ニュース
» 2014年01月17日 07時38分 公開

Facebook、ニュースフィードにTwitterの「トレンド」に似たコーナー開設へ

Facebookが、Facebook内で話題になっているトピックをリアルタイムで表示する「Trending」コーナーをニュースフィードの右上に設置すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは1月16日(現地時間)、ニュースフィードの右上にFacebook内でリアルタイムで話題になっているテーマを表示する「Trending」というコーナーを開設したと発表した。まずは米国など一部の国で“ローリングアウト”するという。

 trend 1

 Trendingは、「ユーザーがFacebook全体から最良のコンテンツを発見するために、ユーザーが興味を持ち、ユーザーに関連性の高い“会話”を表示する新しいサービス」。Facebook全体での流行を、ユーザー個人のそれまでのアクティビティでパーソナライズして表示するという。

 米Twitterの「トレンド」に似ているが、幾つか相違点もある。

 trend 2 Twitterの「トレンド」は多くのTwitterユーザーがツイートしている単語をリアルタイムで自動的に抽出する

 Twitterのトレンドはトピックの単語が並ぶだけだが、FacebookのTrendingはトピックの右横に概要が表示される。例えば上の図では「24」だけでは何のことか分からないが、説明によって米Foxの人気ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の話題だと分かる。この説明は、投稿のタイトルから流用している。

 Trendingのトピックをクリックすると、そのトピックに関連する投稿をまとめて表示するページが開く。

 trend 3 Trendingのテーマ別ページ

 Facebookは、このページにはそのトピックに関する「友達やページの投稿」が表示されると説明しているが、友達でなくても「公開」設定での投稿や「フォローする」を有効にしている個人やページからの投稿が表示されるようだ。

 また、幾つかのメディアサイトが指摘していることだが、Facebookの投稿はTwitterとは異なり公開設定ではなく「友達の友達まで」などの設定で投稿されるものが多いため、Twitterのようにユーザー全体で流行しているトピックが表示されるとは限らないことになりそうだ。

 Facebookは昨年から、Facebookページのコメント欄の「返答」機能や投稿のハッシュタグ機能、ニュースフィードでのコメントのついた投稿の優先表示など、“会話”を重視したサービス改変に注力している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -