ニュース
» 2016年03月28日 19時13分 UPDATE

NTTデータ、DellのITサービス事業買収を正式発表

株式取得および事業譲り受けは概算で30億5500万ドルになるとしている。

[ITmedia]
nttdatadell001.jpg NTTデータの発表資料

 NTTデータは3月28日、米DellからITサービス事業を買収することで正式に合意したと発表した。買収に伴う総額は非公開だが、株式取得および事業譲り受け額は概算で30億5500万ドル(約3465億円)になるとしている。

 NTTデータは米国子会社のNTT Data Internationalと、Dell Systems、Dell Technology & Solutions、Dell Services Pteおよび北米中心のITサービス関連事業を買収し、3社についてはDellから発行済み株式の100%を取得する。

 同社は中期経営計画でグローバルビジネスの拡大などを掲げており、今回の買収はこの一環になるもの。DellのITサービス事業の取得により、「主に北米地域における事業拡大と同時にクラウドやBPOサービスについても最先端技術を活用したサービス強化を目指す」と説明し、人員体制はDellから約2万8000人を受け入れ、総勢10万人超となる。

 Dellから譲り受ける事業の資産や負債、決済方法などは守秘義務により、非公開としている。今後の業績への影響は精査中だが、2016年3月期の連結業績予想には影響しないという。

 NTTグループによるDellのITサービス事業買収は以前から報じられてきたが、今回の発表はそれが公式に明らかにされたもの。DellはITサービス事業の売却益をEMCの買収にあてるとみられている。

nttdatadell002.jpg NTTデータにITサービス事業を売却するDell

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -