ニュース
» 2015年06月30日 21時00分 UPDATE

シトリックス、XenApp 6.5のサポートを2017年まで延長 機能追加も

シトリックスがXenApp 6.5のサポート延長と新機能Feature Pack 3を発表。現ユーザーのニーズに応えつつ、新バージョンへの容易な移行を促す施策を用意する。

[岩城俊介,ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは6月30日、XenApp 6.5へ新機能を追加するFeature Pack 3および2017年12月までのサポート延長を発表。あわせて現最新版XenApp 7.6などへのスムーズな移行を支援するXenApp移行サービスの最新テックプレビューも公開した。

 それぞれ、ユーザーのアプリケーション、OS、サーバのアップグレードプロジェクトの移行と合わせたいといったニーズに沿い、現バージョンを維持する必要があるユーザーに向けて展開。XenApp 6.5環境でも利用できる付加価値の提供を目的に、多くの新機能を追加したFeature Pack 3をリリースする。最新版への移行を見据えた運用と移行準備を容易にするため、XenApp 6.5と7.6は平行して展開できるようにした。

 XenApp 6.5 Feature Pack 3の主な機能は以下の通り。

  • StoreFront 3.0と新Receiver
  • Provisioning Server 7.6によるストレージパフォーマンスの向上
  • Directorによるヘルプデスク、モニタリング、トラブルシューティングの統合
  • プロファイル管理の強化
  • AppDNAの強化
  • Microsoft Lyncの最適化
photo XenApp 6.5 Feature Pack 3の主な機能

 XenApp 6.5の延長サポート期間は以下の通り。対象はXenApp for Windows Server 6.5(for 2008 R2)利用のユーザー。

  • 2017年12月31日:メンテナンス終了(EOM)
  • 2018年6月30日:製品ライフ終了(EOL)
  • 2020年1月14日:有償延長サポート終了(EOES)
photo スムーズな最新版への移行を支援する「XenApp移行サービス」の最新版テックプレビューも公開

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -