ニュース
» 2015年03月26日 06時00分 UPDATE

“センサー内蔵の作業服”で事故を未然に 大林組がIoT活用の実証実験

着ているだけで心拍数が分かる繊維素材で作業員の体調管理を――。大林組とNTT ComがIoT活用の実証実験を開始する。

[ITmedia]
Photo

 着ているだけで心拍数が分かる繊維素材で作業員の体調管理を――。NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)と大林組は4月から、クラウドと機能素材“hitoe”の衣服を活用した、作業員向け安全管理システムの実証実験を開始する。

 この安全管理システムは、気温の上昇に伴う作業員の熱ストレス(外部の気温が身体に負荷をかけていること)を可視化するもの。衣服にNTTと東レが開発した“着ているだけで心拍数や心電位を取得できる”機能繊維素材“hitoe”を採用することで、作業員本人や管理者が、体調管理、事故防止のための対策を講じやすくした。

 NTT Comと大林組は2015年2月、“hitoe”を使って作業員の心拍数などのバイタルデータを取得する試験を実施。実際の労働時間である8時間以上継続して取得・モニタリングすることに成功している。2015年4月からの実証実験では、“hitoe”による作業中のバイタルデータの長時間モニタリングに加え、NTT Comが独自に開発したクラウドベースのヒューマンセンシングシステムの1つである安全管理システムを利用し、熱ストレス推定、疲労推定、姿勢推定、リラックス度推定、リフレッシュ度推定などの分析・通知について検証する。

Photo 実証実験のシステム構成

 地球温暖化による気温上昇が進むなか、今世紀末には熱中症などによる死者数が現在の2倍以上に増えると予測されており、建設現場では、事故防止の観点から作業員の体調を管理し建設現場の安全を確保する取り組みが必須となっている。

 大林組は今後、バイタルデータなどを活用することで、作業員にとってより安全な作業環境の実現を目指す。NTT ComはETSI(欧州電気標準化機構)が指定する国際標準様式に準拠した本システムのグローバル展開を目指すとともに、クラウドと連携したヒューマンセンシングシステムの拡張開発や利用拡大に取り組むとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ