ニュース
» 2016年06月06日 07時30分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:VAIO PhoneでWindows 10 Mobileのビジネス向け機能を試してみた (1/4)

Windows 10 Mobileはビジネス向けの機能を備えている。今回はVAIO Phone Bizを使って「Continuum for Phone」機能を試した様子をレポートしてみたい。

[山本雅史,ITmedia]

 Windows 10 Mobileの幾つかの端末は、企業への一括導入を目指しており、その中でもWindows 10 MobileのContinuum for Phone機能をサポートしたVAIO Phone Bizが注目されている。現在、国内販売されるWindows 10 Mobile端末でContinuum for Phoneをサポートしているのは、VAIO Phone BizとトリニティのNuAns NEOだけだ。今回はVAIOからVAIO Phone Bizをお借りして、実際にテストをしてみた。

 VAIO Phone Bizは、5.5インチ(1980×1080画素のHD解像度をサポート)の液晶画面を持ち、携帯電話の周波数帯域も3G(WCDMAはバンド1/6/8/11/19をサポート)、4G(LTEはバンド1/3/8/19/21をサポート)に対応する。他メーカーのWindows 10 Mobile端末ではサポートされていないLTE-Advanced(受信225Mbps:理論値)にも対応し、NTTドコモのキャリアアグリケーション(CA)を利用できる。

 また、VAIO Phone BizはNTTドコモの相互接続性試験を受けているため、企業でも安心して導入できるだろう。多くのNVMO企業はNTTドコモの回線を利用しているため、企業としてはコストの安いMVNOの回線も導入できる。

VAIO Phone Bizは、Qualcommのミッドレンジの8コアプロセッサのSnapdragon 617を使用する(VAIO資料より)
大型5.5インチのフルHD液晶ディスプレイと大容量バッテリを搭載(同)
SIMフリー端末といっても、NTTドコモの相互接続性試験を受けているため、NTTドコモのキャリアアグリゲーションにも対応している(同)

 VAIO Phone Bizには、MicrosoftのOfficeが標準でバンドルされている。企業がOffice 365を使用していれば、Officeのフル機能をVAIO Phone Bizでも利用できる。ただ、スマートフォンとしては大画面であるものの、Excel、Word、PowerPointなどのアプリを駆使するのは難しい。文書の確認ぐらいはできるが、新規に文書を作成したり、編集したりするのはつらいだろう。

 そこで注目されているのが、Continuum for Phone機能だ。PCのWindows 10に搭載されているContinuumは、デスクトップモードとタブレットモードを簡単に行き来できるモノだ。Continuum for Phoneは、Windows 10 Mobileにディスプレイ、キーボード、マウスを接続して、PCと同じように使える。この機能なら大量のデータが入っているExcelも簡単に編集できるし、マウスやキーボードが使えるので編集も楽になる。

Continuum for Phoneは、簡単にデスクトップ用の液晶ディスプレイに接続できる(同)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -