ニュース
» 2015年07月14日 14時30分 UPDATE

ANA、従量課金PaaSの日立クラウドを採用へ

日立製作所がプライベートクラウドを構築し、多数の業務システムを順次移行させる。

[ITmedia]
ana001.jpg ANAのIT環境を日立が提供することになった

 全日本空輸(ANA)が従量課金制のPaaSによるプライベートクラウドを導入し、2019年までに運航系や整備系などのグループの大半の業務システムを移行するという。このクラウド環境を構築、運用する日立製作所が明らかにした。

 ANAグループは、2016年度までの5年間で累計1360億円のコスト削減を推進する計画。ITコストの見直しや生産性の向上に向けた構造改革に取り組み、日立製作所のクラウド基盤の採用もこの一環となる。従量課金制にすることでITリソースを使った分だけのコストで済むとし、運用管理も効率化を見込む。

 日立はANA向けのクラウド基盤をBladeSymphony、Hitachi Virtual Storage Platform、JP1などで構築し、企業向けに提供する「Hitachi Cloud」サービスのノウハウも生かす。

 ANAの幸重孝典取締役執行役員は、「日立は、高性能・高信頼な製品とこれまで培ってきたシステム構築に関する優れた技術力で、ANAグループの重要な経営基盤となる大規模システムの構築を短期間で実現した。今後も、日立の力強いサポートを期待する」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -