ニュース
» 2018年06月06日 11時07分 公開

Facebook、ライブ動画にMusical.lyで人気の“口パク自撮り”機能「Lip Sync Live」

Facebookが、3大レーベルとのパートナーシップの下、「ライブ動画」にリップシンク動画(口パク動画)を投稿する機能を追加すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月5日(現地時間)、動画投稿での音楽利用について、2つの新機能を発表した。

 同社は3月、米Warner Music Group(WMG)との総合的なパートナーシップ締結を発表した際、世界3大レーベル(WMG、Universal Music Groupソニー)の楽曲をFacebook、Facebookメッセンジャー、Instagram、Oculusで使えるようになるとしていた。

 まず、動画のBGMとしてFacebookと提携する音楽レーベルの楽曲を無料で使えるようになる。このサービスは現在一部の地域でテスト中で、“間もなく”提供地域を拡大できるとしている。

 もう1つは、Musical.lyなどで人気の口パク動画機能、「Lip Sync Live」だ。口パク動画あるいはリップシンク動画とは、音楽に合わせてダンスや口パクする様子を自撮りするというもの。

 FacebookのLip Sync Liveは、「ライブ動画」の1機能として追加される。この機能が利用できるようになると、公式モバイルアプリのライブ動画開始画面でLip Sync Liveオプションが表示されるので、これをタップし、楽曲を選ぶ。マスクや背景をカスタマイズすることも可能だ。

 友達が見るライブ画面には楽曲名とアーティスト名を明示するスタンプが表示され、これをタップするとFacebook上でそのアーティストをフォローできる。

 lipsync Lip Sync Live

 Facebookは今後、様々な音楽関連サービスを提供していく計画という。例えば「Facebook Stories(日本では「ストーリー」)」にユーザーが好きな楽曲をBGMとして利用できるサービスのテストを開始するとしている。

Facebookさんの投稿 2018年6月5日(火)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -