ニュース
» 2017年12月18日 11時54分 公開

BlackBerryのアプリストア、2019年12月31日に閉店へ

2016年からAndroidベースの端末を販売しているBlackBerryが、独自OS向けアプリストア「BlackBerry World」を2019年12月31日に閉鎖すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 カナダBlackBerryは12月14日(現地時間)、独自モバイルOS「BlackBerry 10」向けアプリストア「BlackBerry World」を2019年12月31日に閉鎖すると発表した。

 bb 1 「BlackBerry World」
 bb 2 「BlackBerry KeyOne」

 同社は2016年、ハードウェア開発から撤退し、ソフトウェア企業にシフトすると発表。その後発売した端末はすべてAndroidベースのものだ。

 最後の独自OS搭載端末を発売したのは2015年。独自OS向けサービスを段階的に終了していく計画で、2018年2月には「BlackBerry Travel」を、3月にはビデオチャット機能「Playbook」のサポートを終了する。

 同社は現行ユーザーに対し、Android OSベースの自社端末「BlackBerry KeyOne」あるいは「BlackBerry Motion」への“アップグレード”を勧めている。アップグレードサービスの詳細については追って説明するとしている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -