ニュース
» 2017年11月01日 10時58分 公開

Google、「G Suite」のビデオ会議システム「Hangouts Meet」キットを1999ドルで発売

Googleが、「G Suite」ユーザー向けの新ビデオ会議ハードウェアキットを1999ドルで発売した。タッチスクリーン付きコントローラ、機械学習搭載4Kカメラ、スピーカーマイク、ASUS製Chromeboxで構成される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月31日(現地時間)、プロダクティビティスイート「G Suite」ユーザー向けのビデオ会議アプリ「Hangouts Meet」での会議専用ハードウェアキットを1999ドル(約23万円)で発売すると発表した。

 hangouts 1 「Hangouts Meet」ハードウェアキット

 同社は2014年に同じようなビデオ会議システム「Chromebox for meetings」を発表した。Hangouts Meetアプリはその後リリースされた会議システムで、一意のURLをクリック(タップ)するだけで参加できるというものだ。新キットは、Chromebox for meetingsをHangouts Meet向けに改良したもののようだ。

 新キットは、タッチスクリーン付きコントローラ、スピーカーマイク、AI搭載の4Kカメラ、台湾ASUS製Chromeboxで構成される。

 コントローラではGoogleカレンダーに追加されたビデオ会議に1タップで参加できる。会議中は参加者のミュートやカメラの制御も可能。「G Suite Enterprise」エディションユーザーであれば、ビデオ会議を録画し、Googleドライブに保存することも可能だ。

 hangout 2 タッチスクリーン付きコントローラ

 4Kカメラは視野角が120度で、機械学習機能により参加者を検出し、自動的に映像をトリミングしたりズームしたりする。

 Googleは同日、Hangouts Meetのアプリもアップデートした。参加可能者数が30人から50人に増え、ハードウェアキットがなくてもGoogleドライブにビデオ会議を直接録画できるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -