ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VERITAS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VERITAS」に関する情報が集まったページです。

複雑化するクラウド環境に有効なランサムウェア対策とは?――ベリタス調査
ベリタステクノロジーズの調査によると、DXを推進する企業が利用するクラウドサービスの数は平均12だった。導入数によって増すインフラの複雑さから生じるリスクの削減には包括的なデータ保護ツールが必須だという。(2020/11/26)

企業が準備すべきなのはデータの保護とバックアップ:
「攻撃を受けた企業のCEOは罰金を支払うべきだ」は35%、ベリタスがランサムウェアに関する調査
ベリタステクノロジーズが実施したランサムウェアに関する調査によると、多くの消費者が「企業は身代金の支払いを拒否すべきだ」と考えている半面、自身のデータが侵害された場合は「攻撃者に身代金を支払って対処してほしい」と望んでいることが分かった。(2020/6/12)

データプラットフォームの機能強化を発表:
ランサムウェア対策に必要なサイクルとは?――ベリタステクノロジーズ高井氏が語る
ベリタステクノロジーズはファイルのメタデータを可視化しコントロールする製品「Information Studio」にランサムウェア対策のための機能強化を行ったことを発表した。(2020/3/24)

VeritasとPure Storage、企業向けストレージで協業強化
Veritasのストレージ仮想化ソフトウェアをPure Storageのオールフラッシュストレージに対応させ、データの可用性を向上させる。(2019/9/24)

データ管理の「抽象化」とは:
PR:企業データ、アプリケーションのレイヤー安定化がDX成功のカギ ベリタスのプラットフォーム・アプローチに迫る
デジタルトランスフォーメーションが進み、データの重要性に注目が集まる中、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの普及でインフラ環境は複雑化、その重要なデータの保護について難易度が上がっている。ベリタスは、データとアプリケーションのレイヤーを安定化させることがビジネスの安定化につながるとして、データ管理全般のサービスのプラットフォーム化を打ち出した。業界リーダーの新たなアプローチは、また世界を変えるのか。その詳細に迫る。(2019/8/29)

1日当たり2時間を浪費:
データ管理プロセスの問題で企業は年間200万ドルを浪費、ベリタスが調査
ベリタスが発表したデータ管理と収益に関する調査結果によると、企業の従業員はデータを探すために1日当たり平均2時間を浪費しており、従業員の効率が約16%低下している。データ管理プロセスが効率的でなかったために、ほとんどの企業が貴重なビジネス上の機会を逃してきたという。(2019/5/15)

データ可視化とコンプライアンスを強化
Druva、Commvault、Veritasのバックアップ新機能とは データ管理を統合した3社を紹介
企業にとってデータは極めて重要だ。バックアップベンダーがコンプライアンスやデータ分析など、データのライフサイクル全体に関わる優れた機能を提供しようと模索している。(2018/11/8)

ユーザー企業の経済的損失は
大半の企業が勘違い、クラウドダウン時の責任を負うのは誰か?
Veritasが行った調査の結果、多くの企業はクラウドがダウンしたときの責任について勘違いしていることが明らかになった。クラウドプロバイダーを責めても経済的な損失は埋められない。どうすべきか?(2018/5/11)

コンプライアンス維持の責任者は誰?
80%の企業が誤解、データ保護責任を負うのはクラウド企業か顧客企業か
Veritasが実施した調査により、クラウドに対する意識が明らかになった。いまだに社内スキルの欠如やロックインへの懸念が根強く、さらに80%企業がデータの保護に対する責任について誤解しているという。(2017/12/26)

データ管理の「真実」と「誤解」:
PR:「取りあえずデータを蓄積」は誤り――ビジネスの拡大を実現する「360度データ管理」とは
データは保護から管理する時代へ。2017年9月に米国ラスベガスで開催された「Veritas Vision 2017」では、デジタル変革へ向かう次世代データ管理の方向性が示された。2017年12月1日開催の「Veritas Vision Solution Day - Tokyo」では、新しいソリューションがより詳しく紹介される。注目のイベントの見どころを聞いた。(2017/11/13)

Veritas Vision 2017 レポート:
PR:データ管理の未来は目の前に。Veritas Vision 2017 テクニカル・イベントレポート
2017年9月18日から米ラスベガスで3日間行われたベリタステクノロジーズの年次イベント「Veritas Vision 2017」。デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、データ活用の在り方を見直す企業が大幅に増えている中、課題解決のあらゆる手立てが紹介された。本稿では、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の製品/技術担当である木島亮氏が、イベントの模様とポイントを徹底レポートする。(2017/10/25)

「対策済み」と回答した企業のうち、万全だったのはたった2%:
世界中の企業が、自社のGDPR(EU一般データ保護規則)対策を「勘違い」している──Veritas調査
Veritasが、GDPRの対応状況に関するグローバル調査レポートを公開。「多くの企業は、GDPRに対応済みという認識を“勘違い”している」とし、その勘違いはGDPRの施行後、深刻な影響を及ぼす恐れがあると警鐘を鳴らした。(2017/7/27)

「いつか使う」と保管するデータのリスクを減らすために
ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理
企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。(2017/6/15)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

情報管理/ガバナンス基盤のクラウド対応を支援:
ベリタスとマイクロソフト、Azureへのデータ移行とハイブリッドバックアップ体制を強化
ベリタステクノロジーズとマイクロソフトがクラウドでのデータ管理で協業を強化。情報管理/ガバナンス基盤である「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureで運用できるよう支援し、既存のデータをAzureへスムーズに移行させるツールを共同で販売する。(2017/2/24)

ベリタス、AWS対応のシステム復旧支援ソフトを発売
異機種混在環境のデータセンターで稼働するシステムがダウンした際に、待機系システムを用いた迅速な復旧作業を支援するという。(2017/2/10)

360度データ管理とは:
ベリタスがバックアップツールをバージョンアップ、仮想化やクラウド対応機能を強化
ベリタステクノロジーズは、バックアップ製品の最新版「Veritas NetBackup 8.0」を提供開始した。Windows Server 2016とVMware vSphere 2016に対応し、Microsoft AzureやOpenStackなどクラウドストレージへの互換性を強化した。(2016/12/7)

バックアップなどにパブリッククラウドを使う? ベリタスが手の内明かす
多くの企業が何らかの形でクラウドを導入しているが、データやシステムのバックアップ、災害対策にはオンプレミスを好む傾向が強いという。ベリタスが予定している取り組みを説明した。(2016/7/21)

企業データの4割は3年間放置――ベリタス調べ
誰も更新しない不必要なデータを削除すれば、ストレージの節約につながると同社。(2016/3/23)

新生ベリタスが事業戦略発表、バックアップの“先”も展開
シマンテックから分社・独立したベリタスが国内事業を本格始動させた。従来のバックアップの中核にしつつ、「情報管理」ソリューションを展開する。(2016/2/15)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

シマンテック、ベリタス分割後の基幹製品群を発表
NetBackupシリーズのほか、データ管理を支援する複数の新製品を投入する。(2015/7/10)

シマンテックが新事業戦略、セキュリティ専門の原点へ
「ベリタス」ブランドの情報管理ビジネスとセキュリティビジネスに分社化するシマンテックが、セキュリティ事業の戦略を表明した。(2015/5/21)

シマンテック、バックアップソフト最新版を発売 Veritasが継承
Backup Exec 15ではVMware vSphere 6をサポート。シマンテックの会社分割後は、Veritas Technologies(情報管理の継承新会社)が提供する。(2015/4/10)

顧客と営業担当者のやりとりを全社共有:
日立ソリューションズ、バイオテクノロジー商社のベリタスに「Microsoft Dynamics CRM」を導入
日立ソリューションズは3月26日、バイオテクノロジー商社のベリタスの顧客情報管理システムを「Microsoft Dynamics CRM」で構築したことを発表した。(2015/3/30)

Symantec、分割後の新会社を「Veritas」に
セキュリティ分野と情報管理分野に分社化するSymantecは、情報管理分野の新会社の名称を「Veritas Technologies」に決定した。(2015/1/29)

シマンテック、Veritas Storage Foundation製品群 6.0を発売へ
5年ぶりとなるストレージ管理製品スイートの最新版を発売。Storage Foundation 6.0など12製品で構成される。(2011/12/15)

システム障害のダウンタイムを短縮化 シマンテックの次期ストレージ管理製品
シマンテックがストレージ管理製品「Veritas Storage Foundation 6.0」において、システムの高可用性に関する新機能を発表した。(2011/11/18)

プライベートクラウドに適したストレージ管理機能を披露、シマンテック
シマンテックは、年内にリリースするストレージ管理製品「Veritas Storage Foundation 6.0」での新機能を発表した。(2011/10/17)

シマンテックがストレージ管理「Veritas」次期版を“予告”
ストレージの最適化や運用管理の平準化を目指したというVeritasの新バージョンを年内に投入するという。(2011/9/22)

教育改革、塾で着々:
ITで築く「学習の高速道路」――“定額見放題”のネット授業、iPhone/iPadでより便利に
日々の暮らしや仕事がITで大きく変わろうとしている中、なかなか進まないのが教育分野の改革だ。ここに打ってでたのがベリタス・アカデミーの坂木氏。IT活用で“学びの効率化”を目指す、同氏のお手並みを拝見しよう。(2011/7/20)

ホワイトペーパー:
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
「シンプロビジョニング」を採用した際のストレージ管理について、その管理手法に最適な「Veritas Storage Foundation」との親和性を解説する(提供:シマンテック)。(2008/10/15)

ホワイトペーパー:
複数あるMicrosoft Exchange Serverを簡単にバックアップするには?
「Veritas NetBackup PureDisk」を使用しMicrosoft Exchange Serverのバックアップおよびリカバリの手法について解説する(提供:シマンテック)。(2008/10/9)

Windows Server 2008をサポート強化:
シマンテック、Windows向けストレージ管理の新製品
シマンテックはWindows環境向けストレージ管理製品の最新版「Veritas Storage Foundation 5.1 for Windows」などを発売した。(2008/8/5)

2008年新春インタビュー:
「複雑なITを最適化するアドバイザーを目指す」――シマンテックの木村社長
旧ベリタスソフトウェアと旧シマンテックの合併から2年あまり。2007年は統合後のシマンテックが本格始動する1年となった。企業のITインフラとセキュリティの2大領域で事業展開する同社の2008年の戦略とは?(2008/1/4)

NEWS
シマンテック、仮想マシンの管理を簡素化するソリューションを機能強化
データセンターに仮想マシンを展開している環境で可用性を向上させ、管理を簡素化する「Veritas Cluster Server for VMware ESX」と「Veritas Application Director」を提供(2007/9/28)

シマンテック、ストレージ環境を統合管理するNetBackup 6.5を発表
シマンテックは、企業の複雑なストレージ環境を統合管理するプラットフォーム「Veritas NetBackup 6.5」を発表した。(2007/9/5)

重複データを500分の1に削減、シマンテックがストレージ製品を発表
シマンテックは、複数のリモートオフィスが抱える重複データを削除し、単一ネットワークに統合するストレージ製品「Veritas NetBackup PureDisk」を日本市場に投入する。(2007/6/25)

NEWS
シマンテック、Veritas NetBackupにデータ暗号化オプションを提供開始
オフサイトのテープ上のバックアップデータを保護(2007/6/18)

Symantec Vision 2007 Report:
ストレージ統合を果たすVeritas NetBackup 6.5を発表、Symantec
米Symantecは同社の新戦略「Storage United」に基づく新製品として「Veritas NetBackup 6.5」を発表した。(2007/6/13)

Symantecのストレージ管理製品に脆弱性
Veritas Storage Foundationに脆弱性が見つかり、修正パッチが公開された。(2007/6/6)

Symantecのバックアップ製品に脆弱性
Veritas NetBackupに深刻な脆弱性が見つかり、Symantecが修正パッチをリリースした。(2006/12/14)

Veritas NetBackup 6.0 PureDisk、一部エディションに脆弱性
Symantecの「Veritas NetBackup 6.0 PureDisk Remote Office Edition」に含まれるPHPに脆弱性。修正用セキュリティアップデートがリリースされた。(2006/11/30)

SymantecのVERITAS Backupに脆弱性
この脆弱性を悪用されると、リモートからの攻撃で任意のコマンドを実行される恐れがあるという。(2006/8/15)

シマンテック社長 木村裕之氏――「IT基盤全体の安全と信頼をモットーにネット社会を全方位でプロテクトしたい」
昨年7月、米国でセキュリティソフトメーカーのシマンテックとストレージ管理ソフトメーカーのベリタスソフトウェアが合併して新生シマンテックが発足したのに伴い、今年4月に両社の日本法人も合併して株式会社シマンテックが新たなスタートを切った。合併の準備段階から経営トップとして陣頭指揮を執ってきた木村裕之社長が掲げる新生シマンテックの強みと今後の重点戦略とは。(2006/6/30)

Symantec、VeritasソフトをIBMのLinuxに移植
Veritas Cluster Server、Veritas Storage Foundationなどの製品をIBMのLinux向けに移植。IBMはこれら製品をSystem pサーバとともに米国と日本で再販する。(2006/6/9)

Symantecの1〜3月期、利益微減
米Symantecの1〜3月期決算は、売上高は合併前のSymantecおよびVeritasの前年同期の売上高を1%上回ったが、減益となった。(2006/5/10)

ベリタスとの統合を完了した新生シマンテック、サービス事業を強化
ベリタスソフトウェアとの統合を完了させたシマンテックの代表取締役社長、木村裕之氏は、「ネット社会をもっと安心、安全にすることがわれわれの使命」と述べる。(2006/4/11)

VERITAS NetBackupに3件の深刻な脆弱性
(2006/3/28)

XenSource、新CEOを任命
XenSourceはピーター・レバイン氏を社長兼CEOに任命した。レバイン氏はVERITAS Softwareに11年間勤務し、戦略/プラットフォーム業務担当執行副社長を務めていた。(2006/2/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。