ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WebKit」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WebKit」に関する情報が集まったページです。

Apple、iOSやmacOS更新版のセキュリティ情報公開 Windows向けiTunesとiCloudの脆弱性にも対処
iOSやmacOS、Windows向けiTunesとiCloudに共通するグラフィックスドライバの脆弱性は、悪用されればシステム特権で任意のコードを実行される恐れがある。(2019/10/31)

Appleがセキュリティ情報公開、macOS CatalinaやWindows向けiCloud、iTunesの脆弱性に対処
対処された脆弱性の件数は、macOS Catalinaでは16件。Windows向けiCloudおよびiTunesでは、それぞれUIFoundationとWebKitに存在する8〜9件。(2019/10/9)

Apple、Mozillaに倣い、Safariの厳格なトラッキング防止ポリシー発表
Appleが、WebブラウザSafariのトラッキング防止ポリシー「WebKit Tracking Prevention Policy」を発表した。Mozillaが1月に発表したポリシー同様、非常に厳格なものだ。(2019/8/19)

Apple、Windows版iCloudとiTunesの脆弱性を修正
Windows向けのiCloudおよびiTunesのセキュリティアップデートが公開され、多数の脆弱性が修正された。(2019/7/24)

iOSやmacOSのアップデート公開、多数の脆弱性を修正
「iOS 12.4」では、Apple Watchのトランシーバー機能に関するセキュリティ問題を修正。HomePodは日本語に対応した。(2019/7/23)

Apple、Windows向け「iTunes」と「iCloud」の脆弱性を修正
更新版の「iTunes for Windows 12.9.5」と「iCloud for Windows 7.12」では、計25件の脆弱性を修正した。(2019/5/29)

Appleが考えるプライバシーとセキュリティ フェデリギ上級副社長語る
Appleのクレイグ・フェデリギ氏が、プライバシーとセキュリティの取り組みについてインタビューで語った。(2019/5/28)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

完全削除すべきか
「Adobe Shockwave」がついに終了 ユーザーは何をすればよいのか?
「Adobe Shockwave Player」の提供が終了する。ユーザーやIT管理者はこれからどうすればいいのか。(2019/4/13)

iOS 12.2の新機能と変更点を徹底解説
MACお宝鑑定団の解説記事をITmedia NEWSのためにまとめた。(2019/3/29)

Apple、macOSやWindows向けiCloudなどの脆弱性を修正
macOSやiOS、Windows向けiTunesおよびiCloudに共通するWebKitの脆弱性は、悪用されれば細工を施したWebコンテンツを使って任意のコードを実行される恐れがある。(2019/3/28)

Appleがセキュリティアップデートの「iTunes 12.9.3 for Windows」を配布開始 
Appleは1月24日(現地時間)、フリーのメディアプレーヤー「iTunes 12.9.3 for Windows」を公開した。セキュリティ関連のアップデートとなる。(2019/1/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Arm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか
12月にハワイで開催された米Qualcommの「Snapdragon Tech Summit 2018」において登場したのが、PC向けSoCの最新版「Snapdragon 8cx」だ。この情報を含め、Windows+Armのエコシステムに関する最新情報をお届けする。(2018/12/21)

ITはみ出しコラム:
EdgeブラウザがついにChromiumを採用へ Mozillaは「独占は危険」と警告
「Edge」が「Chromium」ベースのブラウザになる――ウワサは本当でした。Googleの「Chrome」と同じエンジンになることで、警戒を強めているのが「Firefox」のMozillaです。(2018/12/9)

Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持
Microsoftがデスクトップ版Webブラウザ「Edge」をオープンソースのChromiumベースにシフトすると発表した。一般ユーザーが何かする必要はない。開発者向けプレビューを2019年初頭にリリースする計画だ。(2018/12/7)

Apple、iOSとWindows向けiCloudの脆弱性を修正
「iOS 12.0.1」と「iCloud for Windows 7.7」が公開され、それぞれ複数の脆弱性が修正された。(2018/10/9)

macOS Mojaveの新機能と設定方法徹底解説
MACお宝鑑定団によるmacOS Mojave操作マニュアル。(2018/9/25)

Apple、iOSやmacOS、Windows向けiCloudなどのセキュリティ情報公開
iOS 11.4.1で修正された絵文字関連の脆弱性では、「台湾」という単語を入力するたびに、アプリケーションがクラッシュすると報告されていたという。(2018/7/11)

Siriの通知読み上げ問題にも対処:
Apple、「iOS 11.4」のセキュリティ情報を公開 計35件の脆弱性
iOS 11.4では計35件の脆弱性に対処した。WebKitやフォント解析、カーネルなどに関係する脆弱性は、watchOSやtvOSおよびmacOSにも共通している。(2018/6/5)

Apple、MacとSafari、Windows向けiCloudのセキュリティアップデート公開
「macOS High Sierra 10.13.5」では、AMDやIntelグラフィックスドライバなどプロセッサ関連の脆弱性も修正された。(2018/6/4)

iOSとmacOS、Safariの更新版リリース WebKitなどの脆弱性を修正
米Appleは、「iOS 11.3.1」「Safari 11.1」および「macOS High Sierra 10.13.4」向けのセキュリティアップデート「2018-001」を公開した。(2018/4/25)

「QRコード問題」は解消されず?:
「iOS 11.3」のセキュリティ情報公開、カーネルやWebKitの深刻な脆弱性に対処
Appleのセキュリティ情報によると、iOS 11.3では計43件の脆弱性を修正した。(2018/3/30)

Windows向けiTunesとiCloudの更新版公開、深刻な脆弱性に対処
悪用された場合、細工を施したWebコンテンツを処理させることによって、任意のコードを実行される恐れがある。(2018/1/25)

iOSやmacOSのアップデート公開、「Meltdown」の脆弱性などに対処
不正なリンクを受信するとiPhoneがクラッシュすると伝えられた問題を修正したほか、macOS SierraとEl Capitan向けのアップデートで「Meltdown」と呼ばれるCPU関連の脆弱性に対処した。(2018/1/24)

「iOS 11.2.5」アップデートでHomePodサポートとSiriでのニュース読み上げ追加(日本はまだ)
Appleが「iOS 11.2.5」の配信を開始した。スマートスピーカー「HomePod」販売国ではHomePodのサポートとSiriのニュース読み上げ機能が追加された。日本では多数の脆弱性修正が中心だ。(2018/1/24)

Apple、Webブラウザ向けベンチマーク「Speedometer 2.0」をリリース
AppleのWebKitチームが開発している。(2018/1/17)

「iOS 11.2.2」配信 CPUの脆弱性「Spectre」に対処
Appleが「iOS 11.2.2」を配信。CPUの脆弱性「Spectre」の影響を緩和する。Appleは「全てのユーザーに推奨されます」と案内している。(2018/1/9)

Apple、「Spectre」の緩和策もリリース SafariとWebKitのセキュリティ対策強化
「macOS High Sierra 10.13.2補足アップデート」「iOS 11.2.2」「Safari 11.0.2」では、それぞれSpectreの脆弱性の影響を緩和するため、セキュリティ対策を改善した。(2018/1/9)

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか
2018年の年明け早々、新たに発見されたプロセッサの脆弱性「Meltdown」「Spectre」に関して、さまざまな情報が飛び交い、一部では誤解や混乱を招いている。この問題の概要、影響や対策についてまとめた。(2018/1/6)

Apple、「High Sierra」や「iOS 11.0.1」のセキュリティ情報公開
「High Sierra 10.13」では、OS X Lion 10.8以降のバージョンに存在していた多数の脆弱性に対処した。「iOS 11.0.1」「iCloud for Windows 7.0」も公開された。(2017/9/27)

Apple、「iOS 11」や「Safari 11」のセキュリティ情報を公開
iPhone 5や第4世代のiPod、OS X Yosemite(10.10.5)などはアップデートの対象から外された。(2017/9/20)

米Appleがセキュリティアップデート一挙公開、iOSやmacOSの脆弱性を修正
iOS、macOS、watchOS、Safari、tvOS、およびWindows向けのiCloudとiTunesのセキュリティアップデートが公開された。(2017/7/20)

ACCESS NetFront Browser BE v2.4:
Blinkベースの組み込みブラウザ最新版、外部製品の実装が容易に
ACCESSがBlinkベースの組み込み用ブラウザ「NetFront Browser BE」の最新版を提供開始した。Chromium最新仕様のサポートやHTML5対応機能の拡張に加えてAPIを拡充し、外部製品の実装を容易とした。(2017/7/10)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

過去のiOS 10.2で発生か
「iTunes」と「App Store」に見つかった2つのiOS脆弱性とは? 悪用の手口を解説
Appleの通知機能と「iTunes」の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、アプリケーション側に有害なスクリプトを挿入する攻撃が可能になることが分かった。専門家のマイケル・コッブ氏がその仕組みを解説する。(2017/6/21)

セキュリティ上のリスクが増大
AppleはなぜiOSアプリの「ホットパッチング」を禁止したのか
Appleは、モバイルアプリ開発者によるホットパッチングの利用を禁止した。この技術は、審査済みのアプリの挙動を変更できるからだ。(2017/6/2)

アプリで電話番号URLをタップしただけでトラブルに?
Apple「WebKit」の脆弱性を悪用してスマホから勝手に電話、その手口は
Appleの「WebKit」フレームワークの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、被害者のスマートフォンアプリから電話を発信させることが可能になる。この攻撃の仕組みを、専門家が解説する。(2017/4/17)

ACCESS テレビ向けソリューション 採用事例:
ACCESSのテレビ向けソリューション、インド全域展開事業者に採用
ACCESSは、同社のテレビ向けソリューションが、携帯通信事業者Reliance Jio Infocomm(Jio)がインド全域で展開するマルチスクリーンサービス「Jio Digital Lifestyle」に採用され、実装されたと発表した。(2017/4/13)

TechFactory 1周年記念特別企画:
どうしても気になる! ニッポン製造業のガラパゴス化問題と「Nintendo Switch」採用技術
「TechFactory」開設1周年を記念して、サイトがオープンした2016年4月4日から2017年4月3日までの期間で掲載されたTechFactoryオリジナルコンテンツの人気/注目記事ランキングを発表します。きっと気になる記事が見つかるはず!?(2017/4/4)

Apple、Windows版iCloudの脆弱性5件を修正
「iCloud for Windows 6.2」では計5件の脆弱性が修正された。(2017/3/30)

Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正
iOS 10.3、macOS Sierra 10.12.4、OS X El CapitanとYosemite向けのセキュリティアップデート、Safari 10.1などの更新版が一挙公開された。(2017/3/28)

組み込み採用事例:
ACCESSのテレビ向けソリューション、インド全域展開のマルチスクリーンサービスで採用
ACCESSは、同社のテレビ向けソリューションが、携帯通信事業者Reliance Jio Infocomm(Jio)がインド全域で展開するマルチスクリーンサービス「Jio Digital Lifestyle」に採用され、実装されたと発表した。(2017/3/13)

ACCESS NetFront Browser NX:
「Nintendo Switch」で“7回目”の採用となった組み込みソフト
任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」には、本製品で「任天堂のゲーム機では7機種目の採用」となる組み込みソフトウェアが採用されている。(2017/3/5)

Google、iOS版Chromeをオープンソース化
Googleが、iOS版Chromeを他のプラットフォーム同様にオープンソース化した。これによりiOS版の開発スピードが上がるとしている。また、サードパーティー製の新たなiOS向けブラウザを開発できる。(2017/2/1)

「iOS 10.2.1」の他に、macOS、watchOS、Safariも:
アップルが全OS対象のセキュリティパッチを公開、「何」が修正されたのか
アップルが「iOS 10.2.1」をリリース。併せて、「macOS」「watchOS」「tvOS」「Safari」「iCloud for Windows」のセキュリティパッチも公開した。(2017/1/25)

Apple、iOSやmacOS Sierraをアップデート 多数の脆弱性を修正
「iOS 10.2.1」「watchOS 3.1.3」「tvOS 10.1.1」「macOS Sierra 10.12.3」「Safari 10.0.3」およびWindows向けの「iCloud for Windows 6.1.1」が公開された。(2017/1/24)

macOS SierraやSafari、Windows向けiCloudとiTunesの更新版公開 深刻な脆弱性が多数
「macOS Sierra 10.12.2」「Safari 10.0.2」、Windows向けの「iCloud for Windows 6.1」「iTunes 12.5.4 for Windows」では深刻な脆弱性が多数修正された。(2016/12/14)

利便性とセキュリティの両立を図るには
iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」
モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。(2016/11/22)

Apple Payアプリ開発入門(2):
MacBook ProのTouch Barでもできる、Safari上でのApple Pay決済の流れとApple Pay JSの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、JavaScriptを利用したWeb上での決済の流れを、実装フレームワークApple Pay JSの使い方とともに解説します (2016/11/17)

Firefoxの高速化プロジェクト「Project Quantum」始動 2017年中に新エンジン提供へ
Mozillaが、Firefoxの次世代ブラウザエンジン「Quantum」のプロジェクトを発表した。Geckoを基にした高速でスムースなこの新エンジンを、2017年中にiOS以外(Android、Windows、Mac、Linux)向けに提供する計画という。(2016/10/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。