ニュース
» 2017年07月14日 08時00分 UPDATE

俺たちの情シス“出張版スペシャル2”レポート(後編):MS本社で大暴露? 「我が社がWindows 10へのアップグレード移行を諦めた52の理由」 (1/3)

Windows 10の導入をネタに開催した読者イベント「俺たちの情シス 出張版スペシャル2」。後編では、残り2つのライトニングトークの内容を紹介していきます。「実際、マイクロソフトではどう運用しているのか?」といったテーマのお話も。

[タンクフル,ITmedia]

Windows 10へのアップグレード移行を諦めた52の理由

 Windows 10の導入をネタに開催した読者イベント「俺たちの情シス 出張版スペシャル2」。後編では、残り2人のライトニングトークの内容を紹介していきます。

 3人目として登壇したのは、ソーシャルゲーム開発会社の情シス、Hさんです。「Windows 10へのアップグレード移行を諦めた52の理由」と題し、そのうち面白かったという9個について披露していただきました。この話、本当にマイクロソフト本社でやって大丈夫なんですか……?

 Hさんの会社は従業員が1700人で、2300台のWindows 7、230台のWindows 10、700台のMacと多様なPC環境を構築しています。職種もデザイナー、エンジニア、プランナー、バックオフィスなどさまざまで、それぞれにキッティングのマスターディスクを分けているとのこと。

 Windows 10の無償アップグレード期間中に約15人で検証に取り組みましたが、52件の不具合が発生したところで、アップグレード移行を諦め、検証をやめたとHさん。「1つひとつの問題で、解決策を探すのが大変すぎました。検証するにしても、問題が出たり出なかったりするので、移行してから切り分けをするのが現実的ではないと考えました」と振り返ります。

photophoto Hさんが挙げてくれたトラブルの一例

 再起動するだけで解決する問題が多かったものの、テキストエディタの起動時にカーソルがロード中のままで開けなくなる、PC自体がフリーズするといった問題は「強制シャットダウン、起動をしたあとに、シャットダウン、起動を何度か繰り返すことでだんだん直っていきました」とHさんは報告。その他、Chromeの64ビット版がクラッシュ、フリーズしてしまう問題は、64ビット版をアンインストールして32ビット版を入れたとか。

 一方で、Windows 7からのアップグレードではなく、クリーンインストールしたWindows 10はほぼ順調に動いており、Hさんも「Windows 10への移行で得られるメリットもある」と評価しています。そのため、今ではWindows 7とWindows 10のPCを別に配布することで、ゆっくりとWindows 10への移行を進めているそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ