ニュース
» 2015年05月07日 14時40分 UPDATE

Apple、OS X向けSafari更新版を公開 WebKitなどの脆弱性を解決

OS X向けに公開されたSafariの更新版では、WebKitに存在する複数の深刻な脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは5月4日、Webブラウザ「Safari」の更新版をOS X向けに公開し、ブラウザエンジンのWebKitに存在する複数の深刻な脆弱性に対処した。

 脆弱性を修正した更新版のSafari 8.0.6、Safari 7.1.6、Safari 6.2.6は、それぞれOS X Yosemite v10.10.3、OS X Mavericks v10.9.5、OS X Mountain Lion v10.8.5に対応する。

 WebKitの脆弱性は、悪用された場合、不正な細工を施したWebサイトを使って任意のコードを実行される恐れがある。また、ファイルシステム上の情報に不正アクセスされる恐れのあるWebKit Historyの脆弱性や、ユーザーインタフェースの偽装につながるWebKitのページ読み込みの脆弱性も修正された。

関連キーワード

脆弱性 | Apple | Safari | WebKit


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -