ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「実証実験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実証実験」に関する情報が集まったページです。

ロボットが駅構内を消毒、荷物を搬送 JR東が高輪ゲートウェイ駅で実験
JR東日本が、高輪ゲートウェイ駅で計9機種のロボットやパーソナルモビリティを使った実証実験を行う。時期は7月以降。開発プロジェクトが終了する2025年以降に、市街地で活用する計画。(2020/7/7)

手ぶらで行って「顔パス」で飲み物が買える! ダイドーが日本初の「顔認証決済自販機」の実証実験を開始
端末に登録した顔画像とパスコードなどの2要素で決済を行います。(2020/7/7)

NECの技術を利用:
“手ぶら”で購入可能 ダイドードリンコが「顔認証」対応自販機の実証実験を開始
ダイドードリンコが「顔認証決済自販機」の実証実験を開始。NECの顔認証技術を活用している。決済の際に、スマホや財布が不要になる。(2020/7/7)

組み込み開発ニュース:
LoRaWAN通信チップとAVRマイコンを1つにしたArduino対応評価ボード
グリーンハウスは、LoRaWAN通信チップとAVRマイクロコントローラーを搭載し、Arduinoで開発可能な評価ボード「GH-EVARDLRA」を発売した。ICTを活用したスマートシティー整備推進事業の実証実験に、小ロットから柔軟に対応する。(2020/7/7)

顔認証で自販機の飲料を購入 NECとダイドードリンコが実証実験
NECとダイドードリンコは、自販機での顔認証決済サービスの実証実験を開始。スマホなどで事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録しておけば、顔とパスコードの2要素認証で決済できる。(2020/7/6)

蓄電・発電機器:
バイオマス発電のCO2を分離回収、三菱重工らが英国で実証へ
三菱重工エンジニアリングと大手電力会社の英Draxは、バイオマス発電所からCO2を回収する実証実験を2020年秋より実施する。(2020/7/6)

“手ぶら”で自販機のジュース買える ダイドーが実験、NECの顔認証を活用
ダイドードリンコが、顔認証を使った決済機能を持つ自動販売機の実証実験を始めた。(2020/7/6)

「エッジAIカメラ」で振り込め詐欺を防ぐ 北洋銀行が実証実験
北洋銀行が、エッジAIカメラを使って振り込め詐欺を未然に防ぐ実証実験を行う。(2020/7/3)

自然エネルギー:
国内初の「太陽光×蓄電池」で自己託送、京セラが工場で再エネを自家消費
京セラが蓄電池と自己託送制度を活用し、再生可能エネルギーで発電した電力を自社工場に供給する実証実験を開始。再生可能エネルギー由来電力の自己託送に、蓄電池を活用する実証実験は国内初の取り組みとなる。(2020/7/3)

船も「CASE」:
属人化していた石油の海上輸送計画策定をAIで、立案時間は60分の1
出光興産とグリッドは2020年6月30日、石油製品を運ぶ内航船の海上輸送計画(配船計画)を最適化する実証実験が完了したと発表した。(2020/7/1)

「パン」が買えるスマートバス停、北九州市に登場 シャープ、西鉄バス北九州らが実証実験
パ、パンが買える……!? 待ち時間や観光がちょっと楽しくなりそうです。(2020/6/29)

見守りロボが高齢者の話し相手に 非常時には緊急通報 藤枝市が導入
静岡県藤枝市が、コミュニケーションロボットを活用した高齢者の見守りサービスを市民向けに提供。7月から実証実験を行い、10月から希望する市民に本格提供する。(2020/6/24)

産業用ロボット:
PFNが自律移動型作業ロボットの量産設計を開始、搬送や消毒用途で実証実験も
Preferred Networksは2020年6月22日、開発中の移動型マニピュレーターロボットの量産設計を進め、無人搬送や無人消毒の用途で、工場や実験室、オフィス、病院、福祉施設などでの実証実験を開始すると発表した。(2020/6/24)

スマートコンストラクション:
竹中と鹿島が共同開発、大阪から名古屋のタワークレーンを遠隔操縦
竹中工務店と鹿島建設は、アクティオ、カナモトと共同で、遠隔でタワークレーンを操作する「TawaRemo」を開発した。実証実験では、大阪に設置した地上の専用コックピットから、名古屋の大型タワークレーンを操作し、材料移動、積み込み、積み下ろしなどの遠隔操作が可能なことを確認した。(2020/6/24)

Preferred Networks、移動型ロボットアームの量産に向け設計開始 「無人搬送業務や無人消毒業務に」
AI開発を手掛けるPreferred Networksは、自律走行で移動できる量産型ロボットアームの設計を始めたと発表した。工場や実験室、病院などで量産機の実証実験を行いたいとしている。(2020/6/23)

太陽光:
1500台の家庭用燃料電池で「仮想発電所」を構築、再エネの出力変動対策へ実証実験
大阪ガスが家庭用燃料電池エネファーム約1500台を統合制御し、系統需給調整に活用する実証を開始。再生可能エネルギーの出力変動対策としての有効性を検証する。(2020/6/23)

製造マネジメントニュース:
QRコードによる加工食品物流の検品時間短縮に関する実証実験を実施
運輸デジタルビジネス協議会は、ウイングアーク1stと共同で、加工食品物流の効率化を目的とした、QRコードによる検品時間短縮に関する実証実験を実施した。伝票明細までをQRコードでデータ化することで、作業時間が短縮した。(2020/6/23)

製造業IoT:
西日本初のローカル5Gオープンラボが開設、2020年度内にSA方式の実証実験を開始
オプテージは、本社が入居するオプテージビル(大阪市中央区)の3階と21階に、ローカル5Gの周波数を用いた実験試験局でのオープンラボ「OPTAGE 5G LAB」を開設した。ローカル5Gで割り当てられた28GHz帯を用いたオープンな実験施設は西日本初だという。(2020/6/22)

窓口で「書かない」「触らない」 住所変更届などデジタル化、宝塚市とNECが実験
兵庫県宝塚市で、住所変更の届出などをデジタル化する実証実験がスタート。事前にWebサイトから申請内容を入力しておき、窓口でQRコードを読み取って申請書を印刷する。NECのシステムを活用する。(2020/6/19)

ドローン:
ドローン橋梁点検手法「君津モデル」全国展開へ
アイネットは、君津市や木更津工業専門学校など4団体の連携パートナーと協力し、ドローンを活用する橋梁点検手法の実証実験を行った。従来の点検手法と比べると、点検の簡易化やデータのスピーディーな共有、AIによる高精度のひび割れ診断、コスト削減効果などが見込めることから、今後「君津モデル」として全国展開していく。(2020/6/19)

オプテージ、5Gの体験や実証実験ができるオープンラボを開設 ローカル5Gのセミナーも
オプテージは、同社のオプテージビル21階/3階に西日本初の5Gオープンラボ「OPTAGE 5G LAB」に開設。実際に稼働している5G用の無線基地局や端末を展示し、実証実験を行える環境を提供する。(2020/6/17)

VRで英会話学習、目の前に外国人がいるような感覚再現 中学校で実証実験
NTTコミュニケーションズは、VRを活用した英会話の学習システムの実証実験を中学校で行った。空港のシーンで、目の前に入国審査官がいるかのような感覚を再現するなど、リアルな教材で学習してもらった。(2020/6/16)

奈良県立医科大学が協力:
人に優しいウェルネス照明の実証実験を開始
京セラは、「人に優しいウェルネス照明」の開発を目的に、奈良県立医科大学の協力を得て、独自開発のLED照明「CERAPHIC(セラフィック)」を活用したシステムの実証実験を始めた。(2020/6/16)

東急不動産、NTT東日本、PALがローカル5Gを活用した“スマート物流”で連携
東急不動産、NTT東日本、PALは、6月15日にローカル5Gスマート物流を推進する取り組みを開始。物流倉庫業務のスマート化に向け、NTT東日本と国立大学法人東京大学が共同で設立したローカル5Gオープンラボで実証実験に取り組む。(2020/6/15)

水上バスも運航開始:
リムジンボートで羽田空港へ JR東などが竹芝エリアで実証実験
JR東日本は、新たに整備する東京・竹芝の船着場と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス船」の実証実験を7月13日に始める。また、竹芝から浅草や両国などに向かう水上バスの運航も6月19日に開始。船を活用した移動や観光の活性化を図る。(2020/6/11)

ソーラーシェアリング入門(31):
農村特有の災害リスクやBCPに貢献する――「EV×ソーラーシェアリング」の可能性
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は農村などにおける持続可能なBCP対策として新たにスタートした、ソーラーシェアリングとEV(電気自動車)を組み合わせた実証実験について紹介します。(2020/6/11)

スマートアグリ:
LoRaWAN活用で運用コストを大幅削減、IIJが水田管理用のIoTセンサーなどを開発
IIJは2020年6月10日、LoRaWANを活用するIoTセンサーなどで構築した水田の水管理システムの実証実験の報告会を開催した。LoRaWANの活用によって低コストでIoTセンサーを運用できる仕組みを実現している。(2020/6/11)

静岡県の水田、IoTで水位を遠隔調整 作業時間を8割削減 農家は「仕事が楽になった」と実感
インターネットイニシアティブ(IIJ)などが参加する共同研究グループが、IoTを活用したスマート農業の実証実験の結果を発表した。実験では、水位センサーや遠隔操作可能な給水弁を開発し、水田に導入。農業従事者の作業時間を最大で約79%、移動距離を最大で約48%削減したという。(2020/6/10)

自然エネルギー:
波の力で電力を生む、湘南・平塚で波力発電システムが実証稼働
神奈川県平塚市の海岸で、波の力を利用して発電する波力発電装置の実用化に向けた実証実験がスタート。世界に先駆けた波力発電システムの実現に向け、産学連携の体制で約1年間の実証実験に取り組む期待のプロジェクトだ。(2020/6/9)

自然エネルギー:
「小型EV×ソーラーシェアリング」を実証、農村部の再エネ活用とBCP対策に
千葉エコ・エネルギーがソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)と小型のEVモビリティを組み合わせて活用する実証実験を開始。都市近郊農村の低炭素化と農村BCP構築を目的としたプロジェクトだ。(2020/6/9)

NTTデータ、AIで大動脈瘤の画像診断を支援 2万7000人のCT画像を利用
NTTデータが、AI画像診断サービスを大動脈瘤の発見に活用する実証実験を岩手医科大学と共同で行うと発表した。2万7000人の患者のCT画像をAIに学習させ、大動脈瘤の検出能力を検証する。放射線科医による画像診断を補助するAIなどの開発を目指し、6月19日から2023年1月31日まで行う。(2020/5/29)

太陽光:
太陽光でEVにワイヤレス充電、出光興産が千葉県でシェアリング実証
出光興産は2020年5月21日、千葉県館山市で超小型EV(電気自動車)を活用したカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を開始したと発表した。2020年8月に開始した岐阜県飛騨市・高山市に続く2カ所目となる実証で、カーポートに設置した太陽光発電システムの電力をワイヤレスで給電する。(2020/5/27)

NTTデータ、AI画像診断でCOVID-19の診断支援 インドの病院で実験
NTTデータは、同社の出資先であるインドのスタートアップDeepTekと共同で、AIを搭載した画像診断支援サービスを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に役立てる活動を始めた。インドの病院で始めた実証実験で、同サービスの有用性を検証するという。(2020/5/26)

協働ロボット:
ローカル5Gで自律走行型ロボットを遠隔操作、DMG森精機とNTT Comが実証実験
DMG森精機とNTTコミュニケーションズは2020年5月21日、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載した自律走行型ロボットの遠隔操作を行う共同実験を開始した。(2020/5/22)

組み込み開発ニュース:
匂いデータを用いてアルコール度数を推定、可視化する実証実験を開始
吉乃川、旭化成、NIMSなどは、清酒の製造工程における匂いのデータを分析し、清酒事業者の業務軽減や清酒の品質向上に取り組む。第1弾として、匂いデータを用いてアルコール度数を推定、可視化する実証実験を開始する。(2020/5/21)

「三井のオフィス」に5G環境構築 三井不動産とKDDIがDXへの取り組みで基本合意
実証実験を通して三井不動産とKDDIの従業員や三井不動産のオフィス利用者などが5Gを利用できる環境を整え、利用者の意見を取り入れながら新たなワークスタイルや付加価値、ビジネスモデルの創出を目指す。(2020/5/20)

置き配バッグ「OKIPPA」、実証実験で再配達が7割削減 4週間で盗難はゼロ
置き配バッグ「OKIPPA」を手掛けるベンチャーのYper、OKIPPAの実証実験で宅配の再配達を約7割削減できたと発表した。(2020/5/20)

自然エネルギー:
再エネ×蓄電池で建設現場のCO2削減、戸田建設らが実証実験
佐藤工業、戸田建設、村田製作所が建設現場における再エネ活用と移設容易な創蓄システムの実証研究を実施。再エネと蓄電池で建設現場のCO2排出量削減を実現するビジネスモデルの構築を目指す。(2020/5/19)

産業制御システムのセキュリティ:
スマート工場を破る3つの攻撃箇所とは? 見過ごされたリスクと防御方法
トレンドマイクロは2020年5月18日、ミラノ工科大学と協力し2019年に約半年間かけて実施した「スマート工場に潜むセキュリティリスクの実証実験」の結果について、メディア向けのオンラインセミナーで説明した。(2020/5/19)

FA製品との通信伝送性能を検証:
三菱電機、名古屋製作所でローカル5Gの実証実験
三菱電機は、ローカル5G(第5世代移動通信)システムと自社のFA製品を用いた実証実験を名古屋製作所(愛知県名古屋市)内で始めた。(2020/5/19)

スタジアムの選手に自宅から声援を届ける“リモート応援”技術、ヤマハが実験 ジュビロ磐田、清水エスパルスが協力
ヤマハが自宅でテレビやネットの中継を見ながらスタジアムに声援を届けるリモート応援システムを発表した。13日にはジュビロ磐田、清水エスパルスの協力を得て実証実験を行った。(2020/5/18)

複雑な保育園の入園選考、AIでどれだけ早められる? NECが山形市で実証実験
NECとNECソリューションイノベータは、保育園の入園選考業務を支援するマッチングシステムの実証実験を山形市で実施した。従来は数十人が数日かけていた選考作業を、AIを使ってどう効率化したのか(2020/5/18)

デジタル通貨とブロックチェーンで保険業務を自動化、東京海上日動が実証実験
東京海上日動火災保険とディーカレットは、デジタル通貨とブロックチェーンを活用した保険契約業務の自動化に関する実証実験を実施した。事故が発生した際、保険金支払い条件に合致したか否かを自動的に判定できるようにした。(2020/5/14)

「無人AI店舗」はどんな店なら採算が取れるのか 高輪ゲートウェイの「TOUCH TO GO」と海外事情から見る“無人店舗ビジネス”の今後
まだまだ実証実験段階の取り組み事例が多い無人店舗技術で、商用展開に達した高輪ゲートウェイ駅の「TOUCH TO GO」はかなりのスピード感をもって動いているといえる。今回は現在日本で進んでいる無人店舗の取り組みを紹介しつつ、実際のビジネスや今後の展開を少し考えてみたい。(2020/5/11)

視点:
eVTOL 自動運転に見る新しいモビリティー事業化のカギ
モビリティーに限っても、ここ5年程度で技術革新に伴い、新しいサービスの実用化や実証実験が進んでいる。(2020/5/11)

設計、調達関連業務の効率化を図る:
非製造業が製造業にもたらす付加価値とは NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングが共同で実証実験
NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングは製造業の設計、調達関連業務の効率化を図るデジタルマッチングプラットフォームの商用化を目指し、2020年7月から共同で実証実験を開始する。(2020/5/1)

情報銀行を活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験開始 個人に分かりやすい規約の提供へ――NTTデータ
NTTデータは、情報銀行の仕組みを活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験を開始する。個人の規約同意の一元管理機能や、同意判断を助ける指標値について有用性を検証し、2021年度中のサービス実用化を目指す。(2020/5/1)

組み込み開発ニュース:
マスクしてる? 入場者のマスク着用を判別する画像解析サービスの実証開始
凸版印刷は2020年4月24日、AWLとの協業によりAIカメラを活用した画像解析によるマスク装着確認サービスの実証実験を開始したことを発表した。(2020/4/30)

AIで設計データから必要な部品を「マッチング」 製造業向けサービスの実証実験が開始
NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングは、製造業の設計や調達関連業務の効率化に向けたデジタルマッチングプラットフォーム「設計/調達DX」の提供に向けて、実証実験を開始する。(2020/4/28)

メカ設計ニュース:
NTTコムとPwCの製造業受発注デジタルマッチング基盤は「他サービスと競合せず」
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とPwCコンサルティング(PwC)は、デジタル設計データを活用して製造業の設計・調達関連業務の効率化を実現するデジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)の事業展開で協業すると発表した。2020年7月に数社の製造業顧客とともにスタートする実証実験を経て、同年度中の商用化を目指す。(2020/4/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。