ニュース
» 2018年05月22日 14時00分 公開

りそな銀行がBIツール「MotionBoard Cloud」導入、Salesforceの営業データ活用へ

りそな銀行は、営業力強化に導入した「Salesforce」に蓄積した情報を活用するため、ウイングアーク1stの「MotionBoard Cloud」を採用。2018年6月に、営業担当者やマネジャー、本部のスタッフなど、2200人が利用を開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

 ウイングアーク1stは2018年5月21日、りそな銀行が、同社のクラウド型BIサービス「MotionBoard Cloud」を採用したと発表した。

 同行では、営業力強化に向けて「Salesforce」を導入し、顧客情報の一元化と営業活動の共有、活用に取り組んでいる。MotionBoard Cloudの導入により、Salesforceに蓄積した情報を基にしたデータの可視化や分析を行う計画だ。

 同行は、2017年11月にPOC(Proof of Concept:概念検証)を開始。営業担当者が必要な情報をすぐに確認して深掘りできる工夫や、表示の高速化、会議の報告資料として利用するためのフォーマットの統一化を行った。

 また、iPadでの活用を前提に、タブレットで操作しやすく、顧客情報や案件情報をスムーズに確認できるダッシュボードを構築したという。

 りそな銀行では、同製品の導入効果として、会議の資料作成や印刷にかかる時間の軽減に加え、ダッシュボードを共有することで、より深い議論が可能になる点を挙げている。

 2018年6月以降、同行では、営業担当者やマネジャー、本部のスタッフなど、計2200人が同製品を活用する予定。今後は、ダッシュボードへの新機能の導入や、新たな活用法の提案などを定期的に行っていく考えだ。

Photo 「MotionBoard」と「Salesforce」の連携画面例。SalesforceのデータはAPI連携でリアルタイムに参照できる(出典:Salesforce「MotionBoard Cloud」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -