ニュース
» 2017年03月07日 08時30分 UPDATE

NEC、スーパーマーケットでAIを活用するソリューションを発表

NECが、購買行動データや商品属性を活用したマーケティング、需要予測などにAIを活用するスーパーマーケット向けソリューションの提供を開始した。併せてIaaS対応の本部基幹業務ソフトとセミセルフPOS端末の新製品も発表。

[ITmedia]

 NECは3月6日、AIやクラウドなど先進ICTを活用してスーパーマーケット向けのソリューションを強化すると発表した。日本スーパーマーケット協会と連携し、NECのAI技術群「NEC the WISE」を活用したソリューションの開発・提供と実証実験を推進するという。

 その第1弾として、AIを活用したマーケティングや需要予測に関する2種のソリューション「NEC Marketing Segmentation」と「商品需要予測ソリューション」の販売を開始した。

 NEC Marketing Segmentationは、顧客の基本的なプロフィールや購買履歴から、詳細なプロフィールや商品属性(商品DNA)を、AIを活用して高精度に自動推定する。これにより、分析期間・コストを大幅に削減し、顧客一人一人の趣味や嗜好を踏まえたきめ細かなマーケティングを実現するという。

 商品需要予測ソリューションは、過去の商品販売実績や廃棄数、気象予報、キャンペーン情報など多様なデータの相関関係をAIで分析し、日配品など、商品ごとの販売数を高精度に予測する。需要予測に基づく発注によって欠品防止や廃棄ロスの削減、在庫適正化を実現するとしている。

 また、これらのソリューションを活用した実証実験を、ライフコーポレーション(ライフ)と、三越伊勢丹フードサービスが運営するクイーンズ伊勢丹にて実施している。

 ライフでは、「NEC Marketing Segmentation」を活用し、同社が人手で付与した商品DNAの確からしさの分析や商品DNAの自動付与の可能性を検証する実証実験を、2017年2月から4月まで実施。ライフでは、2015年度〜2017年度を対象とする中期経営計画の実現に向けてマーケティングを強化しており、今回の実証実験もその取り組みの一環としている。

 クイーンズ伊勢丹の2店舗では、「商品需要予測ソリューション」を活用し、日配品10カテゴリー約70品目を対象とした需要予測と来店客数予測の実証実験を2016年度下期に実施したという。需要予測に基づいた発注をシミュレーションした結果、値下げロスを最大30%削減でき、さらに従業員による予測と同等以上の精度で来店客数を予測できたとしている。

 NECでは、これらのAIを活用したスーパーマーケット向けのソリューションについて、今後3年間で20社への提供を目指す。

 また併せてNECは、多店舗展開に適したWeb型本部基幹業務ソフト「DCMSTORE-MD」と、セミセルフPOS端末の新製品「TWINPOS R」も発表。DCMSTORE-MDは、「NEC Cloud IaaS」や「アマゾン ウェブ サービス」などの各種クラウド基盤サービス上での稼働にも対応。TWINPOS Rは、本体幅358ミリ、奥行685ミリと業界最小クラスの省スペース化を実現したとのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ