ニュース
» 2014年08月28日 14時01分 UPDATE

導入事例:日本写真印刷、インメモリ対応クラウドで国内初のERP運用をスタート

マネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」上で国内初となるSAP ERPの稼働を開始した。

[ITmedia]

 日本写真印刷は、グループの経営戦略を支えるシステム基盤として、SAPが日本に開設したデータセンターで運用するマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」上に、インメモリ対応のSAP ERPを構築、国内で初めて稼働を開始させた。SAPジャパンが8月28日、発表した。

 日本写真印刷は2010年から国内外29社のグループ共通の経営基盤としてSAP ERPをオンプレミスのグローバルシングルインスタンスで運用してきた。しか、自社ビジネスを取り巻く環境の急激な変化に伴って、より柔軟に対応でき、より早い意思決定を下せる経営基盤が必要と判断した。クラウドとインメモリ技術を経営基盤となるシステムに適用することを検討していた。

 この適用がどう寄与するのかを検証する目的も含め、日本の製造業では初めて分析系に「SAP BW powered by SAP HANA」を導入し、活用してきたという。その結果、これまでの分析作業が格段に向上したこと、さらにSAP HANAの安定性や高機能性も高く評価したことから、基幹系システムへもSAP HANAの採用を決めた。同時に運用の簡素化と柔軟性の向上を目的に、基幹システムをSAP HANA Enterprise Cloudに移行することを決定した。

 移行プロジェクトはSAPジャパンのサービス部門が中心となって実施し、8月17日に約7カ月という短期間で完了した。本番環境での業務停止時間を最小化するため、「System Landscape Optimizationサービス」もフル活用した。

関連キーワード

クラウド | SAP HANA | ERP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -