ニュース
» 2017年06月02日 12時26分 UPDATE

Apple、「Swift Playgrounds」でドローンやロボットの操作を可能に

Appleが、WWDC開幕日の6月5日にプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」をアップデートし、ParrotのドローンやLEGOやSpheroのロボットを操作できるようにすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月1日(現地時間)、昨年6月に発表したiPadでプログラミングを学べる無償アプリ「Swift Playgrounds」で、ドローンやロボットの操作をコーディングできるようにしたと発表した。

 6月5日(WWDC 2017の開催日)に予定しているバージョン1.5へのアップデートでこの機能を使えるようになる。

 LEGO Groupの「MINDSTORMS Education EV3」や米Spheroの「SPRK+」、仏Parrotのアプリなどと連係させることで、ハードウェアを操作できる。

 swift 1

 Swift Playgroundは、同社のオリジナルプログラミング言語「Swift」でのプログラミングをiPadで学べるアプリ。3月には日本語にも対応した。

 クレイグ・フェデリギ上級副社長は発表文で「世界中で100万人以上の子どもや大人がSwift Playgroundsを使ってコーディングの基礎を学んでいる。アップデートにより、コーディングの成果をお気に入りのロボット、ドローン、楽器を動かすことで確認できるようになる」と語った。

 swift 2 Parrot Mambo MiniDrone

 恐らく6月5日の基調講演でもSwift Playgroundについてコメントがあるだろう。WWDCではiPadの新モデルが発表されるといううわさもある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -