ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失敗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失敗」に関する情報が集まったページです。

カービィに仕上げ損ねたドロドロの手作りお菓子に悲鳴 「何をコピーしてしまったのか」「ベトベトン?」
「錬成失敗」感すごい。(2020/2/18)

塩田流失敗しない製品選び術:
今どきプリンタ複合機はこう選べ!(前編)
オンラインショップの口コミや価格比較サイトなど、情報は多くなったものの、それゆえに製品選びが悩ましくなっていないだろうか。どうしたら大きな失敗をしない製品選びができるのか、ITライター歴35年の筆者がそのノウハウを伝授する。(2020/2/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
Slackで昭和の“化石マナー”押し付け……日本企業はなぜIT新サービスを改悪するのか
Slackで謎の「昭和風マナー」が押し付けられていると話題に。これまでも日本企業はこうしたIT導入に失敗してきた過去が。新システムを「日本型」に変えガラパゴス化することに。(2020/2/7)

候補になるベンダーは?
“AI推し”のベンダーには要注意 「ネットワーク自動化」の失敗しない選び方
ネットワーク機器の導入や運用管理を効率化する「ネットワーク自動化」製品はなぜ必要なのか。どのような利点があるのか。製品検討時に着目すべきポイントは。こうした疑問を解き明かす。(2020/2/5)

Computer Weekly製品ガイド
RPAに組み込むべきセキュリティ対策
RPAの利点は人の行動を模倣できる点にある。その原則を念頭に、botによる自動化のセキュリティ対策を講じ、セキュリティの失敗を防止しなければならない。(2020/2/4)

DX時代のERP選定をITアナリストが考察
もう失敗したくない「ERPの標準プロセスにウチも合わせろ」でうまくいくのか?
今あるレガシーシステムを捨ててERPをクラウドに乗り変え、標準化すればいい――。自社のデジタル変革をそう簡単に考えていると再びレガシーシステムを抱え込むリスクがあるという。警告するアナリストに話を聞いた。(2020/1/29)

奈良市職員が駅のホームを飛び移る動画が拡散され物議 市は謝罪のうえ「厳正に対処」
走り幅跳びで隣接ホームへ渡ろうと試みて失敗し、線路に落ちる様子が収められていました。(2020/1/21)

イスラエルに学ぶビジネス:
優秀なベンチャー企業育成に成功するイスラエル 政府が果たした役割とは?
1970年代の「超LSI技術研究組合」は大成功し、日本の半導体産業は名実ともに世界のトップとなった。しかしそれに続く「第五世代コンピュータプロジェクト」や「情報大航海プロジェクト」の失敗は記憶に新しい。一方で、イスラエルでは政府が起業家・挑戦者を支援するような枠組みによって、大成功を収めている。この違いはどこにあるのだろうか?(2020/1/17)

「RPA」から「IPA」へ【中編】
RPAをまずは導入すべし 次世代RPA「IPA」の失敗しない入れ方
OCRや自然言語処理、チャットbotなどの技術によって、「RPA」よりも高度な業務自動化を実現する「IPA」。RPAはどのようにしてIPAに発展したのか。IPAの適切な導入手順とは。(2020/1/14)

明確になってきた製品ごとの違い
HCIは「簡単」「難しい」と意見が二極化 失敗しない選び方は?
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入した企業から、運用管理が「簡単」「難しい」と相反する意見が上がっている。何がこのような分断を生み出すのか。期待通りの効果を挙げるにはどうすればよいのか。(2020/1/21)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:CIOを待ち受ける罠
CIOを待ち受ける数々の落とし穴に着目。新任CIOがやりがちな4つの失敗、ハイパーコンバージドインフラ導入にまつわる失敗にCIOはどう対処すべきか。他にMicrosoftが語る機械学習の懸念点、SD-WANの理想的な事例、コラボツール導入成功の見極め方などの記事をお届けする。(2020/1/7)

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

働き方改革を阻む「抵抗」「不安」「失敗」との戦い方:
働き方改革の失敗にはパターンがある 試行錯誤の末に見えてきた「変革に欠かせない」5つのポイント
「痛みを伴う取り組み」なしには成立しない働き方改革。そんな苦難の道にあえて挑戦し、長い年月を費やして新しい働き方にシフトしたのが地方の中小企業、NOKIOOだ。挫折と試行錯誤の末に見えてきた「働き方改革に欠かせない5つのポイント」とは……。(2019/12/25)

働き方改革を阻む「抵抗」「不安」「失敗」との戦い方:
自覚がないまま、「昭和なマネジメント」で社員を苦しめていた――地方都市の社長が「働き方改革の失敗」に気付くまで
新しい働き方の会社を作ったはずなのに、自覚がないまま「昭和なマネジメント」をしていた――。なぜ、こんなことが起こってしまったのか。(2019/12/24)

焼きすぎた鮭に「ゴジラの肉片」「炎属性の武器」の指摘相次ぐ 失敗料理のはずが逆にカッコイイ……
熱さで発光しているように見えます。(2019/12/19)

初年度の1.7倍:
2年目も売れ続ける「本麒麟」 ロングヒットの鍵を握る“2つの数字”とは
キリンビール「本麒麟」が2年目も売れ続けている。多くの失敗を経て“味”を追求したことが奏功。初年度の7割増で推移している。第3のビールの競争が激化する中でヒットした理由と今後の成長の鍵は? そこには、同社が重視する“2つの数字”がある。(2019/12/18)

サイバー攻撃のリスクに対処する
「サイバーセキュリティ保険」の3大タイプとは? 選定に失敗しないポイント
サイバーセキュリティ保険は、適切に選択すればリスクの軽減に大きな効果が期待できる。どの保険プランが自社に適しているか見てみよう。(2019/12/11)

「中にサンタとツリーが埋まってます」 矢井田瞳、スノードーム作りに失敗して「綺麗な砂漠」「ドラゴンボール」とツッコミ相次ぐ
なんてこった。(2019/12/8)

動画の世紀:
アポロ計画は失敗していた? 脅威を増すディープフェイク・ビデオ
ディープ・フェイクは次の段階に入ったようで、企業が被害を受けるケースも出ている。(2019/11/29)

これからのAIの話をしよう(産業政策編):
「まずは正しく失敗したい」 経産省が“AI人材育成”に挑戦する理由
経済産業省がAI人材の育成事業「AI Quest」を立ち上げ、9月末から実証実験を始めている。なぜ、経産省がスクール事業を行うのか。担当者に聞いた。(2019/11/29)

選定時にまず確認すべき要素を紹介
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の失敗しない選び方 3大ポイント
「HCI」への投資を効果的なものにするためには、自社のニーズに適した製品を選定することが重要だ。そのために注意すべき3つの選定ポイントを説明する。(2019/11/29)

「2024年ISDNデータ通信終了とEDI移行」まる分かりガイド【第4回】
失敗できないインターネットEDI移行で、製品を見極める9つのポイント
ISDNのデータ通信終了に向けて「インターネットEDIに移行するか否か」「移行するならどの製品に乗り換えるか」を検討する必要性に迫られている企業は少なくない。製品選定のポイントは。(2019/11/29)

「私、『指名頂いたら』失敗しないので」 城咲仁が14年ぶりにホスト復活、期間限定で「愛本店」に再臨へ
ドクターXで大門未知子が言いそうなせりふだ。(2019/11/27)

マネジメントの「本質」を問う:
部下への1on1やコーチングが失敗する訳――モチベ維持できない課長の“致命的欠点”とは
部下のモチベーションを高めようと努力する企業の課長職。しかし1on1やコーチングが奏功していない職場も少なくない。ベテラン人材コンサルがそのメカニズムを分析。(2019/11/27)

正しい活用で働き方改革促進を:
PR:RPAは“魔法の杖”ではない――導入失敗、5つの「あるある」と防止の秘策
RPA導入に当たって陥りがちな失敗の「あるある」と、その防止策とは。メディアや著作でRPA解説を多く手掛けてきた企業幹部に聞いた。(2019/11/28)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る【最終回】:
『倒産の前兆』を見抜くために――1日22社が倒産する中で知るべきは「成功」よりも「失敗の公式」
連載「あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る」最終回となる今回は、倒産する企業に共通する「失敗の公式」について帝国データバンク情報部にインタビューした。同社の情報部は、50年以上にわたって企業の倒産について調査・分析を続けている倒産情報の「プロフェッショナル集団」だ。『倒産の前兆 (SB新書)』の舞台裏についても掘り下げたい。(2019/11/27)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
トヨタやソニーも過去に失敗 異業種の証券会社設立、成功のカギとは?
昨今、異業種からの証券事業参入が相次いでいる。しかし実は、異業種の証券事業参入は90年代末から00年代半ばにかけて度々みられた現象で、当時の大半の新規事業者は撤退を余儀なくされた。証券会社さえ作れば成功するという想定では足りず、証券事業を通じて本業の付加価値増加を伴うサービスであることまで求められる。(2019/11/22)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(11):
突如、明らかになった簿外債務35億円 最後まで説明責任を果たさなかった婦人用バッグ卸が示す「倒産の図式」
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/21)

絵本と同じケロちゃんドーナツを作ったはずが…… 奇跡の失敗作「断末魔ドーナツ」が爆誕、Twitter民を恐怖に陥れる
ジョジョ第5部のスタンド「メタリカ」っぽくもある。(2019/11/14)

「意思決定」の視点がないデータ分析が失敗する理由 元大阪ガスの河本薫氏が解説
ビジネスの現場で活躍できるデータサイエンティストに求められる能力とは。そして実際に問題を見つけ、それを分析し、業務に役立てるためのポイントは何なのか。滋賀大学の河本薫教授が説明した。(2019/11/12)

「いける!」からの大ジャンプ失敗……! 天袋に挑むネコちゃんが気合いと共に落ちていく
いけそう感はあったんだけど。(2019/11/12)

技術だけでは本末転倒:
PR:AI活用はなぜ失敗するのか 見落としがちな3つの要素と実装方法
人工知能(AI)活用の取り組みが失敗に終わるケースが後を絶たない。デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上で、AI活用は大きな鍵になる。成功させる秘策は。(2019/11/8)

思わぬ速度低下や料金高騰に戸惑うことも
「クラウドバックアップ」導入に失敗する企業が見落とす2大問題とは?
クラウドバックアップは便利だが、それに潜む2つの問題を度外視すると思わぬ問題に発展する場合がある。この2つの問題とは何かを理解した上で、それらをどこまで許容できるか、考慮する必要がある。(2019/11/12)

技術だけでは本末転倒
AI活用はなぜ失敗するのか 見落としがちな3つの要素と実装方法
人工知能(AI)活用の取り組みが失敗に終わるケースが後を絶たない。デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上で、AI活用は大きな鍵になる。成功させる秘策は。(2019/11/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Li Rutong編(前):
「正しい方法を見つけて、それをずっとキープするのは間違い」――中国生まれのCTOが持ち込んだ、西海岸の風とは
コンテンツ配信を担う「U-NEXT」でCTOを務めるLi Rutong(リー・ルートン)氏。電子部品を組み立てて一人で遊ぶような「オタクな子ども」だったルートン氏は、中学で出会ったコンピュータをきっかけにその才能を開花させる。起業での失敗から立ち直り「もっと成長したい」と彼を動かしたものとは何だったのか。(2019/11/11)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(10):
大手金融機関の誘いに乗って「金融デリバティブ商品」に手を出した食品卸会社の末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/6)

IT用語解説系マンガ:食べ超(174):
ゼロトラストポリシーのAIが全従業員に電撃よ
信じてほしい従業員が袖の下を多用するようになりました(失敗例)※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/11/6)

トレーニング不足や料金見積もりの失敗など
オンプレミスから「クラウドデータベース」への移行を失敗させる10大ミス
データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行するときに、IT部門が犯しがちなミスがある。移行の失敗につながりかねない、主要な10個のミスを紹介する。(2019/11/6)

新連載・地域ビジネス、ここがカギ:
失敗続きの「地域活性化」に財務省がテコ入れ 他省庁との違いを示せるか
内閣府や総務省が成果を出せていない「地域活性化」に、財務省が力を入れ始めた。各地域の出先機関を通じて、スタートアップ企業の発掘や支援に乗り出している。財務省の取り組みは成果を挙げられるのか。これまでの施策との違いを解説する。(2019/11/5)

SAS Analytics Experience 2019(1):
AIプロジェクトの多くがPoCにとどまり、あるいは失敗する原因とは
「AIへの取り組みがPoC(Proof of Concept:概念検証)で終わってしまう」という嘆きが聞かれるのは日本だけではない。海外でもこの点はよく話題に上る。そこでSAS Instituteが2019年10月に欧州で開催した「SAS Analytics Experience 2019」で、「AIプロジェクトが失敗する理由」を追ってみた。(2019/10/30)

キャリアニュース:
転職コンサルタントの6割が「応募書類を改善すべきミドル層が多い」
ミドルの転職が「職務経歴書、履歴書のポイント」についての調査結果を発表した。転職コンサルタントの61%が「応募書類を改善すべきミドルが多い」と回答。また、応募書類の作成でやりがちな失敗の1位は「仕事の成果に具体性がない」だった。(2019/10/18)

iPhone 11で超広帯域無線 (UWB) のアップデートに失敗すると要修理に
新搭載のU1チップで使えるはずのUWBが原因で修理が必要な場合が生じる。(2019/10/16)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークは「魔法の杖」ではない 失敗の根本原因、第一人者に聞く
テレワークはなぜ失敗するのか?。原因は導入企業の本質的な姿勢にあった。テレワーク研究の第一人者に聞く。(2019/10/15)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

「Wi-Fi 6」の正体【前編】
「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説
「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。(2019/10/11)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(2):
「残ったのは集合写真だけ」ではもったいない! 失敗ハッカソンを防ぐDMM.make AKIBA流イベント企画術
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第2回は、年間100件以上のイベントに対応する企画チームの取り組みを紹介し、「企業イベントを成功させるための条件」に迫る。(2019/10/7)

ついやってしまう失敗
新たに着任するCIOが避けるべき4つの落とし穴
CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。(2019/10/1)

「こんなはずではなかった」になる前に
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に多い6つの失敗
多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。(2019/9/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。