、マルチクラウド環境の統合運用管理ツールの新版を発表
富士通はクラウドサービス拡充に合わせ、統合運用管理ツール「Systemwalker」の新版を発表した。(2013/11/25)

運用自動化ツールまとめ(国内ベンダ編):
工数削減だけじゃない、自動化ツールの真のメリット
運用自動化というと「人員削減」「コストが掛かる」といったネガティブな見方をする向きも多い。だが仮想化、クラウド時代において運用自動化とはそれほど単純なものではない。国内ベンダ4社のツールに真の意義を探る。(2013/11/8)

富士通、業務でのモバイル活用を支えるソフトウェア群を一挙発売
モバイル活用型システムの開発・実行基盤やセキュリティ管理、データ収集、ビッグデータ分析・予測などの製品を提供する。(2013/4/24)

運用自動化製品カタログ
統合運用管理製品ベンダーがラインアップしている運用自動化製品群。その中から国内シェア上位7社の製品を紹介する。(2013/2/27)

運用自動化製品紹介【第7回】
可視化、自動化、標準化でITILに沿った運用を支援する「Senju Family 2013」
運用自動化機能にフォーカスし、統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は野村総合研究所の「Senju Family 2013」を紹介する。(2013/2/15)

コンプライアンス、セキュリティへの危機意識が増大
【市場動向】“システムの可視化”と分かりやすさがIT資産管理ツールの鍵に
無駄なコストの削減が主目的だったIT資産管理も、仮想化、クラウドの浸透によってその意義が変化している。IDCジャパンのアナリスト 入谷光浩氏の話から、IT資産管理ツールに対する企業の期待を探る。(2013/2/8)

運用自動化製品紹介【第6回】
ITILに準拠した運用管理作業を自動化する「IBM SmarterCloud Foundation」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は日本アイ・ビー・エムの運用自動化製品群「IBM SmarterCloud Foundation」を紹介する。(2013/1/31)

運用自動化製品紹介【第5回】
ユーザーのITリソース入手をセルフサービス化する「CA Automation Suite for Clouds」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回はCA Technologiesが提供する運用自動化製品群「CA Automation Suite for Clouds」の中核製品「CA Process Automation」を紹介する。(2013/1/24)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

運用自動化製品紹介【第3回】
プライベートクラウドの実現を視野に入れた「WebSAM vDC Automation」
運用管理の煩雑化に伴いニーズが高まっている運用自動化製品。本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回はNECの運用自動化製品「WebSAM vDC Automation」を紹介する。(2012/12/21)

運用自動化製品紹介【第2回】
構成情報に基づいて自動運用を最適化する「Systemwalker Runbook Automation」
本連載では、ニーズが高まっている運用自動化機能にフォーカスし、国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は富士通の運用自動化製品「Systemwalker Runbook Automation」を紹介する。(2012/12/13)

富士通、垂直統合型データベースマシンを発売 「性能はオラクルと同等」
富士通がインメモリ型のデータベースアプライアンス製品を発売。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせてチューニングを済ませた状態で出荷するため、設置したその日から利用できるという。(2012/12/7)

富士通が「垂直統合型」ラインアップを発表:第一弾はOSSを活用したSymfoware+PostgreSQL
富士通の垂直統合型システムはSymfowareの利便性とOSSの拡張性を両立させた構成になるようだ。(2012/12/6)

運用自動化、障害の原因特定、一元管理へのニーズが増大
【市場動向】要員削減を受け、統合運用管理ツールは簡単・シンプルが鍵に
統合運用管理製品のトレンドを掘り下げると、現場が抱える課題と対策の傾向が見えてくる。IDCジャパン シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏の話から、運用管理に対するユーザーの期待と投資の方向性を俯瞰した。(2012/10/26)

ホワイトペーパー:
知らないとかなり損する。使えばこんなにラクになる。Oracle Database環境の開発・運用効率の決め手とは?
正しいマネジメントツール選びとその活用が開発・運用効率を左右する。例えば「システムのレスポンスが悪い」というユーザーからのクレームに対して、性能を悪化させている個所を特定し、原因を分析し、問題を解決するまでどれだけの手間と時間を要しているか考えてほしい。(2012/10/11)

富士通が提供するデスクトップ仮想化ソリューション
自由度の高いデスクトップ仮想化を実現するベストプラクティス
クライアント管理にまつわるさまざまな課題を解決してくれるデスクトップ仮想化だが、その運用管理に十分気を配っておかないと、思わぬトラブルや出費を余儀なくされるかもしれない。(2012/10/9)

激動の経営環境を支えるアプリケーションサーバの切り札:
PR:ICT資産の効率活用と“止まらないシステム”の短期構築を実現するInterstage
目まぐるしい経営環境の変化に加えて、仮想化、クラウドといった新たな技術への対応に伴い、多くの企業では「ICT資産の最適化」や「システムの短期構築」が急務となっている。これらの課題を解決するのが富士通のアプリケーションサーバ「Interstage」だ。(2011/12/6)

サーバ3000台の集約で国内最大級のプライベートクラウドを構築へ、デンソーグループ
デンソーグループ50社が運用する約3000台のサーバを集約して、プライベートクラウド環境を構築する取り組みが進んでいる。(2011/10/19)

カスペルスキーCEOインタビュー 「ライバル追撃に自信」
ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labは、2011年春に日本での法人ビジネスを強化すると表明した。秋には新製品をリリースし、国内市場で圧倒的シェアを持つライバル企業に挑むという。(2011/9/8)

富士通、Azure対応ミドルウェアをマーケットプレイスで販売
富士通はWindows Azureに対応した基幹システム向けミドルウェアをWindows Azure Marketplaceで販売する。世界初の取り組みだという。(2011/7/29)

スマートグリッド:
富士ゼロックスと富士通、パソコンや複合機の消費電力を見える化
両社の機器管理ソフトウェアを連携して、PC、複合機・プリンタの稼働状況と消費電力を一元的に見える化した。(2011/2/7)

Weekly Memo:
IBMとHPを追撃、富士通のグローバルパートナー戦略
富士通がグローバルでのクラウドサービス事業拡大に向け、パートナー戦略を積極的に推し進めている。果たしてIBMやHPを追撃することができるか。(2010/9/21)

電子帳票システム導入の注目ポイント
不況に強い? 中堅・中小企業で加速する電子帳票導入
長引く景気低迷によりIT投資が低迷を続ける現在、なぜか中堅・中小企業で電子帳票システムの導入が活発になっている。不況だからこそ注目される電子帳票のメリットとは何だろうか?(2010/5/19)

情報通信技術で「Green of」と「Green by」に貢献――「富士通フォーラム2010」リポート
(2010/5/17)

自社データセンターでも運用:
富士通、クラウドを支えるソフトウェア製品群を発表
富士通はクラウド環境のプラットフォームとなるソフトウェア製品群を発表。IBMに続いて2社目、そして国内ベンダーとしては最大のラインアップだと認識しているという。(2010/4/14)

ネットから文書郵送「Webゆうびん」 富士通がシステム構築
ブラウザ上のフォームから入力した文書などを普通郵便・速達として送れる「Webゆうびん」のシステムは富士通が構築した。(2010/3/23)

NEWS
青山商事、富士通のICT基盤と連携した新在庫管理システムを導入
24時間稼働の物流センター開設に伴い、自社の物流システムと富士通の在庫管理システムを連携した在庫の一元管理システムを導入した。(2010/3/16)

青山商事、新在庫管理システムを本格稼働
紳士服販売の青山商事は、物流を担う「千葉センター」の開設に伴い、新たな在庫管理システムを本稼働させた。(2010/3/15)

富士通、ITILに基づいたアプリケーション構成管理ツールを発表
富士通は企業内データセンターにおけるアプリケーション変更作業を自動化する「Systemwalker IT Change Manager」を発表した。(2009/10/20)

Oracle GRID Centerで検証:
日本オラクルと富士通、運用管理ソフトの相互連携を確認
日本オラクルと富士通の共同検証により、SystemwalkerとOracle Enterprise Managerの連携が確認された。その結果Oracle Enterprise Managerは、Systemwalker Enabled認定を取得したという。(2009/9/16)

富士通とMS、ミドルウェア分野で戦略協業
富士通とMSがミドルウェア分野で戦略協業。富士通のグループウェアにSharePoint Serverを組み込んだ製品を開発した。(2009/8/4)

エンタープライズに注力するMS:
富士通とマイクロソフト、グループウェアの新製品を共同開発
富士通とマイクロソフトは「Teamware」に「Office SharePoint Server」を組み込んだ新グループウェアを提供すると発表した。(2009/8/3)

アナリストの視点:
「運用管理」が企業ITのエコ化を促す――ノークリサーチ
企業は多数のITプラットフォームを導入する一方、IT管理を先送りし、今まさにそのツケを払わされようとしている。解決策としての運用管理ソリューションを市場調査から読み解く。(2009/6/29)

オフィスPCを4割省電力化 富士通、環境負荷低減を支援する運用管理ソフト
富士通が、オフィスPCなどによる環境負荷の低減を支援する運用管理ソフトを発表。オフィスPCの省電力化や、消費電力・CO2排出量の見える化、印刷用紙の削減を支援する。(2009/5/11)

電源設定やプリント数を一元管理:
富士通、PCの環境負荷を統制するソフトウェアを提供
富士通はSystemwalker Desktopシリーズに環境負荷低減を支援する機能を追加した「Desktop Patrol V14g」と「Desktop Keeper V14g」を追加。5月8日より販売開始する。(2009/5/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。