ニュース
» 2014年09月08日 14時25分 公開

ITソリューション塾:それは「権限委譲」ですか? それとも「丸投げ」ですか?

「お前にこの仕事は任せた!」と威勢良く言っておきながら、仮に失敗したときにその責任を負わない。これは権限移譲とは決して呼べない。

[斎藤昌義(ネットコマース株式会社),ITmedia]

 「権限委譲」、仕事を任せ、責任感と自主性を育てる。その志はすばらしいのですが、なかなかうまくはゆかないもの。

 松下幸之助曰く、「権限委譲」とは「任して任さず」ということ。

「好きでやりたいと思っている人に自分の仕事の一部お任せする。ただし、任せた以上はあまり口出しをしない。失敗しそうなときははっきり注意する。例え失敗しても、その責任は全て経営者自らが負う」

 「君に任せたよ」と言っておきながら、失敗の責任を負わない。「せっかくあいつに任せたのに、期待を裏切られたよ」。そういう人に限って「私は部下を信頼して仕事を任すようにしているんですよ」という。これは、「権限委譲」ではなく「丸投げ」という。

 また、任せておきながら、細かいことにまで1つ1つ指示をするのも、任された方としてはたまったものではない。「任せてくれたんじゃないんですか? だったらもっと自由にやらせてもらえませんか?」と言いたくなるようでは任せたとは言えない。細かな指示命令は、自らの思考を停止させ、自主性、自発性を押さえ付けてしまう。

 「君に任せたよ」と言いながら、細かな指示を与える。この2つを同時に行い、それを「権限委譲」といってはばからないようでは、マネジャー失格だ。

 以前、ご一緒に仕事させていただいた会社で、このようなマネジャーにお目に掛かったことがある。見かねて彼にそのことを指摘すると、「彼らは、言ったことがちゃんとできない。だから細かく指示しないと失敗する。私の言う通りやっていれば、失敗はしない。」

 成功させることが目的であれば、これも理屈だろう。しかし、部下を育てることを目的とすれば、このやり方ではうまくいかない。

 任された方は、その結果に対して責任を果たさなければならない。好きなようにやって、結果はどうでもいいというわけではない。自分が結果を約束する、何が何でもやり通す、コミットメントができないのであれば、「権限委譲」を受け入れてはいけない。しかし、それを拒否することは、成長のチャンスを失うことでもある。

 任す方も任される方も、それぞれに自分の責任を果たす。そんなお互いに対する約束と信頼があってこそ、「権限委譲」はうまくいく。

 「最近の若い者は、言った通りのことをなかなかできなくて困りますよ」、「せっかく任せたのにできないなんて、彼にはがっかりです」

 そんな愚痴も聞かれるが、もし、本心からそう思っているようでは、部下との信頼関係はお寒いものだ。基本的な部下との関係ができていないことを自ら公言しているようなもの。

 「権限委譲」を仕事のパフォーマンス向上と部下の育成に役立てたいと思うのであれば、部下の見方、そして自分との関係をまずは見直すことから始めなくては、うまくいかないように思う。

 「権限委譲」は、あくまでも育成の一貫だ。マネジャーが楽をする手段ではない。この点について、チャートにまとめてみた。ご参考まで。

権限委譲(1)日常の業務と権限委譲された業務の違い 権限委譲(1)日常の業務と権限委譲された業務の違い
権限委譲(2)2つの業務の特徴 権限委譲(2)2つの業務の特徴
権限委譲(3)考慮点 権限委譲(3)考慮点

 ※本記事は斎藤昌義氏のオルタナティブ ブログ「ITソリューション塾」からの転載です。

斎藤昌義

ネットコマース株式会社・代表取締役

日本IBMで営業として大手電気・電子製造業を担当後、起業。現在はITベンダーやSI事業者の新規事業立ち上げ、IT部門のIT戦略策定やベンダー選定の支援にかかわる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -