ニュース
» 2017年10月20日 12時20分 公開

NASAのキュリオシティの視界をWebVR「Access Mars」で追体験──Chromeブラウザで可能に

Googleが、NASAの火星探索機「Curiosity」から送られてくる画像をWebVRで3D化した仮想の火星を探検するサイト「Access Mars」を公開した。Chromeブラウザで見られる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月19日(現地時間)、Chromeブラウザで3Dの火星探検を楽しめるWebサイト「Access Mars」を開設した。米航空宇宙局(NASA)の火星探索機「Curiosity」から送られてくる画像で構成したものだ。

 mars 1 Access Mars

 Access Marsは、NASAのジェット推進研究所(JPL)がCuriosityが火星に着陸した2012年から収集した画像データを「WebVR」を使って3Dモデル化したもの。

 Chromeブラウザは拡張機能などをインストールしなくても、そのままWebVRコンテンツを再生できる。「Google Cardboard」を使えばより没入感が増す。

 ページを開くとまずCuriosityを乗せたロケット発射のイントロがあり、その後Curiosityの着陸、JPLのケイティ・スタック・モーガン氏による歓迎メッセージと続く。興味のある場所をクリック(タップ)すると、その都度モーガン氏の声で説明が入る。

 mars 2

 Curiosityは現在も火星探索と画像送信を続けている。Access Marsは今後も新しい画像を追加していく計画だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -