ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失敗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失敗」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

「Wi-Fi 6」の正体【前編】
「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説
「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。(2019/10/11)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(2):
「残ったのは集合写真だけ」ではもったいない! 失敗ハッカソンを防ぐDMM.make AKIBA流イベント企画術
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第2回は、年間100件以上のイベントに対応する企画チームの取り組みを紹介し、「企業イベントを成功させるための条件」に迫る。(2019/10/7)

ついやってしまう失敗
新たに着任するCIOが避けるべき4つの落とし穴
CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。(2019/10/1)

「こんなはずではなかった」になる前に
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に多い6つの失敗
多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。(2019/9/30)

Windows 10への移行:
データからメール環境、UIまで、失敗しない移行のヒントと注意点総まとめ
Windows 7のサポート終了時期が迫ってきている。Windows 10への移行は待ったなしだ。そこで、Windows 7からWindows 10へ移行する際の手順や注意点などをまとめてみた。(2019/9/26)

山市良のうぃんどうず日記(162):
「Invoke-WebRequest」コマンドレットをTLS 1.2対応にする2つの方法
WebサイトやWebアプリのセキュリティの要である「SSL/TLS」は、SSL 3.0以前のレガシーなプロトコルの脆弱(ぜいじゃく)性が問題視され、より新しいプロトコルに移行することが求められてきました。SSLの後継であるTLS 1.0/1.1も脆弱性があることが明らかになり、最近ではTLS 1.2以降を要求するWebサイトやサービスも増えてきています(例:2019年7月下旬のTwitterサービスなど)。今回は、TLS 1.2以降への移行の影響で失敗するようになった「Invoke-WebRequest」コマンドレットの回避策について。(2019/9/25)

Computer Weekly日本語版
新米CIOがやらかす4つの失敗
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/9/18)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhoneはトリプルカメラ搭載で、超広角レンズが追加?
2019年に発売される新型iPhoneのうち、「Pro」の冠が付くモデルは、3つのカメラを搭載することが報じられている。従来の「広角レンズ」と「望遠レンズ」に、「超広角レンズ」が加わるという。さらに、AIで写真の失敗を自動で補正する機能も付くという。(2019/9/9)

Twitterの「企業公式ドジっ子選手権」が盛況 「自社製品の発売をフォロワーに知らされた」などクスッとする失敗談続々
中の人だって普通の勤め人なわけで。(2019/9/6)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ
海外でRPA導入の50%が失敗というデータも、RPA・自動化を成功させる秘訣は?
労働力人口の減少、働き方改革などを背景に、RPAや自動化に取り組む企業が増えている。一方で、その成功率の低さも企業調査で明らかになってきた。失敗の原因、そして成功に必要なポイントは何なのか。RPAの新たな成功方程式を解説する。(2019/9/6)

割れた卵を圧力鍋でゆでてみた→流れ出した中身が糸状に…… 失敗料理にクリーチャーの息吹を感じる
あとから酢でも足したらポーチドエッグにならないかな……無理だよなあ。(2019/9/6)

適用状況を一目で確認したい
「Windows 10のアップデート失敗」にまつわるIT担当者の悩みを減らすには?
従来の「Windows」と異なり、半年ごとに大型アップデートがある「Windows 10」は、IT担当者にとって管理の煩雑化などの課題を生む原因になり得る。この問題に対処できるWindows搭載PCの管理方法とはどのようなものか。(2019/9/5)

ディルバート(619):
地球規模の言い訳
プロジェクトの失敗の責任逃れをしたいボスが考え出した“不自然に聞こえない”言い訳とは……?(2019/8/29)

運用チームの対応も失敗:
オーバーヒートを止められなかった AWS、東京リージョン大規模障害の報告書を発表
データセンターの冷却制御システムに存在するロジックのバグから障害が発生した。障害に備えたモードへの移行が一部で機能せず、AWSの運用チームによるスイッチオーバーも失敗、影響が拡大した。(2019/8/28)

「住んで失敗したマンション」1位は「防音設備の悪さ」 住んで気付いた不満トップは「収納が少ない」
内見では分かりにくいポイントが不満になりがち?(2019/8/27)

AWS、東京リージョン23日午後の大規模障害について詳細を報告。冷却システムにバグ、フェイルセーフに失敗、手動操作に切り替えるも反応せず
2019年8月23日金曜日の午後、AWS東京リージョンで大規模障害が発生した。これについて、AWSが日本語での詳しい報告を発表した。(2019/8/26)

お固い製造業にアジャイルの風を:
「俺たちが必死で稼いだ1円、1秒をITに使わせない」とまで言われた ホンダの挑戦
固いイメージのある製造業でありながら、アジャイル開発の導入に成功した本田技研工業。自由な風土があるから導入できたのだろうとうらやましがられることも多いそうだが、実はさまざまな失敗と摩擦を乗り越えて今があるという。(2019/8/26)

中間層で得られる特徴量を変化させる:
「半分の学習データ量」で高い識別精度を維持するディープラーニング技術を開発 NEC
NECは、学習データ量が従来の半分程度でも高い識別精度を維持できるディープラーニング技術を開発した。ニューラルネットワークの中間層で得られる特徴量を意図的に変化させることで、識別に失敗しやすいデータを集中的に人工生成して識別精度を高める。(2019/8/20)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(9):
主要取引先に依存する経営への“警鐘” そごう倒産で破綻に追い込まれたアパレル企業に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/9/3)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(8):
借り入れ依存度9割弱 金融機関の支援で「延命」されていた長野県有数の中小企業がたどった末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/17)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):
信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児”
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/16)

【話の肖像画】ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正(70)失敗続きだった海外出店
常識にとらわれないやり方で、売り上げを伸ばしてきた。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(5):
「経営陣の交代・奪還劇」が招いた倒産 “反社”関与もささやかれたエステ企業の粉飾決算
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/14)

山市良のうぃんどうず日記(159):
続・Windows Updateの“更新遅い”問題を改善したい!──Windows Server 2016の場合[第2弾]
Windows Server 2016の更新プログラムのインストールは、マシンスペック(特にディスクI/O)にも左右されますが、概して長い時間がかかります。時間がかかったとしても成功すればよいのですが、長い待ち時間の後、エラーで失敗したりすると……。本連載では何度も取り上げてきたテーマですが、今回は状況を改善できるかもしれない「オフライン更新」という方法を、通常のオンライン更新との比較実験でお送りします。(2019/8/14)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(4):
太陽光ベンチャーを倒産に追い込んだ“制度の壁”――急成長企業の未熟さも足かせに
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/13)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
オリジナル製品の夢を開発担当者が諦めるまで
PC周辺機器やアクセサリーメーカーの開発担当者の中には、取り売りビジネス中心の現状に嫌気が差し、オリジナルの製品を手掛けるために転職したり、ベンチャーを立ち上げたりする人も少なくない。しかしこれらの試みは往々にして失敗し、彼らは夢を諦めていく。(2019/8/12)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(3):
スルガ銀と結託 “情弱”狙った「かぼちゃの馬車」運営会社の「詐欺まがいの手口」
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/9)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(2):
晴れの日を曇らせた着物レンタル「はれのひ」元社長の詐欺と粉飾決算――「成人の日に営業停止」の衝撃
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/8)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(1):
格安旅行会社「てるみくらぶ」倒産の裏側に“キックバック依存経営”――多額の粉飾決算、社長らの詐欺
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/7)

開発変更がアダに nanaco成功体験が生んだ過信 7pay
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

開発変更がアダ:
ナナコ成功体験が生んだ過信 セブンペイ
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

なぜ学校の「ERP」導入はうまくいかないのか【後編】
学校の「ERP」導入失敗の報告書から読み解く「なぜ予算は肥大化するのか?」
複数の要因が重なり、ERP製品導入プロジェクトでさまざまな問題が発生した米フロリダ州のマナティー学区。この事例を反面教師として、原因と対策を学ぶ。(2019/7/25)

RPA失敗の構図――あなたの会社にも潜む引き継ぎという名の魔物
RPAは、「人生100年時代」にワークライフバランスややりがいを求める従業員と、1日48時間分の労働生産性を必要とする企業の要望をかなえ、双方のギャップを埋める良薬だ。しかし、多くの企業はRPAを生かすためのたった1つの視点を見落としている。それは一体何か。日本RPA協会の理事による新連載がスタート。(2019/7/1)

マルチクラウド活用で企業変革に差をつける!
失敗できないクラウド移行に潜む落とし穴と移行のコツ
オンプレミスからクラウドへのシステム移行を目指す企業が抱える課題はさまざまだ。「何から始めればいいか分からない」「インフラの設計思想が異なるため移行作業が煩雑になる」などの悩みは、どうすれば解決できるだろうか。(2019/7/19)

山市良のうぃんどうず日記(157):
Windows Updateトラブル解決事例──Windows 10 Sモードの場合
2019年6月の定例更新の際、検証用仮想マシンの1台が更新プログラムのインストールエラーで繰り返し失敗する場面に遭遇しました。筆者がいつもしているように“おまじない”のようなコマンドラインで解決しようとしましたが、問題が発生したのは、そうはさせてくれない「Windows 10 Sモード」だったのです。(2019/7/17)

アンドリュー・ウン氏のAIプレイブック【中編】
「AI」を少ないデータでも生かせる企業が勝ち残る
AI活用が失敗する理由とは何か。データ量が限られる中で、AIをどう活用すべきなのか――。GoogleとBaiduで人工知能(AI)開発を手掛けた第一人者が、企業のAI活用のポイントを解説する。(2019/7/16)

「IoTプラットフォーム」導入の基本【後編】
「IoTプラットフォーム」選定で失敗しないための評価ポイントとは
IoTプラットフォームは包括的な機能を持つものや特定の機能に特化したものなど、さまざまな製品がある。導入を検討する際にどのように製品を評価すべきかについて説明する。(2019/7/22)

「VMware Horizon」を例に学ぶ
VDIの「ライセンス」「エディション」選びに失敗しないための注意点
仮想デスクトップインフラ(VDI)のライセンスやエディションを適切に選択するのは簡単ではない。「VMware Horizon」を例に、VDIのライセンスやエディション選びの主な注意点を紹介する。(2019/7/9)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(1):
クラウド移行の失敗・成功を分かつもの〜そもそも運用管理とは何か〜
クラウド移行は企業の“花”。雲の上で咲き乱れるのは、果たして「花」か「徒花」か――技術の進展を受け、大幅にハードルが下がったクラウド移行だが、多数の成功事例には、どのような共通点があるのだろうか。移行の鉄則を探る。(2019/7/5)

昭和な制度が変わらないワケ:
「エライ人=管理職」をやめようとして大失敗した話
変化の時代に実務を知らないマネジャーは使いものにならない――というのは昨今の定説だが、その問題を解消するのは非常に難しいようで……。(2019/7/4)

Linux基本コマンドTips(318):
【 true/false 】コマンド――常に「成功」または「失敗」で終了する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、常に「成功」で終了する「true」コマンドと、常に「失敗」で終了する「false」コマンドです。(2019/7/4)

2019夏アニメ「手品先輩」第1話先行カット公開 手品を披露する度に大胆な失敗をする美人先輩のお話
いったいどんな失敗が繰り広げられるのか。(2019/7/2)

見るニャってば……! ジャンプをうっかり失敗しちゃったネコの照れ隠しパンチがかわいい
やんちゃな弟ネコとおっとりな姉ネコの性格の違いもかわいい。(2019/6/29)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
改革に成功するリーダーと失敗するリーダーはどこが違うのか “きれいごとですまない仕事”をやり遂げるために
フジテックCIOの友岡氏とクックパッド情シス部長、中野氏の対談最終回。今回は「改革に成功するリーダーと失敗するリーダーの違い」というテーマで話が進んだ。(2019/6/22)

大きく振りかぶって……あれっ? お手に失敗してテヘペロしちゃうハスキーがかわいい
てへぺろワン。(2019/6/19)

「AI」と金融の深まる関係【前編】
不正検知だけではない「金融AI」の使い道 与信審査の“失敗”も回避
膨大なデータを有効に活用し、顧客とより密接につながるために、決済処理に人工知能(AI)技術を利用する動きが広がっている。事例を基に、その実態を探る。(2019/6/14)

「全部入れちゃえ、大丈夫」→大丈夫じゃなかった 草なぎ剛、豪快なレシピで豪快にチャーハン作りを失敗
豪快すぎた。(2019/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。