ニュース
» 2017年09月21日 09時53分 公開

Alphabet傘下のNest、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」を499ドルで発売へ

Googleが2014年に買収し、現在Alphabet傘下にあるNestが、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」と屋外監視カメラ「Nest Cam IQ Outdoor」を11月に発売する。2018年にはカメラ付き呼び鈴「Nest Hello」も発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下のNestは9月20日(現地時間)、総合ホームセキュリティ製品「Nest Secure」、屋外用セキュリティカメラ「Nest Cam IQ Outdoor」、カメラ付きドアベル「Nest Hello」を発表した。いずれも北米と欧州で発売の予定だ。

 nest 1 Nest Secure

総合セキュリティシステム「Nest Secure」

 Nest Secureは、アラーム、キーパッド、モーションセンサーを搭載するシステムの頭脳に当たる「Nest Guard」、ドアや窓、壁に取り付けるセンサー「Nest Detect」、セキュリティシステムのオン/オフをリモートで行えるキーホルダー型端末「Nest Tag」、モバイルアプリ「Nest」で構成される。

 nest 2 Nest Seruceの構成

 Nest Guardの天面のキーパッドは、セキュリティシステムをオン/オフするパスコードを入力するためのもの。Nest Tagは家族や信頼できる人(犬の散歩を任せているペットシッターなど)がそれぞれ保有し、遠隔からもパスコード入力なしで操作する端末。Nest TagをNest Guardにかざすだけでもセキュリティをオン/オフできる。

 nest 3 ボタンを押せばサイレントモードになるNest Detect

 Nest Detectは、窓やドアにつければその開閉を、壁にとりつければ部屋の中の動きを検出する。ドアにつけた場合、表面のボタンをタップすれば通知なしに開閉できる(早朝の外出の場合などを想定している)。

 Nest Secureの予約受付は北米で既に開始されており、発売は11月の予定。価格はGuard×1、Detect×2、Tag×2のセットで499ドル(約5万6000円)。


屋外用セキュリティカメラ「Nest Cam IQ Outdoor」

 Nest Cam IQ Outdoorは6月に発表した「Nest Cam IQ」の屋外モデル。

 「IQ」が示すように、AI(人工知能)採用のインテリジェント機能がウリ。カメラに(犬や壁に映った影などではなく)人が写ると自動的にその人物にズームインして静止画を撮影し、ユーザーに画像付きのプッシュ通知を送る。

 基本スペックはIndoorモデルと同じだが、IP66防水、壁に取り付けられるようになっており、ヒンジは360度回転する。スピーカーとマイクを搭載し、例えば怪しい侵入者にNestアプリから警告できる。

 nest 4 Nest Cam IQ Outdoor

 Nest Cam IQ Outdoorも11月発売予定。価格は349ドル。2個パックは598ドル。

「Nest Cam IQ Indoor」に「Googleアシスタント」搭載

 室内モデルのNest Cam IQは「Nest Cam IQ Indoor」という名称になり、ソフトウェアアップデートでGoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」を搭載する。これにより、Nest Cam IQ Indoorを「Google Home」代わりに使えるようになる。

カメラとマイク付きドアベル「Nest Hello」

 「Nest Hello」は2018年初頭発売予定で価格などの詳細はまだ不明。玄関に取り付ける、呼び鈴ボタン付きのカメラだ。呼び鈴ボタンを押さなくても、カメラに映る範囲に動きがあればNestアプリで画像つきで通知を送る。

 nest 5 Nest Hello

 紹介動画では、不審者に外出先から声を掛けたり、宅配業者に「荷物はそこに置いておいて」と指示する様子が紹介されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ