ニュース
» 2015年01月29日 13時24分 UPDATE

Symantec、分割後の新会社を「Veritas」に

セキュリティ分野と情報管理分野に分社化するSymantecは、情報管理分野の新会社の名称を「Veritas Technologies」に決定した。

[ITmedia]

 米Symantecは1月28日(現地時間)、分社化で設立する情報管理分野の新会社の名称を「Veritas Technologies Corporation」にすると発表した。

 同社は2014年10月に、セキュリティ分野と情報管理分野の2つの会社に分割する方針を発表。情報管理分野の新会社は、Symantecから独立した株式公開企業として設立されるとしている。

veritas01.jpg 「Veritas Technologies」ロゴ

 新会社名に「Veritas」を採用したことについてSymantecのマイケル・ブラウン社長兼CEOは、「顧客やパートナー、従業員にとって大きな価値を発揮できる強固なブランドであり、新しい会社の社名に用いることが自然な選択であると判断した」と説明。Symantecは、2004年にストレージ管理ソフト企業の「Veritas Software」と合併し、その後も製品ブランドなどに「Veritas」の名称を採用していた。分社化で「Veritas」が再び社名として復活することになる。

 Veritas Technologiesは、バックアップ/リカバリのソフトウェアやアプライアンス、ストレージ管理、クラスタ化、ディザスタリカバリ、アーカイブ、eディスカバリ(電子情報開示要求)のソリューションを提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ