ニュース
» 2016年04月25日 07時00分 UPDATE

即席!3分で分かるITトレンド:コレ1枚で分かる「人工知能に置き換えられる職業と置き換えられない職業」

近い将来、自分の仕事は人工知能やロボットに奪われるのでは……。そんな懸念を覚える人が出始めている今、“代替される仕事、されない仕事は何か”を解説します。

[斎藤昌義(ネットコマース株式会社),ITmedia]

この連載は

 カップめんを待つ間に、電車の待ち時間に、歯磨きしている間に“いまさら聞けない”ITトレンドが分かっちゃう! 今さら聞けないITの最新トレンドやビジネス戦略を、体系的に整理して分かりやすく解説する連載です。「この用語、案外、分かっているようで分かっていないかも」「IT用語を現場の社員にもっと分かりやすく説明できるようになりたい」――。情シスの皆さんのこんな課題を解決します。


 「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」――

 野村総研が2015年末、今から15年後の「2030年の日本に備える」をテーマにこのようなリポートを発表しました。2013年にイギリスで同様の論文を発表した英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らとの共同研究で、日本でも同様の結果となったことが示されました。

 「この研究結果において、芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など、抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。一方、必ずしも特別の知識・スキルが求めらない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、人工知能等で代替できる可能性が高い傾向が確認できました」

 このリポートから、どのような能力が人工知能に置き換えられるか、あるいは置き換えられないかを考えてみると、次のようなことになりそうです。

  • 置き換えられる能力: 代替される職業技能や経験の蓄積に依存し、パターン化しやすく、定型的で、特定の領域を超えない能力
  • 置き換えられない能力: 感性、協調性、創造性、好奇心、問題発見力など、非定型的で、機械を何にどう使うかを決められる能力
Photo 【図解】コレ1枚で分かる「人工知能に置き換えられる職業と置き換えられない職業」

能力のシフトと人材育成に課題

Photo

 人工知能との共存はもはや避けられない現実です。ならば、その現実に向き合い、あらためて自分の能力を「置き換えられない能力」にシフトさせていかなければなりません。

 また、人材育成についても、過去の価値基準をそのまま踏襲するのではなく、未来に求められる能力を育てることを考えなくてはなりません。特に心配なのが、新入社員の研修です。いまだに多くの企業で、従順な労働者を育てることを目的に講義が行われていますが、これでは未来を担う若者たちを将来の戦力にすることはできません。

 時代の変化に合わせた人材評価の基準や育成を考えなければならない時期に来ているのではないでしょうか。

著者プロフィル:斎藤昌義

book 【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド [Kindle版]

 日本IBMで営業として大手電気・電子製造業の顧客を担当。1995年に日本IBMを退職し、次代のITビジネス開発と人材育成を支援するネットコマースを設立。代表取締役に就任し、現在に至る。詳しいプロフィルはこちら。最新テクノロジーやビジネスの動向をまとめたプレゼンテーションデータをロイヤルティーフリーで提供する「ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA」はこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ